March 12, 2012

らんとむ復活東茶メモ2

 きのうWEB拍手から「お茶会はどうやって参加できるのでしょうか?」というご質問をいただきましたので、簡単にお答え。
 いちばん手っ取り早いのは公演が始まってから、開演前のチケット出しをしているファンクラブの方に声をかけてみることです!日程や申込方法など、教えてもらえると思います。
 ちょっと緊張するかもですが、ひとかけらの勇気を胸にがんばってみてくださいませ。次回は是非ご一緒に…☆

 というわけでお茶会ばなしのつづき、霞のごとくぼんやりとした記憶をたどってメモっておきます。


【抽選会】

・すべてお茶会終了後に受付でお渡し、という形だったので特に面白いエピソードはなかったのですが(笑)、公式グッズのバッグの抽選のとき、実物(スタッフさんが脇で客席に見せてた)を指さして
 「ふだん使いやすいようにちっちゃめにサインしました」
 とドヤ顔で言ってた蘭寿さんがかわいかったです。実用重視。
 …でももし当たったら使わずに飾っとくよね(笑)

・会場から蘭寿さんへのプレゼントは、例によって「今日着ているお洋服」でした。今回の服装すごく好きだったなあ。


【お悩み相談】

・クイズが終わって「客席に降りてのトーク」ということになり、司会者の方から
 「とむさん、そちらのパーテーションの裏でご準備をお願いします」
 という指示が。
 パーテーション裏に入った蘭寿さんに司会が「そろそろ大丈夫ですか?」と声をかけたとき、
 「もう少々お待ちください」
 とやたら丁寧に答えてたのがかわいかった(笑)

・次の全国ツアーにちなんで…との前振りがあったのでおおよそ予想はできていたのですが、
 パーテーションから出てきた蘭寿さんはお医者さんコスでした!ぎゃあああああ!!!!

・ぱりっとした白衣、銀縁メガネ、そして首には聴診器。
 って文字で書くとすごく普通な感じになってしまうのが残念なのですが、もう、あまりにもあまりにもあまりにもイケメンすぎて………!
 わりとどうしていいか分からないぐらいの勢いで身悶えました。素化粧にメガネ似合いすぎだよ!美形すぎだよ!むしろ全ツ本番も素化粧+メガネで行っていただきたい!!!(だめだろう)

・お茶会開始前にあらかじめ「とむさんに相談したいお悩み」を紙に書いて回収ボックスに入れることになっていたのですが、集まったお悩みの中から各ブロック1名ずつ「重症」の患者さんが選ばれ、それをドクター蘭寿が診察して回る、という内容のトークでした。
 トークもさることながら「回診」と称して客席の間を歩いてるときのイケメンぶりがハンパなかった…!!
 歩きながらカルテ(笑)を覗き込んでは、「え〜皆さん面白いこと考えますね〜」とか「コレ重症だなあ」とか言ってひとりで笑ってるのもかわいかったです。

・最初の患者さんは学生さんで、
 「とむさんが好きすぎて勉強が手につきません」
 というお悩み。
 「勉強が手につかない!
 うーん、勉強なんかしなくていいよって言いたいんですけどね(笑)。でもそうもいかないですよねえ〜。
 じゃあ、時間を分けましょう!勉強する時間と、宝塚を観る時間。どうですか?できそう?はい、解決!」

 なんていうか、この解決方法の優等生ぶりが蘭寿さんぽくて吹いた(笑)

・ちなみにそれぞれの患者さんを診察したあと、蘭寿さんからお薬としてヨーグレット?みたいなお菓子をあげていました。
 さらにこの患者さんに選ばれた方たちは「お茶会終了後に受付へお越しください」と言われていて、
 「お茶会終了後に何があるんでしょうね!ねっ!」
 と蘭寿さんも気にしてた(笑)。何があったのかご存じの方は、是非WEB拍手からこっそりタレコミください(ねだるな)

・次の患者さんは
 「カチューシャと違ってお酒を飲めません。どうやったら飲めるようになりますか?」
 という症状。
 患者さんのところまで行って、
 「飲めないんですか?ぜんぜん?でも飲めるようになりたい?」
 と確認する蘭寿さん。
 「ほんとはちょっと飲んだら赤くなっちゃうぐらいがかわいいと思いますけどね〜、女の子は」
 おじさんか!!(笑)
 「慣れもあるから、まずはちょっとずつ飲んだらいいんじゃないですか?
 蘭乃はなちゃんがね、やっぱりあんまりお酒を飲めなかったんですよ。なんですけど、この前の全国ツアーで青森に行ったとき、入ったお店で箱ウニが出てきて…」

