May 29, 2011

西日本紀行

 久々に遠出して、雪組全ツ@四日市に参戦しつつ伊勢神宮に詣でつつ、その足でムラに回って宙組公演を観てきました。楽しかったー!
 初日ぶりの全ツだったけど、『黒い瞳』『ロック・オン!』は本当にツアー向きの作品だなあとあらためて実感。なんていうか、全国の人に「タカラヅカっていいでしょー!キレイでしょー!!素敵でしょー!!!」と胸を張って言いたくなりますよね(笑)。首都圏・梅田以外の地域で参加すること自体もすごく久々だったので、雰囲気の新鮮さも含めて堪能しました。客席降りでうわあああーー!ってなる感じとか、ご当地出身のひーこちゃんが紹介されたときの盛り上がりとか。

 舞台そのものも、初日に比べてすごく良くなっていて!
 キムみみまっつがそれぞれに厚みを増して芝居の骨格がよりしっかりしたのはもちろん、下級生の成長ぶりもめざましかったです。初日はまだまだデコボコ(決してビジュアル的な意味ではなく)していたトリオの呼吸が馴染んで、ほんとうに「三位一体」という感じでひとつの空気を作りだしていたり。バラバラだったコサックダンスが揃って、うわあみんなコサック筋鍛えられてる…!と驚いたり。ハウルが謎のキャラ盛りをしてきてたり(笑)
 かおりエカテリーナがますます素晴らしくなり、コマシヴァーブリンが男らしくカッコよくなり(初日付近はやっぱり女役の片鱗が残ってたんだなーと思う笑)、これだけ同期が活躍してたら客席のチギタさんもうれしいだろうなあ。と勝手にほっこりしました。かおりミミの場面は号泣してしまったよ…ぐすぐす。コマつんは、超やさぐれてるのにマーシャを見る眼差しがナイーヴすぎてキュンとした!

 キムまつ、キムミミのコンビは、それぞれが単体でステキなのはもちろんのこと、コンビの相乗効果という意味でも公演を通してどんどん良くなっていったと思います。ニコライとマーシャの場面は本当に文句なく夢をみられる「ヒーローとヒロイン」だったし、ニコライとプガチョフの空気感も大好きでした。この3人でこの作品を観ることができて本当に本当によかった。幸せだった。
 最初に登場するところのプガチョフ(『メトロに乗って』のアムールみたいだなあ、と初見時からほれぼれ)と、縄で縛られて引きずられていくプガチョフ(あんなにガチでずるずる引きずられていく人みたことない!)がすごく好きでした。と告白してみる(笑)

 唯一残念だったのは、宴会場面でのまっつのオラオラな掛け声がほとんどなくなっていたことです。え、なんで?プガチョフっぽくないから?花組すぎるから?すごくツボだったのに!(笑)


 ショーも楽しかったー!初日で流れは分かっていたので、ポカーンとなるところも含めて(笑)ニヤニヤしながら楽しめました。客席にいた雪組のみんなが、あのホモ祭りと唐突な「KEI OTOZUKI LATIN LIVE!!」をどう受け止めたのか気になって仕方ない(笑)
 とりあえず、あれだけ芝居で素晴らしいコンビネーションを見せていたのにホモ祭りになると相変わらずぜんぜん噛み合ってないキムまつ、が楽しくて仕方ないです。でもリフトはすごくきれいに決まってる、という。おもしろいなー。
 ラテンライヴでは、あの重そうなスパン衣装と羽根に負けず髪を振り乱してノリノリするコマつんのカッコかわいさにやられっぱなしでした…今回の全ツはわりとコマつん祭りだったかも、私の中で(笑)。中詰め後のラテンも大好きだったし。あの場面は杏奈先輩&ヒメ様の美女っぷりも素晴らしすぎた!アクセサリーと髪飾りのセンスが神!
 ピアノの場面の咲ちゃんも似合っててよかった。彼女のダンスのニュアンスがすごく好きです。やっぱり華やかだなあと思う。

 ショーでも下級生の成長スピードにびっくりしました。のあちゃんとか、初日では「こんな目立つ場面はじめてですすみません」って感じで完全に杏奈先輩に貫禄負けしてたのに!めっちゃ堂々としてかわいくなってる!レオくんも、咲ちゃんとシンメのところとかすごく立派になってる!
 だからこそ、客席のチギンスキーメンバーのことを思うと若干複雑な気持ちになってしまったりもしたのですが。あんだけモブばっかで見せ場なしってやっぱりヒドイよね…不可抗力とはいえ、振り分けでここまで仕事量に差をつけられちゃったらどうしても理不尽に思えちゃうよね…少なくとも私は「全ツ組うらやましい><」と思ってしまった(ジェンヌでもないのに)。あらためて、バウは若手が活躍できる場であってほしいものです。

 中詰めのワンモアタイムは、ミズ先輩へ。
 「本日は客席に水夏希さんがいらっしゃるので…」
 みたいなキムラさんの振りに、ちょっと「え?」と戸惑われるミズさん。
 「ワンモアタイム、お願いしますっ!」
 下級生らしく90度のお辞儀をしたキムラさんに応え、
 「じゃあみんなで…いくよー!」
 と客席のそこここに固まったチギンスキー組に声をかけて(「はーい」と手を挙げてお返事する雪組子たちがかわいかった)、ミズみなと雪組生みんなで
 「ワン・モア・ターイム!」
 と。
 自分ひとりじゃなくてちゃんとみんなに号令をかけてみんなでワンモアタイムをやるところが、もうあまりにも先輩らしくてキュンキュンしました。さすがです先輩。千秋楽での「先生はうれしいっ!」が脳裏に甦って、さらにキュン。

 そのあとLATIN LIVEが入ったりしてけっこう混沌とするので忘れていたのですが(笑)、千価律の黒燕尾はやっぱりグッと来た…。
 ミズ先輩たら千秋楽の日にキムラさんにゼロ番譲ってキムラさんを戸惑わせたんだよなあとか、そのキムラさんが今や正真正銘のゼロ番にいるんだなあとか、いろいろ感慨深いものがあって。
 何より、退団される日に「キムの新生雪組を皆さんと一緒に客席から応援します」とおっしゃっていた先輩が本当にそれを有言実行されている!というのがすごくうれしくて涙が出そうでした。というか泣いた。あの場にいることができて本当によかったです。

 ****

 翌日の宙組三成は、終始「えっ…」て感じで生ぬるく眺めていたものの(笑)
 宙組公演としては久々に、本当久々に(!)トップコンビ、特にヒロインに共感できた!というだけで個人的にとても満足です。三成も茶々もすごく好き!噂どおりビジュアルも素晴らしいし。
 逆にいえばトップコンビ以外は描き込みが浅すぎて、七本槍の十把一絡げ(七把一絡げ?)感とかは本当に目を覆うばかりなのですが。個々のキャラが一切描かれてなくてまとめてコメディって、どこの下級生だYO!と思うのですが。
 かなめ姫のキャラも謎すぎて…。登場時のストーカーぶりといい、唐突なお色気担当ぶりといい、いろいろポカーンとなりました。かっこよかったんだけど…。

 ショーは1度では咀嚼しきれてない感もあるけど、みんなにそれぞれ見せ場があったし退団者のみんなにも見せ場があったし、すずエビも見られたし、何より大階段の男役群舞があまりにカッコよすぎたので無問題です。ほんっとにカッコよかったーーー!!!曲も振りも激しく好み。
 あと、ほぼ全ての場面においてすみ花がマイベストビジュアルでした。衣装も好きだし(特に中詰めの、腕にストーンが散ってるみたいな衣装が好き)、髪型もキレイだったし体型もキレイになったと思う!背中が、いつのまにか鍛え上げられた「娘役の背中」になってた。すばらしい。
 ビジュアルといえば、テル大ちーに絡むうららちゃんが美女すぎて震えました。そのシンメ位置にいるタラ様が、あれだけ美人なのにもかかわらず銀橋でものすごい顔芸を炸裂させてて別の意味で震えた(笑)。どこへ行くのタラ様…!!

