September 23, 2007

ダンディな彼女

 ウメヅ先輩の茶会に行ってきたッス!!
 ウス!!

 …ウメにゃんの男前さに敬意を表し、本日は体育会系な感じでスタートしてみた『甘い生活。』ですコンバンワ。

 やー、評判どおり面白うございました。ウメ茶。
 サバサバしてるのに腰低いし、自分から笑い取りに行くし、司会者さんのボケはこまめに拾うし、ヅカヲタだし(笑)
 …えーと、娘役さんですよね?(注:トップです)
 でもそういうとこも含めて、めちゃくちゃ可愛かった!!
 なんていうか、大人だなあと思いました。身を賭してゲストを楽しませようとしているあたりが。

 色々うろ覚えなんですが、個人的に大受けしたところだけラフにメモっておきます。
 録音とかしてないので文章は違うと思うけど、まあこんな感じのことを言ってたよ、というノリで。よろしく。


■エンターテイナーなウメヅさんの話
 質問タイム(?)でテーブルの間を練り歩いてるあいだだけ写真撮影OKで、ただしフラッシュは禁止…ということだったんですが
 どうもうっかりフラッシュを焚いてしまった人がいたのね。
 で、司会者の方が「すみません、フラッシュはご遠慮ください」と言ったら、歩いてたウメにゃんがすかさず
 「うっ!!やめてくれえ…!!!」(ガバッと顔を覆うしぐさ)
 とか言い出して。
 「オレは何もしてねえっ……!!!」(苦しげ)
 と身をよじらせて笑いを取りまくり、
 「って、要らないっすよねー、こんな小芝居(笑)」
 と自虐的にまとめていました。

 こういうことを上手に笑いに持っていってしまうあたり、ものすごいエンターテイナーというか気配り屋さんだなぁ…と感動。
 いやもちろん大爆笑させていただきましたが(笑)


■演出家の話
 演出家っていうか火星の場面の話だったんですけど、それの藤井くんネタが面白すぎたので紹介。
 「稽古が始まる前に、先生がその場面に出る人を集めて、簡単に出入りとか流れを説明するんですよ。小さい模型みたいなセットを使って。
 それで火星の場面も、『この場面に出る人、前に来てー』みたいな感じで説明してもらったんですけど、
 『これがこうなってこうなって、男役がここで出てきて、こうなるんだよー』って説明してるのが、藤井先生が興奮しちゃってて何言ってるのか全然わかんなくて(笑)
 『ウメが最初は白い衣装でねっ、でも脱ぐと赤と黒になってぇ、最後は男の人が火あぶりにされて終わるんだよ!!』
(←鼻息荒い感じ)
 とか言ってるんですけど、興奮してるからよくわかんなくて私たちは『え…?』みたいな(笑)」

 …………(悶絶)…………

 フ  ジ  イ  ! ! !

 えーと、藤井くんがひとりでイマジネーションの翼を広げてハアハアしちゃってたらしいです(意訳)

 そしてとどめの一言
  ↓
 「あの、藤井先生は興奮しやすいので…。藤井先生と、あと斎藤先生はね、よく興奮してますね。
 まああの二人は友達ですから(笑)」


 …イメージ通りすぎるじゃねえか大吉。

 (大吉=大介&吉正、の意)

 昔すぎて誰も憶えてないと思いますが(おぼえてたら怖い)、2年前くらいに自分で書いたヤンブラネタそのまんまな感じで、ちょっと遠い目になってしまいました。
 「まああの二人は友達ですから」と言い切ったウメにゃんがちょっと半笑いで、達観したようなお姉さん口調になってたのも面白かった。


■デュエットダンスの話
 デュエットダンスっていうかまたしても藤井くんネタなんですが。
 「振付のとき平澤先生に『ウメ、何やりたい?なーんも考えてきてないんだけど』
 って言われて、大和さんと二人で『イヤイヤ先生にお任せします』とか言ってたら、藤井先生が
 『何ていうかこう、スピーディなのがいいんだよね!柔らかい振りとか全然いらないから。スピーディで、爽やかっていうか、スポーティな感じ?』
 とおっしゃって」

 何その適当くさい段取り!!(笑)

 「それで振付していって、だいたいできてきた頃にまた藤井先生が
 『ちょっと銀橋出たいよねー』
 って言い出して。
 でももう、残ってないんですよ、曲が。だいたい振付終わっちゃって、曲の残ってる部分がほとんどないんです。
 そしたら『走ろっか!』ってなって(笑)
 『じゃあタニ、ウメの手を取って走って!!』で、ダーーーッ、みたいな。
 稽古の最後のほう、もうすぐ別の場面の稽古が始まるっていう時に稽古場にだんだんみんなが集まってくるじゃないですか。
 それで初めてデュエットダンスを見た他の人たちが
 『え…?走るだけ…?』
(←ポカーン)
 みたいな反応を、誰からともなく(笑)
 私たちも『走るだけ…?』とか思ってたんですけど、藤井先生と平澤先生は『やー、いいよーーー!!!』って嬉しそうで(笑)」


 どんなだよ!!(笑)

 超面白いんですけど。
 でもあのデュエットダンスは本当にタニウメにぴったりで大好きです。
 フィーリングであんなもの作っちゃう藤井くん…なんかいいなあ。


■イサベラのその後の話
 イサベラはあのあとどうするんですか?という質問を受けて、
 「それねー、けっこう楽屋でも話題になるんですけどねえ。
 このあいだ星組生の、らんとむさんと同期の方が観にいらっしゃって、芝居終わったあとに楽屋で『ウメ、ラモンはいいヤツだよ〜!!わかってあげなよ!!』って力説されました(笑)」