 再び出ましたウニばなし。
 「いやいや頼んでませんけど?って言ったら『お通しです』って言われて、お通し!?とか言いながら、ウニかーらーのーじょっぱり…っていうのをやったら
 『おいし〜〜い黒ハート
 って(笑)
 で、それから結構飲めるようになっちゃったんですよ〜!(笑)」

 えっとあの、すみません、10学年も下のお嬢さんに何を教えてるんですか蘭寿さんwww ひどいwwwww
 「なので、じょっぱりから始めるってことで!はい解決」
 …蘭寿さんがあまりにじょっぱり推しすぎて、私もいっちょお取り寄せしてみようかという気になってきました。
 じょっぱり関係者の方、宝塚歌劇団花組の蘭寿とむさんていう人が相当売上に貢献してますよー!何か送ってあげてー!(ここ見てません)

・3人目の患者さんは
 「どんなに誘っても旦那が一緒に観劇してくれません」
 という相談。家でDVDが流れているのすら嫌がられるそう。
 「DVDもだめ!なるほど〜」
 と少し逡巡した蘭寿さんですが、
 「でもやっぱり、ここは無理矢理でも連れてきてナマで観てもらったほうがいいんじゃないですか?
 ほら、DVDだとアップだからお化粧とか抵抗があると思うんですけど、ナマだと逆に全体を楽しめると思うし。がんばってください!」

 とエールを送っていました。
 ここの視点がすごく普通、というか常識的(笑)な感じなのがいいなあと思った次第。

・次は
 「とむさんのことばっかり考えていて仕事が手につきません」
 という患者さん。
 開口一番
 「デスクワークですか?」
 と訊く蘭寿さん。細かい(笑)
 ここでのやり取りがあまりよく見えなかったのですが、
 「仕事が手につかない?机に写真を置いてそればっかり見てる?あ、引き出しに写真を入れて開けてばっかりいる?なるほどー」
 とたたみかけるように症状確認する蘭寿さんの口調がすごくおもしろかったです。ハテナなんだけど別に語尾が上がるんじゃなくて、刑事の事情聴取ふうというか。伝わりますかこれ。
 で、
 「いいと思います!問題ない!」
 とばっさり断じて解決^^

・ここであらためて不安になったのですが、あたかも蘭寿さんがこう言ったかのように書いてますが、あくまでも「おぼろげに憶えている内容を私が『こんな感じだったような…』と思いながら再構成した」だけなので、まったくもって信用せずに読んでくださいね!というリマインド。

・次のお悩みは
 「ダイエットしたいのですが、おすすめの方法はありますか?」
 というもの。
 ここですかさず
 「ダイエットが必要には見えないですけどねえ」
 と返す蘭寿さんの男役スキルの高さに震えました…。
 しかし「見えないところが大変なんです」みたいに返した患者さんもさすがだった。蘭寿さんも
 「見えないところ…!!」
 ってウケてた(笑)

「私も新人公演時代はダイエットしましたねー、昔は今よりだいぶふっくらしてましたので(笑)」
 そうですねっていうかいま痩せすぎですよ!
 「チャーリーさんのお衣装を着ないといけないってなったときは『これはやばい…!』と思って、毎日夜はヨーグルトゼリーだけにしてました。
 そしたら本番、衣装が入ったんですよ!」

 ここで客席から拍手喝采。
 「あ、拍手されちゃった(笑)
 でもグッテン博士のときはチャーリーさんも『衣装がきつい』っておっしゃってて、チャーリーさんでもきついのに私が入るわけない!!と思って。
 衣装合わせのとき、息をフーッて吐いてるとなんとかボタンが止まるんですけど、吸ったら大変なことになるっていう(笑)。なのでずっと吐いてるみたいな感じで本番が終わりました(笑)」

 謎の呼吸法www
 こんどグッテンさんの映像を見る機会があったら、「ずっと息吐いてるんだな」って思いながら見ることにします!^^

・最後の患者さんは、
 「主人ととむさんと二股かけてます。どうしたらいいですか?」
 という重症患者(笑)
 「二股かけちゃってるんですか?お子さんふたりいるのに?」
 とまた刑事口調で尋問する蘭寿さん(私からは見えなかったのですが、隣にお子さん同伴でいらしていたもよう)
 ここで蘭寿さんからの決定打が入りました。