 そんなこんなで、たのしい週末でした(と書いてるうちに早くも次の週末ですが)
 雪組さん千秋楽おめでとうございます!宙組さんはまた東京で!
posted by 白木蓮 at 14:04 | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

August 25, 2008

ただいま

 朝から晩まで博多を味わって、お腹いっぱいで帰ってきました。
 特に何をしてたわけでもなくひたすらウロウロしてたんですが、楽しかったー!!

 ラーメンも思う存分食べたし。
 ホテルの朝食以外はほぼ毎食ラーメンだったと言っても間違いではない(野菜も食べましょう)
 東京でも食べれるけどやっぱり一蘭の味は好きだなあ。システム的に女子が入りやすいのもいいよね。
 他にもキャナルシティのラースタやら中洲の屋台やら、いろんなとんこつを満喫。満足。
 屋台は他のメニューもおいしかった。牛ロースしそ巻き、とか。

 ついでに博多座で売ってる人気のドーナツを初めて食す(ハイカロリーな旅だな)
 おいしい…!!!!
 ドーナツの人気というのはあまり信用していなく、ドーナツプ○ントとかクリス○ーク○ームドーナツとか、そんな並んで買うほどか?と思ってたけど、ケンジーズドーナツは本当にうまかった。シャッポを脱いだね(死語)
 こう、理屈抜きで舌のノスタルジーに訴えかけてくる感じというか…。
 祖母宅の近所のおばちゃんがよく作って持ってきてくれた、揚げたてのサーターアンダギーを思いだしました。そういう味。

 前回はゆっくり行けなかった天神や大名も歩いて回れたし、櫛田神社のとなみちゃんもありがたく拝んだし(神社に飾られている山笠にとなぽん似の人形がいるというaiaiさん情報)(ありがとうございました!)、以前行ってまた来たいと思っていた文房具屋さんにも行けたし、よい旅でした。
 空も快晴で、しかも真夏のように暑くはなく、川を渡ってくる風が気持ちよくて最高のお天気。
 川の流れる街っていいな。

 肝心の公演の話はまた項を改めて。
 とりあえず、おやすみなさーい。
posted by 白木蓮 at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

August 24, 2008

博多ナイト

 博多座ミーマイの前楽と楽を観て、ホテルでまったりしております。
 元から楽を観るつもりだった、というよりはたまたま今日しか合う日程がなくてこうなったのですが、いやー、良かった!!!
 千秋楽に立ち会えて幸せでした。
 きりやんビルはあったかくてカッコ良くて魅力的で、しずくたんは健気で可愛くて、マギーはぶっ飛んでて、そのか&京さんが超チャーミングで、みりおくんがありえないほどプリティかつハンサムで、まさきくんはイイ感じにアクが強くて、ルイスンが男前で。
 私のなかで一気にMYベストミーマイに躍り出たくらい、超素敵なカンパニーだった。
 ミーマイってあれぐらいの人数がちょうどいいのかもしれません。
 楽しかった!ホント来て良かった!!

 打ち合わせたわけでもないのに、けっこう何人ものお友達(もちろん皆さん東京在住)にバッタリお会いしました。
 タカラヅカってすげーな、と今さら(笑)

 すでにラーメンやら屋台やらを満喫しつつありますが、あしたも1日観光です。
 どこ行こっかなー☆
posted by 白木蓮 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

June 19, 2008

全国ツアーのススメ

 4年連続で全国ツアー参加、の業績を誇るミズ先輩と雪組に合わせ、気づけば私も日本各地へお邪魔しております。
 参加してみると、やっぱりヅカファン率の高い大阪や首都圏よりも、タカラヅカに馴染みの薄そうな土地のほうが100倍楽しい!!!
 思わぬタイミングで入る手拍子とか、客席降りでのものすごい歓声とか、大羽根へのどよめきとか…
 これぞ全ツの醍醐味。
 それで観光もできちゃったりしたら言うことない。

 というわけで、今後の自分のために
 ここ数年で学んだ全ツの極意を軽くメモ。
 実はこれ、去年の星影ジョイホー全ツのときに書こうと思ってた記事なんですが(笑)
 タイミング逃しまくったので、今ごろ書いてみる。


〜前準備〜

■行き先を決める
 まずはどこに行くかを決める(当然)
 日程やアクセス、行きたい場所または食べたい物など、これは人によって様々だと思いますが
 自分の好きな生徒さんの出身地だったりするとやっぱり楽しいですよねー。
 特に主演メンバーのご当地は盛り上がるのでオススメ☆

■チケットを取る
 梅芸や市川など劇団主催のところは比較的取りやすいけど、各地の劇場主催公演だと、案外チケットが出回らなかったりします。
 特に今回のベルばらはかなり主催者側に押さえられてて、一般ファンには流通しにくかった印象。
 さすがベルばら。腐ってもベルばら。
 なので、行く場所が決まったら早めにアプローチするのが良いでしょう。友会入力の時期もめちゃ早いので注意。

■アクセスを調べる
 劇場のサイトに行って、最寄り駅とそこからの行き方をよく調べておく。
 自宅から駅までの行き方はもちろん、もっと大事なのは駅から劇場まで!
 けっこうターミナル駅から離れてる劇場が多いです。
 徒歩15分ぐらいかかったり、地下鉄やバスを使わないと行けなかったり、ヘタするとタクシー以外に手段がなかったり。
 特にバスは乗り慣れない者にはなかなか難しいので、どの路線に乗るべきか、どこで降りるべきか、どのくらいの頻度で運行しているか…などをマメに調べておくほうがいいかも。
 私はものすごく大ざっぱな人間で、普段どこか行くのに下調べをすることはめったにないんですが、全ツの劇場へのアクセスだけは「会社への行き方を調べる就活生」ぐらいの勢いでリサーチかけてます(情熱の使い道をまちがってるよ)
 

〜当日〜

■余裕をもって出発
 何はなくともコレ重要!
 余裕をもって出発!!(私がもっとも苦手とする行為)(超ギリギリ人間)
 電車が遅れるとか乗り間違えるとかそういうことは少ないにしても、上に書いたようなバスやタクシーの現地移動で時間のロスが生じることは十分ありえます。
 知らない場所には早めに着いて、行く前にのんびり観光できるぐらいのほうがいい。うん。

■ターミナル駅に到着
 全国ツアー、特に平日は14時開演のことが多いので、午前中に用事を済ませて飛んでいく…という場合でないかぎりは早めに着ける。はず。
 というわけで、着いたらそのへんをフラフラしましょう。もちろんバス乗り場などをさりげなくチェックすることも忘れず。
 はじめての土地だと、この最初のフラフラが楽しいんですよね〜。
 おいしい物を食べたり、つい余計な物を買っちゃったり。

