January 27, 2006

傾国の美女

 我らが檀れい姫が、なななんと!
 木村拓哉氏の妻役で山田洋次監督の映画に出演されるそうです。


 檀ちゃん銀幕デビューキタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!!
 この世代でこれほど銀幕という言葉の似合う女優さんがいるでしょうか、いやいない(反語)


 檀ちゃんが出ている記事は見つけられなかったんですが、昨年10月に山田監督&キムタクのコラボが発表されたときの記事はコチラ
「武士の一分」
 藩主の毒味役を務めていた下級武士の三村新之丞(木村)は、毒味が原因で失明し職をなくす。路頭に迷う家族のため妻の加世は、藩の有力者に顔が利く番頭・島田に口添えを頼みに行くが、島田は加世の体を要求。だが、島田は加世の体をもてあそんだだけだった。後に真実を知った新之丞は、激しい怒りとともに島田への報復を決意する…。タイトルの「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らねばならない名誉や面目のこと。

 「過酷な運命に翻弄される誇り高き侍と、夫のために献身的に生きる妻の深い愛情を描いた物語。木村は妻のために復讐を誓う失明した若侍役を演じる」
 とも書かれてます。

 えええー読んだだけで檀ちゃんにピッタリ来すぎじゃないですかコレ!!
 檀れいに白羽の矢を立てた監督グッジョーーブ!!!

 しかも時代劇ですよ。
 お着物ですよ。
 檀れい+和服=オレの女神。(昇天)(ホント死んでこい)

 …ごめんなさいちょっと興奮しすぎましたゼエゼエ(息切れ)(おちつけ)

 で。
 まあできあがったものを見てみないことには何も言えないわけですが(公開1年後だし)、
 「妻のために復讐を誓う」
 っていうシナプシスがすごく檀ちゃんらしいなーと。

 楊貴妃さまにしてもおしまにしても、『夜叉が池』の百合にしてもそうだけれど
 檀ちゃんが演じる女性には、知らず知らず誰かを深く暗いところに陥れてしまう恐さがある。
 本人にはちっともその気がなくても、なぜだか相手を破滅に追い込んでしまう。

 楊貴妃がいなければ唐国が傾くことはなく
 おしまがいなければ伊佐次が撃たれることはなく
 百合がいなければ村が滅びることはなかった。

 どの女性も純粋にひたむきに相手を愛しているのに、ただ相手の幸福を望んでいるのに、その人は、その世界は不幸になってしまう。
 檀ちゃんが相手を不幸にするんじゃない。
 檀ちゃんのために、相手がみずから不幸への道を突き進んでいくのです。
 彼女の愛ゆえに。彼女の美しさゆえに。

 そんな妖気と美を体現できる女優さんは、探してもめったにいるもんじゃない。
 きっと山田洋次監督は檀ちゃんの舞台だか資料だかを見たときに
 「俺の理想のヒロインキタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!!」
 と快哉を叫んだことでしょう(憶測)(失礼だよ)

 ということで、これ以上ないほど好条件の銀幕デビューだと思うので、ぜひぜひがんばってほしいです。
 注目度とかプレッシャーとかすごそうだけど、宝塚で猛烈バッシングにも負けなかった檀ちゃんなら大丈夫。
 ファイト檀ちゃん!応援してるぜ〜〜!!
posted by 白木蓮 at 02:21 | Comment(10) | TrackBack(3) | 檀れい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白木蓮さんとこの更新STOPしてたときはさみしかったです(泣)おかえりなさいです。

「妖気と美を体現できる女優さん」…
そうですよね、同感です☆私もだんちゃん応援してます!
Posted by asami at 2006年01月27日 10:55
>asamiさま

お久しぶりです。
TBとメール、ありがとうございました!
ちゃーんとトラバされてたので大丈夫ですよ☆

休止中とかなんとか言ってるくせに何だかんだとブログをいじってしまうダメダメ野郎ですが、
また更新した折には遊びにいらしてくださいね。
お待ちしてまーす!
Posted by パク at 2006年01月27日 12:23
しえぇぇぇぇ〜〜〜〜〜!!!
悶絶しそう!!!しちゃう!!!させてください!!<勝手にやれ
銀幕に映る檀れい…。
見れるまで一年も焦らしプレイなんですね(*´д`)

> 檀ちゃんのために、相手がみずから不幸への道を突き進んでいくのです。

そうですよね…!「愛してまーーーーす!!」と叫んでくれた彼女の為ならどこまでも…。
私達も彼女に愛されたが故に甘美な地獄へ堕ちていくんですね〜〜(*´д`)
って久しぶりのコメントで変態発言連発御免です(笑)
Posted by まさちか at 2006年01月28日 20:56
>まさちかさま