 「ご主人ととむさん、どっちが好きなんですか!?」

 どかーんと沸く客席。
 しかしお隣にお子さんがいらっしゃることもあってか、なかなか答えられない(!)患者さん。

 「どっちが好きなんですか!?」

 ひいいぃぃぃぃ!!間近であんなこと言われたら死んでしまう…!!
 と私が悶え苦しんでいる間にも迷っている患者さん。

 「え?どっちが好きなんですかっ!!」

 何度めかの力強すぎる攻めにやっと答えた患者さん、
 「とむさんがいるときはとむさん」
 と(笑)
 会場みんなに聞こえるように
 「とむさんがいるときはとむさん!」
 と復唱して爆笑した蘭寿さん、優しい声で
 「そこはとむさんって言うところだよ?」
 と諭されてました(笑)

 やばい。ここまで蘭寿さんを焦らすことができる患者さんがうらやましすぎる…(病気)

・そんなこんなで回診を終えた蘭寿さん、メインテーブルへと戻りながら
 「皆さんいろいろ考えますね〜、おもしろかったです」
 とかなんとか。
 そしたら司会の方から
 「あ、すみません、とむさんどんどん前のほうに戻ってきていただいちゃったんですが、ここで歌を歌っていただきます」
 という無茶振りが(笑)
 「え?ここで?このカッコで?」
 と戸惑う蘭寿さん。歌う曲が何なのかもまったく知らない様子。
 「曲が流れたら分かると思います」と言われて「公演の曲か〜」といったん納得してましたが、いざ前奏が流れ出すと
 「これ!?」
 と大ウケ。
 流れた曲はタンゲーラの銀橋の曲でした(笑)。西茶の登場もこれだったけど、どっちもファンのニーズを押さえているよね……。

・というわけで、ふたたび客席を練り歩きつつ白衣deタンゲーラ!!
 蘭寿さんの常でやりはじめるとノッてしまい(笑)、要所要所でお客さんをがんがん釣りまくっててそりゃもう大騒ぎでした。私が。

・歌が終わってようやくメインテーブルに戻った蘭寿さん、パーテーションの裏でお医者さんコス解除。
 「とむさん、準備ができたらそのまま出ていらしてください」
 という司会者さんの声掛けに、
 「はぁ〜い」
 って声が返ってきたのがかわいすぎた…!


【今後の予定】

・「では今後の予定をお願いします」という司会者さんの振りを聞いて(蘭寿茶にかぎらずいつも思うんだけど、この振りっていいともの「お友達を紹介してください」に当たるアレですよね!「ええーーーっ」って言いたくなりますよね!)、まずは全ツのお知らせを。
 そのあと
 「あ、その次の予定も出てますね。…サンテグジュペリっ!」
 すごい早口で言って「どや!」みたいな顔をする蘭寿さん。かわいいいいいい!!!!
 ちょうどラインナップ発表が出た日に同期の方が観にきていて、楽屋でやたらと「つぎ子役なんだねー!」って言われて、蘭寿さんは化粧しながら話半分で聞いてたので「何のこと言ってるんだろう?」とよく分かってなかったそうなのですが、
 「どうやら彼女は『星の王子さま』をやると思ってたみたいで(笑)。いや、さすがにそれはないかな〜!って」
 あ、ですよねー^^ 星の王子さまイメージを展開しててすみません^^^^
 「どんな人だったのかなーってちょっとずつ資料も見たりしてるんですけど、今回脚本が谷先生なので!楽しみでもあり、…」
 ここでなぜか言葉を切り、すごいイイ笑顔になる蘭寿さん。ヒソヒソ笑いが広がる客席。えっなに!(笑)
 「楽しみでもあり、………みんな死んじゃうんじゃないかっていう…(笑)」
 ちょwww
 すみません、ジェンヌさんの演出家観がファンと同じすぎます(それ公演ばなしの時も言った)

「コンガは、間違いないでしょう!藤井先生は間違いないでしょう!!」
 「間違いない」って2回言った!(笑)
 すみません、ジェンヌさんの演出家観が(ry

・藤井先生は花組とのお仕事も多いし花組のことをよく分かってくださっているので、組子みんなが活躍できると思う、楽しみ、というようなことも言ってました。うん、私もそれが何より楽しみです。


 そんなこんなでご挨拶があり(毎度のことながら内容を憶えていない…すみません…)、カノンの主題歌で退場。
 はー最後まで美しかったーーーーー!!!

 大変簡単ですが、今回のお茶会報告は以上です!
posted by 白木蓮 at 01:01 | 蘭寿とむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。