■弁当っぽいものを買っておく
 全ツの公演が行われる劇場は、たいてい売店があまり充実してません。
 あってもせいぜいスナック菓子とペットボトルのお茶くらい。
 さらに、劇場周辺にコンビニなどのない場所も多い。
 さらにさらに、特に東宝組の人にとっては慣れないことに、昼公演と夜公演の間が非常に短い(大劇場公演と同じインターバル)
 ダブルヘッダーの場合、うっかりすると昼公演の前から夜公演の後までロクなものを食べられない…という事態もありえます。いやマジで。
 なので、劇場周辺に行く前に、どこかで食べ物を調達しておくことが必要!
 コンビニおにぎりでもお弁当でも何でも良し。
 とにかく鞄のなかに食べ物がある、という安心感は大変心強いです。よ。

■余裕をもって劇場へ
 ターミナル駅周辺を散策したら、いよいよ劇場へ。
 ここでも余裕をもって行動するべし。
 バスは時間通りに来るとはかぎらないし、いざとなったらタクシーがあるわ♪と思っていても、開演前の時間だとタクシーが捕まらないこともある。
 チケットを渡そうと思っていた相手が、それで足止め食らって来れなかったことがあるので(笑)ご注意あれ。

■帰りの足を確保しておく
 さて、劇場に着いたら、また帰らなくてはいけないわけで。
 バスで来た人は、まず帰りのバスの時刻をチェック!
 けっこう終バス近い時間だったりすることもあるので、覚えておいて乗り遅れないように気をつけましょう。
 新幹線や飛行機の時間がある人はなおのこと。
 タクシーの場合、郊外の大きな劇場で公演があると、たいてい終演の時間には客待ちのタクシーがいっぱいいるのであまり心配することはないかも。
 それでも心配な人は、あらかじめ現地のタクシー会社に電話して車を呼んでおくのもアリです。
 ただ、待っていてもらう場所をちゃんと把握してないと余計混乱するので気をつけて。

■トイレ行っとく
 早めに劇場に着いたところで、行っておくべきはトイレ。
 幕間は混んでて行けないかもしれないし、最初にトイレの場所を把握しておけば、幕間にも一直線にダッシュできる(笑)

■開演
 さあ、あとは楽しむだけ!
 地元の皆さんと一緒に盛り上がりましょう〜☆


 以上。
 それでは皆さま、ボン・ボヤージュ!!
posted by 白木蓮 at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

May 25, 2008

運動量はゼロに近い

 無事東京に戻りました〜イヒヒ。

 新幹線に劇場にファミレスに劇場に電車に劇場、と、2日間ほとんど座ってばかりいたのでお尻にタコができそうです。
 そうしてそれにも関わらず超ぐったりです。眠い…。

 突っ込みどころ満載の『愛と死のアラビア』と激しすぎるリズムの『Red Hot Sea』と、心にズッシリ来る『凍てついた明日』とを交互に観て、しかもどれも初見だったので、なんかもうものすごいエネルギー消耗した。
 帰りの新幹線でも、寝ればいいのに本読んじゃったし(アホだ)

 とりあえず寝て、働いて、帰ってきたらまたちょこちょこ書きたいと思います。
 コメントのお返事などもうちょっとお待ちください〜。すみません。

 目玉溶けそう。おやすみなさい。
posted by 白木蓮 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

May 16, 2008

梅田へまっしぐら

 長かった仕事を終え、1杯ひっかけ(笑)、無事に夜行バス車中です。
 ものすごく眠いはずなのに寒くて眠れん。青春ドリームは寒いということを、いつでも忘れて軽装で来てしまう私(やはり学習能力に難が…)
 観劇で寝てしまわないよう充分気をつけます。ま、さすがに寝ないとは思うが。

 何日も前から意気込んでたわりには、オペラを家に忘れてきたりチケットも昼公演のしか持ってなかったり(そして雪のサバキ運は死ぬほど悪い…)するのですが、まあいい。
 久しぶりの雪組を楽しんできます!!じゃ!!(寒さに震えつつ敬礼)
posted by 白木蓮 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 12, 2007

津軽のおもひで

 数ヶ月前に携帯を新しくしたら、ほとんどの機能は使い勝手が良くなったのですがカメラだけはどうにもこうにも画質が落ちてしまい…
 最近ほとんど写メを撮っておりません(モブログがひっそり消えているのもそのせいざんす)

 というわけで青森でも全然写真を撮らなかったのですが、1枚だけ撮ったものをアップ。

071010_084154.JPG

…唯一の写真が食べ物かよ!(笑)


 なんかこれも暗くなっちゃっておいしそうに撮れなかったんですけど、朝の市場で食べた三色丼です。
 捕れたてのウニとホタテが本当とろけるように甘くて、イクラがピチピチで…!!!
 いやーーーー、超美味でした。
 日本の海ばんざい(・∀・)ノ

 ミズ先輩は北海道で待望の海鮮丼を召し上がったのでしょうか(笑)
 海の幸とかスイーツとか、いろいろ食べれてるといいよね。

 1ヶ月の全ツも明日で終わり。
 みんな千秋楽を思いきり楽しんで、そして元気に帰ってきてください!
 待ってるよーーー。


 そして
 幕間に仲良くなった地元のステキなお姉さんと、いつの日か宝塚大劇場で再会できますように(-人-)
posted by 白木蓮 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 16, 2007

ほぼ勢いで

 着いたぜ大阪!!

 はい、本日9月16日は梅田にいます。
 自分の**歳の誕生日を大好きな雪組と共に過ごせる幸せを噛みしめつつ、全ツの幕開け(2日目だけど)をお祝いしてきたいと思います。

 直前まで来るかどうか迷ってたので、「梅田でお会いできれば」と言ってくださった方にご連絡しないまま来てしまいましたすみません。
 メールフォームからメール戴ければ読めるので、もしよろしければ使ってやってくださいませ。

 では!

 ****

 日付が変わったころに追記。

 ダブルヘッダーして東京に戻りました。
 久しぶりに雪組パワーをチャージできて幸せです。
 やっぱショーっていいよなあ。
 雪組楽しいなあ。
 
 詳しい感想はまた明日にでも。
posted by 白木蓮 at 07:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

July 20, 2007

ただいまー

 あさきゆめみしとバレンシア観てきたYO!!(唐突)

 …いやあ、その、
 なんつうか。
 いろいろ大変なことになってました。どっちも。はい。

 バレンシアを観たあとで「こりゃひでー」と思ったのですが、あさきを観たら「楽しいショーがくっついてる分バレンシアのほうが良かった…」と思ってしまった、というのが正直なアレです。
 リピートすればまた楽しいのかもな、と思いつつ、あさき2回観る予定を1回に減らして帰ってきてしまった(そこまで!?!?)
 オサアヤマトヴ好きの俺にそこまでさせるとは…
 草野っち恐るべし(゜Д゜;)

 バレンシアにしろあさきにしろ、話が面白くないのはまあ仕方ないとして(期待値低)
 少なくとも1回観たかぎりでは「笑いのツボ」を見つけられなかったのが痛いなー。
 いや、北翔氏と壮氏は随所で私に癒しをくれたし、あさきフィナーレはいろんな意味で超面白かったんですが…。
 なんつうか話自体に、「頑張りすぎちゃったアホっぽさ」がないんだよなー。
 マインドトラベラーとか黒蜥蜴とかA/Lとかは、「これ面白いっしょ!?斬新っしょ!?これを書いた俺って超イケてるよね!!」みたいな、作者たちの間違った力みっぷりが結構私のツボに入って楽しかったんですけど、そういう変なバイタリティすらも感じられないというか。
 ただもう、淡々とつまらないの。
 こりゃキツイわ。
 1日のうちに続けて観てしまったせいか衝撃が大きく、ちょっと珍しいほどグッタリしました_| ̄|○