 …コレすずみんだったら超ときめくなあ(笑)

 「でもね、これで私が『じゃあイサベラはラモンとくっつきまーす』って言っちゃったら、『何だよアイツ、あんなにフェルナンドと色々あって花道にへばりついてたくせに結局ラモンなのかよ』ってことになっちゃう気がするので…(笑)
 私としてはあえて言葉を濁しておきたいというか」

 ウメちゃんはこういうところが聡明だよなあ。
 しかし「へばりつく」て!!(笑)

 ちなみにこの花道の場面ほか、芝居の振付は安寿ミラさんだそうで。
 「宝塚マニアの華ちゃんにとって、安寿ミラさんの振付は嬉しいんじゃないですか?」
 と振られ、
 「そうなんですよ〜!もう、たまんない(笑)」
 と普通にヅカヲタぶりを晒していました。


■携帯メールの話
 メールでよく使う絵文字はありますか?という質問を受けての話。
 「私ね、携帯はauなんですよ。あ、別にそんな情報いらないですよねー(笑)
 宝塚の人ってわりとドコモが多くて、ドコモってauよりも絵文字が少ない…んですかね?よく知らないですけど。
 そうするとドコモにない絵文字を送ったとき、たとえばキノコの絵文字を送ったら[きのこ]って出ちゃうらしいんですよね、メールに(笑)
 で、ハレルヤゴーゴーのお稽古中、入団同期の稲葉先生と役の髪型とかカツラについて何度もメールをやりとりしてて、先生はドコモなのに、私はクセでキノコの絵文字を語尾にいっぱいつけてたんですよ。
 そしたらメールの翌日、稲葉先生に
 『ウメ!!おはようございますきのこ!!』
 って言われて(笑)
 え、何?何か新しい流行??と思って『あ、おはようございます〜』って言ったんですけど、あとから先生に私のメールを見せてもらったら

 『ここの髪型はどうしたらいいですか?[きのこ]』
 『そうですね!じゃあそんな感じでやってみます[きのこ]』

 みたいなメールがいっぱい届いてて…(笑)」
 (´∀`*)
 ウメにゃんも可愛いが稲葉っちも可愛いぞ。
 しかしキノコの絵文字を「クセで」つけてしまうウメにゃんに、オヅキくんと同胞の香りを感じてこっそりときめいたのは内緒です。


 まだまだあるのですが、とりあえず以上!!!
 なんか本当に細かい言い回しとか全然思い出せない。あくまでもニュアンスだと思って捉えてください。
 とにかく可愛くて楽しくて面白いお茶会でしたー。
posted by 白木蓮 at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(1) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に楽しかったですよねぇ(*´∀`)
やっぱり梅津はヲタクでしたね(笑)何か面白かったです(・∀・)
小芝居してる梅津も、授業参観のお母さんみたいな服装(どっかの英語教師みたいにも見えましたが(笑))の梅津も、興奮してる大介の真似をする梅津も、司会者さんのイサベラのイントネーションに突っ込む梅津も、きのこな梅津も素敵でしたね(笑)ますます惚れました(*´Д`)(笑)
次こそはパクさんにもお会い出来ればなと思います☆
Posted by 抹茶 at 2007年09月25日 20:53
>抹茶さま

楽しかったですねー!
あのスーツの決まりっぷりといい、男前っぷりといいヲタクっぷりといい突っ込みの激しさといい、全てが期待を裏切らないウメヅさんでした。
ほんとに素敵な娘役さんだわー。
はい、次回お会いするのを楽しみにしております☆
Posted by 白木蓮 at 2007年09月25日 22:50
はじめてコメントさせていただきます。

ウメ茶のご報告楽しく拝見させていただきました。
宙組初代・2代目トップコンビファンだったもので、
あり得ないほどのジェンヌ・ロスに陥り、暫く宝塚から足が遠のいておりましたが、
先日、久々に宙組公演を観劇しました。
やっぱり、宝塚はいいなぁと再確認しました(笑)

で、その観劇の際、一番不思議だったことが、銀橋の走り抜け。
初代も、2代目も、銀橋では何かしらやらかしてくれていましたので、
何故、走り抜けるだけなんだろう。。。と、とても不思議だったのです。
こちらのお話をうかがって、そーなんだ!と目から鱗でした!
すっきりしました。有難うございました!

初めてのコメントなのに、長文失礼しました。
Posted by ayu at 2007年09月27日 11:16
>ayuさま

はじめまして!
コメントありがとうございます。
宝塚に戻ってきていただけて嬉しいです(何様?)

銀橋を「走り抜けるだけ」、私もはじめて観ました…たぶん(笑)
普通は何か振りをやりますよねえ。
でもあの疾走感が、フレッシュなタニウメコンビにとっても合ってて大好きです!
あの二人にしかできないデュエットダンスだなあと思います。

ご覧の通り脈絡ないブログですが、新生宙組もまったりと応援しておりますので
よろしければこれからも遊びにいらしてくださいね。
お待ちしております☆
Posted by 白木蓮 at 2007年09月29日 03:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56885685
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

面白すぎ!!
Excerpt: (*´Д`)/ヽァ/ヽァ は!昼間っから怪しい人になってました。だって〜、 ウメ
Weblog: 謎のブログ
Tracked: 2007-09-29 14:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。