わーい!まさちかさんが食いついてくれるの待ってました!(笑)(いやマジで)
ブログでも取り上げていただいてありがとうございますm(_ _)m

そうです!
檀ちゃんのためなら焦らしプレイも地獄もむしろ快楽ですよね。でへ。
1年は長いですが、ドキドキワクワクしつつ楽しみに待ちましょうねー☆
VIVA檀メイツ!悶絶上等!!(負けず劣らず変態)
Posted by パク at 2006年01月28日 22:59
はじめまして
檀ちゃん銀幕デビューの報でこちらを拝見しました。
退団後、初舞台になる夜叉ケ池のチラシ(ポスター
じゃないwwww)は私のお宝?(これも笑える)
檀ちゃんの評価はズバリそのとおりねと感心しました。
夜叉ケ池の歌はへぇぇぇ、歌うんだとは思いましたが私は綺麗に歌っていたと思いましたが、緊張はしましたね(笑)
映画はどーなるんでしょうか。でも楽しみです。
Posted by あい at 2006年01月30日 22:51
>あいさま

はじめまして!
ようこそおいでくださいました。
こないだからやたら検索に引っかかっているようでどうもスミマセンm(_ _)m

夜叉が池のチラシ!うらやましいです。
私はチラシを持っていないばかりか、当日のプログラムも売り切れで買えず悲しい思いをしました…。
プログラム売り切れという事態に遭遇したのは初めてです。
や、夜叉が池の歌、ドキドキしたけど声はきれいでしたよね?(確認)(音程のことは気にしない)

映画は歌がないでしょうから、安心して檀ちゃんの美貌と演技を楽しめそうですね。
でも歌がないとなるとそれはそれで物足りない気がするのは私だけでしょうか(笑)
Posted by 白木蓮 at 2006年01月31日 06:19
今日テレビでキムタクが11年ぶりの邦画出演と言うことでテレビに出ていたのを見てその隣で笑う美女(顔が半分だけしか出てませんでしたが。)を発見し、思わず叫んでしまいました。汗)  受験間じかに待ってますが絶対に5回以上は映画館に見に行きます(>*<)
Posted by 森本靜 at 2006年02月02日 20:18
はじめまして。「檀れい」「武士の一分」でぐぐってたどりついてまいりました、るなこと申します。
白木蓮さんの、だんちゃん「傾国の美女」論、すごいす、いいっす、共感しちゃいます。
映画は一年先ですが、本当楽しみですよね!(かなりドキドキでもありますが)
ただ今休止中との事ですか、同じだんちゃんスキーとして、これからも遊びに来させて下さい。お願いいたします(ぺこり☆)
時に、ダイアリーノートの白木蓮さんとは…同一のお方でありましょうか?
Posted by るなこ at 2006年02月02日 21:49
>森本靜さま

はじめまして☆
えーー檀ちゃん(の半分)がテレビに映ってたんですか!見たかった…!!(泣)
私も公開初日突撃の勢いでございます。
映画は5回観てもレディースデイならA席並みのお値段ですからね!通わなきゃ!
受験もがんばってくださいねー♪


>るなこさま

はじめまして!
といってもブログは時々覗かせていただいてました白木蓮ですコンニチワ。
公開楽しみですよねー☆
今回のニュースで檀ちゃんスキーな方がたくさんいらしてくださって、本当にうれしいかぎりです。
あ、ちなみにダイアリーノートと同一なお方なのですが、あっちはメモ程度にしか使っていないのであまり晒さないようにしています(笑)
これからもよろしくお願いいたします!
Posted by 白木蓮 at 2006年02月03日 01:23
おおっ!やはりあちらの白木蓮さんはこちら白木蓮さん、でしたか(笑)
うちのブログも覗いていただけて、すごく嬉しいっす!どうもありがとうございます。
しかしいつもゆるゆるな日記で、どうもすんません(汗)

今日(あ、もう昨日ですね)は、TVできれいな檀ちゃんをたくさん見る事ができて、
幸せな一日でした♪
それでは、こちらこそこれからもよろしくお願いいたします☆
Posted by るなこ at 2006年02月04日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12341301
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

だんちゃん…!
Excerpt: 「甘い生活」の白木蓮さんとこで知りました! だんちゃんのFANサイトさんとこではもうとりあげられてましたね☆ きゃー!銀幕でびゅーなのれすね![:ラブラブ:] だんちゃんの美しさを存分に引き..
Weblog: フツーに日記
Tracked: 2006-01-27 11:05

檀ちゃん銀幕デビュー
Excerpt: タン・リーファンの皆さまに朗報(・∀・)ノ キムタク、初の時代劇映画で山田監督と超強力コラボ!(サンスポcom) 藩主の毒味役を務めていた下級武士の三村新之丞(木村)は、毒味が??
Weblog: ロバみみ
Tracked: 2006-01-27 19:05

しええぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜!!!!
Excerpt: 我らのタン・リー様が銀幕デビューですってよおぉーーーーーー!!!!  悶絶していいですかぁぁ〜〜〜〜〜???ヽ( ゚∀゚)ノ 「甘い生活。」の白木蓮さんとこで知りました。 記事は..
Weblog: クレイジー*パイ
Tracked: 2006-01-29 15:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。