 あ、個々の出演者はみんな頑張っててそれぞれ良かったんですよ!
 タニウメはキラキラだったし。
 オサ様はカリスマだったし。
 あやねたんが予想以上に良かったし。
 まとぶさんが美しすぎてどうしようかと思ったし。
 らんとむにマジ惚れしたし(何度目だ)
 宙組観た直後なんて、私「らんとむ」ていう言葉しか発してなかったような気がする…。

 というわけで、明日以降にぼちぼち感想書くかもです。
 ちなみに今回の遠征でいちばん印象に残ったのは、

1. ホテルで見たCSタカラヅカニュースの「樹里のナントカ5」(適当)で、じゅりオサえりが面白すぎたこと

2. 梅芸の出待ちをしたら、えりたんが白無地の丸首シャツで出てきたこと

 の2点です。
 楽しい旅の思い出をありがとう壮くん!!(いい笑顔)
posted by 白木蓮 at 23:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

February 09, 2007

行ってきてみた

 どうもご無沙汰してます。
 うっかり雪ハロダン&花初日に行ってみちゃったりしちゃってました(うっかりしすぎな上に日本語がおかしい)
 タダイマ!!

 詳しい感想はまたおいおいアップしますが
 とりあえず、我らが壮一帆氏がだいぶ面白い感じで花組デビューを遂げていたので大満足です(・∀・)ノ
 まずはめでたい。
 いや、その、花組ファンの皆様にアピールする第一発目として、あのパフォーマンスは正しいのかどうか相当気になるけど。
 しかもプログラムの稽古場写真がすべてインナー白無地丸首シャツで、もうジーザス!!って感じで天を仰いだけど。
 まあ面白かったから無問題(私的に)
 どこに行っても壮くんは壮くんでした。ラブ。
 あ、稽古場写真は各自キャトルでチェックするように。
 上着もボトムも替わってるのにインナー全部一緒です(遠い目)

 今回は久々にホテルも宝塚で(いつも梅田)、ムラにどっぷり漬かれた感じで楽しかったです。朝ゆっくりできるのがいいよね。
 オペラグラス忘れたり洗顔を忘れたり、ボディシャンプーで髪を洗ってしまったりしましたが、楽しい遠征でした☆
 ではまた!!
posted by 白木蓮 at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 31, 2006

遠征トピックス

 いろんな経緯でここに飛んでらした方がいらっしゃると思うのですが、こちらには大楽およびサヨナラパレードの報告はございません、ので、ごめんなさい。
 どうぞ悪しからず…。
 ENAKさんが早速レポ上げてくれてますよー。
 さあ行ってらっしゃいな(何キャラ?)
 公式のハチマキ朝海さん(入りの写真)もカワユスです。

 私は入りを見て友達ブロガーさんたちとおしゃべりして、最後の公演が始まるころに宝塚を後にしました。
 なのでここに書くようなネタは別にないんですが
 私にとっては大事な遠征だったので、個人的な思い出メモなど。
 脈絡ないです。


■寝坊して飛行機に乗り遅れそうになり、電車を途中で降りてタクシー乗車。
 自分のアホのおかげで余分なお金がかかっちゃったけど、運転手さんがギュンギュン(らんとむ☆)(違うよ)飛ばしてくれたおかげで無事到着!!
 しかも高速代とか色々サービスしてもらってハッピーでした。
 運転手さんありがとう〜!!

■劇場では、あき姉さんつながりで知り合いになった方々と再会したり、初対面の方とお会いしたり。
 ミズファンの皆さんは明るくて気さくで元気な方が多い!!
 私が存じ上げているミズメイツさんは、皆さま例外なくパワフルです。楽しかった〜☆

■前楽の芝居のとき、前に座っている人の座高がめちゃめちゃ高くてものすごい見づらくて、どうがんばっても一部分盛大に見切れちゃってたのね。
 それで幕間にこっそり文句たれたりしてたんですが、ショーになったら視界がよくなってたの!!!
 どうも休憩のあいだに、隣のご友人と席を替わられた模様。
 何でかわからないけどラッキー☆
 おかげでタランテラとサヨナラショーは気分良く堪能させていただきました。

■サヨナラショーのペンライトは、ピカピカピカピカとめまぐるしく七色に光ってすごくキレイでした。顔の近くで振ってるとちょっと目がチカチカしたけど。
こんな感じ↓

たまたまこんな色に写ったよ

 柄の部分には「Hikaru Asami」の文字と、公演タイトルが印刷されてます。

■ホテルに帰る途中、maさんとごはん食べながらサヨナラショーの答え合わせ。
 でも二人とも忘れまくりでサッパリでした(・∀・)ノ
 アルバトロスの時もこんな感じでしたねー我々(笑)

■ホテルのスカステで『フェット・アンペリアル』を見る。
 やっぱりしいウメ最高。しいちぐ最高。
 しいちゃんの笑顔に、ほっこり幸せ気分をもらいました(´∀`*)

■そのあとの『追憶のバルセロナ』もちょっとだけ見る。
 コムロベルトがツンデレでカッコ可愛い〜〜〜!!!
 いま見てもものすごいときめくわ。

■入り待ちで私の近くにいた人が周りに誤情報を延々流してて、訂正するわけにもいかず困った。
 アミたんを見て「まーちゃんですよ!」とか(笑)
 マコさんを見て「あれが愛さん!!」とか(笑)
 本物のりらたんを見てやっと誤解が解けた様子…よかった…。
 でも、私のいたあたりはわりと雰囲気なごやかだったと思います。それほど押されることもなかったし。

■しいちぐメイツのジュンタさんとやっとお会いできた!!
 挙動不審ですみません!!
 フルールでおしゃべりできて嬉しかったです☆

■緑野さんと会話してて気づいたこと。
 私「あれ、壮くんて次の花組出ますよね?…てことは…オギーショー2連チャン!?」
 緑野さん「あ、そうだ!いや、ミュージックサロン入れたら3連チャンだよ!!」
 私「うわああーーーーーーーーー!!!!!」(激しすぎる反応)
 緑野さん「ひょっとして壮くん…オギー役者…??」
 ………!!!!
 (爆笑する私たち)
 (壮くんごめんなさい)
 (でも毎回ショーの壮くんに泣かされてます)

■宝塚を出たあと、飛行機が出るまで相当時間あったので神戸をフラフラしました。
元町で買ったペンダント↓

タランテラ!

