April 04, 2010

ヅカ的雑記

 シャングリラネタ以外の最近の私。


・『CLUB SEVEN 6th STAGE!』初日を観てきました。
 クラブセブンは3年前のスペシャル(もう3年も経つのか…)以来ですが、やっぱり楽しかった!
 あの学生チックなノリといい、いきなり挿入されるヅカ風芝居(今回も見事にタカラヅカっぽい芝居だった。忍びの世界のロミジュリ、みたいな!笑)といい、五十音メドレーといい、どれも「お約束」として楽しめるのがいい。メドレー最後が「Seasons of Love」なのも定番なのかな。
 たっちんの活躍ぶりはもちろんのこと、退団後初舞台のまちゃみがすごーくイキイキしててカッコよくて可愛くてねー。
 すごくすごく幸せな気持ちになりました。
 たっちんのドラマティックな歌に合わせて男性ダンサーと踊る場面がすばらしかったです。数年前まで宙組さんはあまり観ていなかったので、まちゃみってこんなに踊れるんだ!と今さら気づいたり。不勉強ですみません。
 でも片手リフトは、らんとむと踊ったネバスリのほうが格段に決まっていたと思う(何の主張!?)
 私が観た日は雪組生がちらほら来ていて、チギくん・ヒメ・杏奈先輩・みうとくん・香音くん・朝風くん・カレン姉さん・彩凪くん・のあちゃんを見かけました。元宙組のあすちんも来てた。

・スカステニュースの雪組新公トークのメンバーが斬新すぎて目を剥く。
 れのちゃん・彩凪くん・レオくん・久城くん、て。
 それどんなアイドルユニット…!!!
 うわーうわーれのちゃんがしゃべってるよ!それどころか最上級生でトークをリードしてるよ!!
 画面がキラキラしちゃってますがな。ひーー。
 雪組が誇るイケメン軍団です。
 テレビで凝視すると、れのちゃんの口元はちょっとゆうひくんに似てるなと思いました。かわいい。
 彩凪くんが本役のオヅキさんから教わったことを熱心に話しているのを見て、オヅキも立派になって…としみじみ(親きどりか)
 真ん中ふたり(れのちゃん&彩凪くん)が普通に美形すぎるのでちょっと伝わりにくいかもしれませんが、レオくんと久城くんも舞台だとすごく目を引く男前です。ぜひぜひ注目してみてください!
 以上、雪組広報担当でした(誰)

・はっ。
 まだ雪新公のチケット確保してないじゃん!
 とコレを書いてて気づく。
 広報担当が聞いてあきれる。

・花組の新公映像も見ました。かわええ。
 鳳真由ちゃんって、なんかほっとけない可愛さがあってそれが舞台にもご挨拶にも滲み出てるのがなんとも愛おしいです。組本とかを見てもものすごい突っ込まれキャラのようだし。
 いまっちのハンゾウ先生は、ちょっとしか映ってませんが流石のなりきりぶりですね。
 そういえば先月流れたマグノリアコンサートはすごかった…。
 上級生なのにスキだらけの真由ちゃんと、下級生なのにガンガン攻めるいまっち。
 いっぱいいっぱいになってる真由ちゃんに、手加減することなく斬り込んでいくいまっち。
 あくまでもコンサートの鳳真由としてパーシーやヘラクレスの歌を歌う真由ちゃんと、身も心も歌声も100%役になりきってるいまっち。ジャベールからモーツァルトへの化けっぷりは凄かった…!!
 しかも、あえてその変化を狙ってギャップのある役柄およびナンバーをセレクトしてるんだろうな、と思わせるあたりが…いまっち恐ろしすぎる(震)
 あんなに面白いコンサートをナマで観られなかったなんて、無念でならん。
 というわけで、花東宝新公は是非ともナマで観たいものです。

・組本って書いたので手元にある組本を久々にパラパラめくってみたのですが、インタビューページにある各人のプロフィール(というか編集部が付けてるコメント)が意外と率直で面白い!ということに今はじめて気づいた。
 特に花組。筆者の個人的感情がやたら入ってて愛を感じる(笑)
 姫花タソへのコメントとかすごい面白いです。

・ちえねねテルがいつのまにかパリに行っていた件。おおお。
 つうかロミジュリの宣伝映像がすでに気合い入りまくっとる…!
 いま東京メトロのホームでよく四季の『AIDA』のCMが流れてますが、あんな感じで山手線とかメトロとかに公演CMが流れてもおかしくない。
 楽しみだなあ。

・今月のGISELeが蘭寿さんです(今さらな情報)
 ジゼルはいつも書店やコンビニで紐かかってる確率が高いので、今まで他の人のを読むのにわりと苦労していたわけなのですが
 今月号はなぜか紐がかかってない!
 ので、コンビニとかに行くたびにあの表紙を見つけるとついつい開いてらんとむを確認してしまう。何度も見てるのに。買ってないけど(買えよ)
 ちなみに私的にお化粧とかファッソンとかはそれほどガツンと来なかったのですが、あの鎖骨はとてもよい鎖骨だと思います。各コンビニでも鎖骨見てはニヤニヤしてます。

・カサブランカのDVDをやっと鑑賞。
 もとが映画ということも大きいのでしょうが、舞台とはまた違った味わいの映像作品としてとても楽しめました。
 2回目の「君の瞳に乾杯」で、すみ花の瞳をとらえたアングルが素晴らしくいい!!
 東京の舞台しか観ていない身としては、まだ「蘭寿とむ度」の低かった大劇場版のラズロがなんだか新鮮です。
 こっちの抑えた演技も好き。
 しかし蘭寿とむ度MAX全開のラズロさん@東宝楽、がCSで流れる日も楽しみで仕方ない(笑)
posted by 白木蓮 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145553990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。