May 12, 2014

清く正しく美しく 教えを今に宝塚

 2014年5月11日、
 花組トップスター・蘭寿とむさんが宝塚歌劇団を卒業されました。

 まだいろいろなことが整理できていませんが…
 とにかく、最高の1日でした。
 蘭寿さん自身もご挨拶で「こんな幸せが待っているなんて想像もしていなかった」というようなことを仰っていたけれど、いちファンである私も、ここまで晴れやかな穏やかな気持ちでこの日を終えられるとは思っていなかったような気がします。
 一片の悔いも憂いもなく、ただ幸せです。

 最後のカーテンコールで蘭寿さんが「いま心に浮かびました」と挙げた言葉は、100周年式典の曲「虹の橋 渡りつづけて」の一節でした。

 「栄光あれ宝塚、永遠に」

 果てしなくカッコいい花組男役であり、それ以上に、清く正しく美しいタカラジェンヌであることを全うした蘭寿さん。
 私はほんとうにこの方のファンになれて幸せでした。


 light.JPG


 1996年から2014年までの、長い長い「人生をかけた夢」。
 ご卒業、おめでとうございます。
posted by 白木蓮 at 22:14 | 蘭寿とむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。