 …うわーきもーい!!(笑)
 でも東宝行くときにつけていきます☆(というか他につける機会がない)

■帰りの飛行機は爆睡。
 離陸する前に寝て、気づいたら着陸してた。
 帰ってきた実感がまったくなし。

■帰宅してから弟と会話してて、何の話だか忘れたけど私が
 「関係ないじゃん!」と言ったら
 「ノー・リレイション!?」と直訳で返された。
 …ハマコせしるオヅキくらまチームの一員ですか?(笑)


 長いような短いような
 重いような軽いような
 時間の流れがあいまいで不確かで、それでいてとても濃くて鮮やかで、忘れられない二日間でした。

 みんなみんなお疲れさま。
posted by 白木蓮 at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

August 04, 2006

ここではない、どこかへ

 帰ってきました。
 大阪よりは涼しいな(笑)

 新幹線のなかでも東京駅からの帰り道も、そして家に着いた今も、
 ずっと「アルバトロスのテーマ」が頭の中で鳴っています。
 アルバトロスを観たあとって、いつも他の音楽を聴けなくなる。
 脳内麻薬。

 ****

 ふだん遠征すると2日で4回とか3日で5回とかガツガツ観劇してしまうのですが、今回は公演が重すぎてダブルヘッダー無理なので1日1回。計2回。
 いつになく余裕のあるスケジュールで、ホテルステイを存分に堪能しました。
 もちろんスカステもフル稼働。
 『スカウト』たまらんかった…らんとむイティカ…!!!!
 もうらんとむがカッコ良すぎてどうしよう(真顔)
 そして寝入りばなに『殉情』はあまりにもヘヴィでした。全部見たけど。
 研5で「キスしたい」の台詞がキマる音月くんって恐ろしい。
 と、当時も思いましたが今見てもあらためて思う。この若さでこの完成度。何なんだキミは。
 しかしいちばん印象的だったのは、タカラヅカニュースのアルバトロスインタビューで、朝海さんの魅力は?と訊かれて
 「セッッ…(この間が長い)…クシーなところとぉ〜」
 とか無防備に答えるハマコさんと、それを聞いて中学生男子のごとく反応しまくるキムと、キムに抱きついてみたりキムの頭をはたいてみたり次から次へと激しいリアクションを展開するコム姫。です。
 み、未来さん!!
 小さい「ツ」を強調しすぎですから!!それすみれコードぎりぎりですから!!!(゜Д゜;)
 しかも自分の発言が波紋を呼んだことに気づいてないし(笑)
 放送してくれてありがとうTCA☆

 いまウチの両親が旅行中で、弟の面倒をみるはずだった私も二晩家を空けてしまったので、帰ったら家族サービス(主な内容:アイスクリーム代の支給)しなきゃ!!!と急いで家のドアを開けたところ
 …無人でした(・∀・)ノ
 あれ????
 とりあえず家のなかが混乱した様相を呈しているので、適当に片付けつつ郵便物の整理をしつつ風呂に入ってみる。
 それにしてもヤツらはどこに行ったんだろう(携帯で安否確認)(それを最初にやれ)

 あ。
 檀ちゃんお誕生日おめでとうーーーー!!!
 (ギリギリ)(で間に合ってない)(記事の日付を4日にするから許して!)

 ところで遠征中のモブログ、投稿時間も投稿の順番もとんでもないことになってますね。写真ないのとかあるし。意味わからん。もうイヤーーー。
 ではまた明日!!
 おやすみなさい。
posted by 白木蓮 at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

March 28, 2006

GO WEST

 た・だ・い・ま!!!


 無事東京に帰ってまいりました。
 あ〜〜楽しかった〜〜。
 たしか出発前の日記に「今回はあんまり観劇しないでまったりする」とか書いた気がするんですが、終わってみれば

 26日 昼スカウト・夜ネバセイ
 27日 アパルトマン
 28日 昼スカウト・夜アパルトマン

 …思いっきりガツガツ観てますが何か。

 でも観劇とデート以外は、本当にずっとホテルでスカステ観ながらぐだぐだしてました。
 夕食も、外で買ってきて部屋で食べてぐだぐだぐだぐだ。
 結局観光とか全然せず。もちろん入り出待ちもせず。
 イタリアでわかったけど、朝から晩まで動き回るというアクティブな旅行はあんまり向いてないみたいです。今回は滞在時間の7割ぐらいをホテルで過ごせたのでちょうどよかった!うんうん(機動力老人レベル)

 ホテルも、立地よし居心地よしコスパよしで大変満足でした。しかもスカステ完備。あ、テレビの画像はいまいちだけど。
 ちなみに大阪新阪急ホテルアネックスです。ここのレディースフロアは安心だし清潔だしベッド広いし、アメニティも充実してておすすめです。
 って、こんなところでまで阪○に貢献してどうすんだ。

 まあそんなわけで遠征記録を書く必要もない感じなので詳細は省かせていただきますが
 現地でお世話になった皆さま、本当にありがとうございました!!
 今回はブロガーさんではなくてROM専さんにお会いする機会が多く、ブログからキャラを予想することもできないしなぁ…と内心ドキドキしていたのですが、皆さま本当にいい方ばかりで幸せでした。ありがとうございました。
 また機会があったらぜひよろしくお願いいたします。

 そして乃々ちゃん、2分間だけの短い逢瀬でしたが来てくれてありがとう(笑)
 一瞬お会いしてしまうと、まったく会えないよりもかえって恋しさがつのりますね!!(恋人かよ)

 さすがにちょっと疲れたので、モブログの位置とかはまた明日直します。
 それではー。
posted by 白木蓮 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 24, 2005

お伊勢参り

 ただいま〜〜☆
 行ってきました三重!!
 あーもう、何から何まですごく楽しかったです。
 観劇も観光もガッツリ堪能してきました。三重最高。
 とりあえずは恒例の(そうか?)遠征記録からドウゾ!!

 ****

【1日目】
 朝8時すぎに家を出て、名古屋経由で津へ。
 東京駅でけっこうノンビリしていたにもかかわらず正午には到着。早いよー。
 ちなみに新幹線と近鉄特急の中で読んでいた本はコチラ。

全573ページ

 
(注:単行本です)


 日本一効率の悪い女と呼んでください(笑顔)
 だってちょうど出発前夜に読み始めちゃったんだもん…。
 荷物の重量の半分はコレが占めていたに違いない。ま、おかげで往きの道中は退屈せずにすんだからいいんだけども。
 車中エンタメは私的に旅行の最重要事項なのです。

 津に無事着き、maさん乃々ちゃんにメールしようかな〜と携帯片手にフラフラ歩いていると、改札を出たところでちょうどお二人に遭遇(マジで)
 ドラマのごとく絶妙なタイミングでした。
 で、開演まで時間があるので3人でごはんを食べることに。
 駅前でうなぎを食べたんですが、すっごいおいしかった!!皮がパリッとしてて身はホロホロ溶けるような柔らかさで、絶品でした。幸せ〜。

 そこから会場までは徒歩20分くらい。
 一本道なんだけど、まわりに何もないのでものすごく不安になる(笑)
 アクセスとか全く予習してなかった俺、乃々ちゃんにひっついて行って無事到着。いいトシして人様に甘えるのはやめましょう。

 三重県文化会館(だっけ?)は、のどかな風景のどまんなかに突如UFOが降りてきたかのような、ものすごく立派できれいな建物でした。
 劇場も全ツ最大級。オーチャードホールのような縦長のハコで、まあデカすぎるといえばデカすぎるんですが、ハードはなかなか充実しててよかったんじゃないかと。
 オペラグラス貸出しが無料(保証金もたったの1000円!)だったり、女性用トイレの数がめちゃくちゃ多いのもうれしい。ぜひとも有効利用してほしい劇場です。

 幕間に、kineさんとお会いする。一緒にいらしたお友達が美人さんでホクホク。
 maさんと乃々ちゃんはマチネでお別れだったのですが、kineさんはソワレも当日券で観劇されたので、夜までご一緒させていただきました。
 良かった、ひとりじゃ駅に帰れなくなるところだった(切実)(方向音痴)

 昼→夜と雪組を満喫し、kineさんとは津駅でお別れ。
 そこから伊勢に行ってホテルへ。値段の割に快適だったけど、やっぱりチョトさみしくなってコムコムパンフを抱いて寝る(怖)
 というのは嘘ですが(シャレにならないのでやめてください)、「理由」読み終わったら怖くなってきて、友人知人にメールしまくってから寝ました。えへ(もう黙れ)


【2日目】
 根性で5時半起床。
 WEB拍手で「伊勢神宮は早朝がいい」というアドバイスをいただいたので、よーし!と暗いうちに起きてホテルを出る。

 ホテルが外宮に近かったので外宮から行ったのですが(順番的にも外宮→内宮、が正しいらしい)、夜明けの外宮は素晴らしかったです。
 澄みきった清冽な空気といい、朝焼けの空といい、見事な紅葉といい、檜の香りといい、もう本当に心が洗われるような美しさでした。
 外宮をゆっくり見て回って、外に出たらちょうとバスが来たのでそのまま内宮へ。このときにはもうすっかり夜が明けてたけど、お天気のいい早朝でホントに気持ちよかったー。
 伊勢神宮にお越しの際はぜひとも早朝をオススメします。アドバイスをくださった方、重ね重ねありがとうございました!!

 いったんホテルに戻ってチェックアウトをして、そのあとも一日観光三昧。
 伊勢うどんと赤福と神代餅を食し(食いすぎ)、鳥羽で鳥羽湾めぐり→鳥羽水族館、の王道コースをゆっくり楽しみ、駅弁を食べつつ大満足で帰宅しました☆

 いやー良かったです。三重。また行きたい。
 WEB拍手からメッセージをくださった皆さま、現地でご一緒させていただいた皆さま、どうもありがとうございました。
 では、次回は観劇記でお会いしましょう☆チャオ!!
posted by 白木蓮 at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 09, 2005

気まぐれ仙台紀行

 ただいま〜〜!!
 無事仙台より帰ってまいりました白木蓮です。

 正味6時間くらいの滞在で、うち3時間は観劇してたのでろくに観光もできなかったんですが、とりあえず観劇記の前に旅行メモをざっと。
 舞台の感想はまた別記事でアップするので、「パクの気まぐれ仙台紀行」(どんなネーミングだ)に興味がない方はきょうの分はすっとばしてくださいね!
 それではドゾー。

 ****

 ふだん新幹線に乗るときは経費を浮かすため大宮から乗車する私ですが(もちろん大宮まではゴトンゴトンと在来線に揺られていくのだよワトスン君)、きょうは午前中に東京駅で人と会う用があったので東京へ。
 東京駅って、めったに行く機会がないけどおもしろいですね。構内にこんなに店がある駅ってそうそうないよ。
 10分100円のパソコンもあったし。もちろんゴハンも食べれるし本も買えるし。
 東京みやげも、いろいろあって楽しい。
 個人的には「萌え♥萌え♥」と書いてある、秋葉原バージョンのハローキティハンカチがツボでした。うーん、世の中進んでるなぁ(そうか?)

 で、ここからビューンと仙台まで。
 きっぷを買うには「みどりの窓口」でおじさんと面接(違)をしなきゃいけないもんだと思ってたけど、今は機械で希望の列車とか席とか全部選べて、カード決済までしてくれるらしい。便利すぎるぜJR。つうかアナログすぎるぜ俺。
 ということで、機械をピッピッと操作して迷わずMaxやまびこ号の2階席窓際をチョイス。
 東北に行ったことは何度かあるけど、Maxやまびこの2階席って初めてなの!ずっと憧れだったの!うれしい〜〜(小市民)
 駅で買った本と雑誌とおやつを携え、ゴキゲンで乗車。

 いやーそれにしても。
 新幹線てホントに早いです。びっくりです。
 だって東京から仙台まで2時間だよ?
 景色みたり本読んだりウトウトしたりおやつ食べたりしてるうちに、あっという間に到着。
 面倒な乗り継ぎとかがないぶん、都内の辺鄙な場所に行くよりも近く感じる。
 せっかくだからあと1時間ぐらいは乗ってたかったなぁ。

 はじめて降り立つ仙台は、さすがに東京よりは寒いけど思ったほどの冷え込みはなく、思った以上に大都会でした。
 もうね、何でもある!東京にあるもので仙台にないものはないんじゃないかと思ってしまうほど何でもある。
 何でもあってすごい都会なんだけど、やっぱり空間の使いかたがゆったりしてて、空が広くて、緑が多くて、ほんと素敵な街でした。住みたい…。

 夜公演までには時間があったので、とりあえずそのへんを散策。
 適当にフラフラ歩いていったら公園があって、そこから見える夕日がすごくキレイだったのでベンチでしばし休憩(notリストラ族)
 公園のなかに昔風の茶店を発見し、名物ずんだ餅とごま餅を食す。うまい。熱いほうじ茶と口直しのお新香がまたうまい。おまけにおばちゃんが親切。

 そのあと、また駅前までフラフラ散歩。街角にディズニーストアを発見して平和な気分になる。
 街にディズニーストアがあってディズニーソングが流れていると、雰囲気が和らぐのはなぜなんでしょう。不思議だ。
 治安の悪かったブロードウェイがディズニーの参入によって激変した、というのは何だかわかる気がするなぁ。

 駅のほうに戻り、デパートで牛タンを賞味。餅を食ったあとなので完食はできなかったけど、さすがにおいしかったです。
 ふだん食べてるペラッとした牛タンとはぜんぜん違う!(いや、ペラいほうもあれはあれで好きだけど)

 このへんで観光はタイムアウト。市営地下鉄で劇場に向かう。
 地下鉄の駅で、私は衝撃の事実に遭遇してしまいました。

 仙台は、エスカレーターで動かない人は右寄り(=大阪と一緒)です!!

 大阪と同じなのか…東京は違うのか…(クラクラ)
 今まで漠然と、電気の周波数のごとくフォッサマグナとかで東西に分かれてるんだろうと思っていた私ですが、この仮説はもろくも崩れ去ったわけですよ教授(誰)
 とすると、この違いはいったいどこから生まれるのか。この新たな課題はぜひとも解明せねばならん。
 東京・大阪・仙台以外の地域にお住まいの皆さま、あなたの街ではエスカレーターはどっち寄りですか?
 ぜひともメールフォームやWEB拍手などで教えてください。
 簡潔にすませたい方はWEB拍手で、
 「東京 左」
 とか書いてくださればいいので!待ってまーす。

 それはさておき(アッサリ)
 15分ほどで劇場前の駅に到着し、待ち合わせをしていた方からチケットを受け取り、無事観劇と相成りました。
 チケットがコムまーの写真入りでカラー刷りでかわいかったぜ!!ほくほく。

 上演時間もオーバーせず、地下鉄にも新幹線にもちゃんと乗れて、日付が変わるころ東京に到着。よかったよかった。
 唯一残念だったのは、遅い時間ゆえ駅弁が全部売り切れていたことです(まだ食う気だったのか)

 何から何まで楽しい小旅行でしたが、ひとりで行った身としては、何よりも仙台の人たちの温かさが心にしみる旅でした。
 茶店のおばちゃんも、牛タン屋のお姉さんも、チケットを譲ってくださった地元のファンの方も、私の隣に座っていた方も、本当いい人ばっかりだった!
 感謝感謝です。
 三重でもいい出会いがあるといいなぁ〜。

 それでは、次回は観劇記で!!
posted by 白木蓮 at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

July 10, 2005

霧ミラ遠征Vol.2

【前回までのあらすじ】
 前の記事を読んで下さい。(←さら乱のえと文のマネ)(かなり衝撃的なテクニックだった…)

 ****

 ということで(何がだ)2日目!
 よそ様の家だというのにガッツリ爆睡し、ふっと目が覚めたら10時でした。やる気ねえなオマエ。
 明らかに11時公演とか間に合わなさそうな時間だけど、もともとお昼ごろに大劇場で他のブロガーさんと待ち合わせをしていて11時公演は観る予定がなかったので、余裕でのんびり支度をする我々。
 もずえさんはパンを焼いて野菜を切って、おいしい朝食を用意してくれました。ありがとうお姉ちゃーーん(涙)

 着替えて化粧して、11時過ぎに出発。
 家を1歩出るとやっぱりものすごく潮の香りがするんですが、「え、そう?」と言うもずえさん。鼻が慣れて麻痺しているらしい。それもすごい。
 きょうはきのう使ったJRじゃなくて私鉄を乗り継いでいきました。のんびりした風情の電車で、遠足気分で楽しかった〜!
 もっと時間があれば、ヅカ以外の観光地巡りもしたかったなぁ。

 宝塚に到着し、フルールで緑野さんkineさんドリーさんとお会いする。
 ゴールデン・ステップスでチラッとお会いしたものの、ちゃんと話すのははじめてだったkineさんは、おっとりした感じで明るい笑顔が印象的な方でした。『風を結んで』の話が通じる人に会ったのもはじめてでうれしかった!(2回ともひとりで観にいった俺)
 ドリーさんは、ブログや他の人たちから聞いた話を総合して、ものすごいバリバリのビジネスウーマンというイメージを抱いてたんですが、実際はなんだかかわいらしい人でびっくり。
 「アーネスト楽しい!!」とうれしそうに語るドリーさんの姿をみて、月組への期待がふくらむ。

 さららんバウを観るというドリーさんとお別れし、私たちは梅田に移動。
 月組アーネストを観てまいりました。
 もずえさんは1階前方(瀬奈ファンにはたまらない席だった)、私は2階1列、kineさんは3階1列、とバラバラになって観劇。でもお互いにお互いの席がよく見えて、なんか愉快でした。観劇中ももずえさんのリアクションが見れたし(何を見てるんだ何を)
 梅芸は座席もフカフカでいい劇場でした。若干移動がしにくいけど(上手側しか客席出入りができない…)、見やすくて大満足。
 舞台もすごーくよかった!こういうミュージカル久々に観たなー。やっぱ好きだなーこういうの。
 あ、大空殿下がお見えになってました☆うふふ。

 観劇後、外で待っていた緑野さんとふたたび合流し、4人で地下鉄に乗ってお食事に。
 私の知り合いがいるレストランに行ってタダ食いしてきたんですが、テーブルに挨拶に来た彼がメンツを見渡して一言、

 「どんなつながり?」

 …ええっと(汗)
 確かに謎な集まりだよなぁ。
 年とかバラバラだし。
 服装も見事にバリエーション豊かだし。
 私は東京から来たはずなのに、緑野さんはレストランから歩ける距離にお住まいだし。

 でも真相をバラす勇気はなかった(笑)

 で、しっかり食べて飲んでデザートまで胃に収めてまいりました。
 ご一緒した皆さんにも満腹になってもらえて何より。
 しかし宝塚のことばっかり話してたはずなのに、何を話したんだかサッパリ覚えてない…。
 酔っ払ってたのかなぁ。ワイン飲んでたしなぁ(以前ワインでベロベロにつぶれた私を目撃したくせに、わざわざワインを出してくる彼の嫌がらせサービス精神に涙が出た)

 何はともあれ、こんなキッチュなご一行様を招待してくれたお店の皆さん、ありがとうございました(敬礼)
 そして遅くまでお付き合いいただいた緑野さん、kineさん、もずえさん、本当にありがとうございましたー!(土下座)
 おかげさまであのあとも無事に帰れました。

 ****

 今回はもずえさんを始めいろんなブロガーさんにお世話になり、新しい出会いもあり、皆さんとっても素敵な方ばかりで本当に楽しかったです。
 忙しい中お付き合いくださって、どうもありがとうございました。
 あわただしかったけど、いろいろな人のあったかさに触れることができて、ホントに思い出深い遠征になりました。どんなに感謝してもしきれないくらい。
 ありがとうございました。また近いうちに遊んでくださいね!

 …しかし「霧ミラ遠征」って銘打ってるわりには霧ミラ1回しか観てないなぁ(ボソ)
posted by 白木蓮 at 21:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

July 09, 2005

霧ミラ遠征Vol.1

 ただいまーーー!!!!
 帰京してから約18時間、やっと落ち着いて家のPCに向かっている白木蓮です。
 ああもう夜中だよ。眠いよママン。
 でもどんどん書いていかないとどんどん忘れそうなので、1日目の記録(?)だけアップしてから寝ることにします。
 公演の感想はまたあらためて別個で書くけど、一言でいうと

 さららんに胸キュン→コムまーに赤面→新生月組ブラボー!!

 って感じかな!(笑顔)(イヤわかんないから)
 いやー、どれも楽しかった。満足。
 舞台もよかったし、いろんな人とお会いして話すこともできて、ほんとに充実した遠征でした!ということで遠征記録、いってみよう!!

 ****

 遅いバスを選んだので、朝8時近くに大阪に到着。ふだんは早すぎて時間をもてあますのにきょうは全然そんなことなくて、のんびり朝ごはんを食べて化粧をしていたらあっという間に9時半でした。
 そういやもずえさんと10時にムラで待ち合わせてたんだ!と思いだし、あわてて阪急電車に乗る。が、まだ十三駅を過ぎたばっかりのときにもずえさんから「あと10分くらいで着きます」というメールが。
 遅れてる。早く着いたくせに、もずえさんより遅れてるよ私…。
 なぜだ。
 自己嫌悪にさいなまれつつ、急いで大劇場へ。
 数ヶ月には目の前に私がいても見つけてくれなかったもずえさんですが、今回は遠くからサッサと見つけて手を振ってくれました。本人いわく、「若干服が派手で、ちょっと疲れぎみでアゴが上がっている」人を探したら一発だったそうな。それって…。
 なので皆さん、劇場でアゴの上がった派手な女がいたら私だと思ってください(どんな女なんだ)

 さららんバウが完売という事実に二人で驚愕しつつ(さららんに失礼だぞ!)、開演まで劇場内でコーヒータイム。なんて優雅な。
 しかし遠征直前に出費がかさんだためほぼ無一文でムラまで乗り込んだわたくし、数百円のコーヒーまでもずえさんにご馳走していただく始末。
 …ぜんぜん優雅じゃない(死)

 しばしコーヒーを飲んで語ったあと、いよいよ11時開演のさららんバウへ。
 こちらの詳細はのちほど。
 でも個人的には大好き!!ツボ直撃!!
 幼さゆえのむずがゆさがたまらん。
 あー、さららんカワエエ。胸キュン。

 バウを観終わって満足の二人、フルールで感想トーク。
 あ、ついに念願のたこ焼きデビューを遂げました。うまかった!!!(嬉)
 大劇場って、いろんな憩いの場があって楽しいなぁ。
 ここで初対面のmaさんと合流する。
 つい最近お知り合いになったコムファンのブロガーさん。キャリアウーマンっぽい恰好いい方で、バリバリの関西弁が素敵でした。コムファンにお会いできること自体あんまりないのでうれしい〜〜。
 東京にお越しの際にはまた遊んでくださいね!!(私信)

 で、15時からの霧ミラ観劇。
 この公演の幕間では、もずえさんとmaさん以外に、なんと!!
 コムまーブロガーの乃々さんとお会いしちゃいました!!(喜)
 ずっと好きで読んでいたブログさんなので、お誘いいただいたときは本当にうれしかったなぁ。
 ブログではいつもエンジン全開な感じの乃々さんですが、実物はとってもカワイイ方でした☆もう、かわいいかわいい。ふふふふふふ(近寄らないでください)
 そしてかわいい乃々たん相手に、芝居のラブラブコムまーに照れる俺(キモイからやめたまえ)
 4人中3人が雪担という、なかなかありえない状況でお話しできてすごーく楽しかった!
 今回は幕間しか時間がなかったので、次回はぜひゆっくりとコムまーについて語り合いましょうね乃々さんっ!!(またも私信)

 ショーまで観終わり、もずえさん・maさんと雪公演について語りつつのんびり帰る。
 いつもは阪急なのにわざわざJRに付き合ってくださったmaさんとは電車の途中でお別れ。そして、もずえさんと私は共に電車を乗り継いで行動をつづける。
 ……
 え?いつまでもフラフラしてないで早くホテルに戻れって?
 ばりばり向かってるじゃないですか。
 そう!
 全国のもずえファンの皆さん、ごめんなさい。
 今回私はもずえ家に泊めていただいたのだ!!
 いいだろいいだろー(勝手に自慢)

 と、いうわけで。
 地元の駅のそばで美味しいごはんをたらふく食べて(またご馳走になってしまった…)、いい気分でもずえさんのお宅へ伺う。
 駅から離れると空が広く、明かりが少なく、なんとものどかでいいところ。
 そしてどんどん濃厚になってくる潮の香り。
 なんともずえ家は、海の目の前というスバラシイ環境にあるのです。
 「行ってみる?」と訊かれて「行く!」と即答し、荷物だけおうちに置いて、手ぶらで海にレッツゴー。

 わあああ海だ!海だーー!!と幼稚園児のように喜ぶ白木蓮(落ち着け)
 真っ暗な海でサンダルを脱ぎ、「ひょーー冷たい!」「ワカメだワカメだ!」とか言いながら膝まで海に浸かって遊んでおりました。
 夜の海で波とたわむれる高校生、…もとい、ヅカファン2名。シュールすぎる。
 そして足を洗う場所が見つからなかったので、サンダルを手に持ってはだしで歩いて帰宅。なんて青春。中学生日記のようでした(年を考えてください)

 もずえさんちはキレイで快適で、すごーく居心地がよかったです。
 もずえさんは私のためにいろいろ動いてくれているのに、遠慮なく座って勝手に焼酎を飲む私。甲斐性なさすぎ。

 ふつうヅカファン同士でお泊まりをする場合はヅカビデオとかを鑑賞するのが定石だと思うんですが、我々はなぜか延々とお笑い番組を見ていました。放送されているテレビ番組ばかりでなく、録画まで見せてもらったり。
 もずえさんイチオシの「トロサーモン」(だっけ?)は確かに相当面白かった。奴らはこれからブレイクするはず。みんな要チェックだぜ!!

 お笑いを見つつかき氷を食べつつ焼酎を飲みつつ(←オマエだけだろ)、まったりと過ごして1時過ぎには就寝しました。おやすみなさーい。

 ****

 …と、一応思いだしたことを書いてみたけど…
 これ、読んでおもしろいと思う人っているんだろうか(遠い目)
 ホントに単なる日記ですみません。ま、自分の思い出にはなるよね!(無理矢理)
 ということで明日も後半戦が待ってます。つづく〜〜。
posted by 白木蓮 at 22:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

June 06, 2005

夜行バス上等!

 行ってまいりました宝塚。
 5日の夜に出て、6日の朝着いて、その日の夜に出て7日の朝帰宅、という強行軍。
 しかもいちばん安いバスなので、独立シートじゃないし隣は男性だし。
 キツかったけど、しんどい思いしてでも行った甲斐があった…!!
 ああもうホント幸せ。最高に楽しかったです。

 とりあえず旅の報告をざっと。

 出発する日の昼間によく寝てしまったため、往きのバスではまったく寝れず。
 少しでも眠気を呼び覚まそうと、缶ビール+缶入り焼酎水割り+スポーツドリンク(アルコールの吸収が良くなるらしい)をグイグイ飲んだのにさっぱり効果がない(それもどうかと)
 結局バスの中で寝れたのは合計2時間ぐらい。あとの時間は10分おきに携帯で「現在の位置情報」を確認しつつ、「ああまだ長野か〜」とか思いながらひたすら悶々としてました。
 そして到着して朝の光を浴びたとたんに眠くなる俺(←お約束)

 しばらくコーヒー飲んだり本を買ったりして時間をつぶしてからムラへ。
 いつ来てもこの観光地ムードに気圧される…。
 早く着きすぎてしまったのでキャトルで檀ちゃんの写真集とかを眺めて(持ってるだろ!2冊も!!)、星組11時公演を観劇。
 ……
 えー、
 こちらの感想はまた後日ゆっくりと。先生容赦しないぞ☆(誰)

 観劇後、緑野さんとお会いする。
 詳細はあとで感想に書きますが、なんか私泣いてたんですよ。星組観て。
 幕が下りても涙が止まらなくて、トイレに駆け込んで必死に止めたんですよ(何やってんだ)
 で、目は腫れてるし寝不足で肌ボロボロだし、なんかもうひどい状態でお会いしてしまいました。ウハハ。
 もういいや何でも(遠い目)
 緑野さんは相変わらず個性的な感じでステキでした。一緒にプチミュージアム(初めて行った!)も見られて満足満足。
 でもあの展示、ドルチェ・ヴィータの黒いドレスがないのはどうしてですか?間近で見るともっとヤバイからですか?(真顔)

 15時30分、
 いよいよ『ゴールデン・ステップス』開幕。
 
 ………

 最高でした。
 幸せでした。
 これでしばらくマラケシュ観なくても生きていけます(何かが違う)(だって金がないんだよ金が!)
 こちらの感想詳細もまた別項で。

 「み」さんkineさんとも初めてお会いできて、すごくうれしかったです。
 昼公演と夜公演の間が短かったので(出演者の皆さまはさぞかしキツかろう。特に星組…)緑野さんたちとゆっくりお話しできなかったのが残念だったけど、おかげで楽しいひとときを過ごせました。
 お会いした皆さま、本当にありがとうございました。また関西に行ったら遊んでやってください!

 帰りのバスでは爆睡。元気に帰宅いたしました〜〜。
 これから風呂入ってメールの返信してリアルの用事も片づけて感想書きます!おっとなんだか忙しいな!じゃっ!!
posted by 白木蓮 at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。