October 18, 2013

いまは同じ時を生きよう(リプライズ)

 花組『愛と革命の詩』『Mr. Swing!』、東京公演が始まりました。
 初日はやっぱり発表直後ということもあり、振り返るとぜんぜん冷静に観られてなかったなあと思います。とりあえず蘭寿さんを観ようと思ってたんだけどそのわりに蘭寿さんがどうだったかもボンヤリとしか憶えてないし、周りの記憶はさらにボンヤリしている。まあそもそも記憶力の初期値に問題がありすぎなんですけどネ!
 ただ、とにかく舞台上から伝わってくる熱量がすごかったです。蘭寿さんだけじゃなくて、みんな。お芝居もすごかったしショーもすごかった。
 特に黒燕尾の揃いっぷりが…もう…。
 大劇場の燕尾は「気が揃ってるのは分かるけど動きのディテールはわりと自由だよね、うん、花組だもんね^^」という印象だったのですが、東京での揃いっぷりはすごい。指先の角度ひとつ、燕尾の裾の翻りひとつまでキレイに揃ってる。
 大階段を降りてくるフォーメーションの美しさに驚き、全員が一列になる場面の緊張感に息を飲み、そして三角形になった全員がいっせいにザッと脚を開いて蘭寿さんの掛け声で踊り出す瞬間、
 本当に鳥肌が立ちました。
 出演者全員の気が蘭寿さんに向かって完全にひとつになっていて、そのパワーがまっすぐに客席へ差し出されているような、そんな感覚。息を詰めて見守っている客席も含めて、劇場全体がひとつになったかのような気さえした。最後のポーズが決まったときの、割れるような拍手は忘れられません。
 その昂揚した状態からデュエットダンスへと移行するときの、蘭寿さんの空気のほどけ方というか、ほどき方もたまらなく好きだなあ。蘭寿さんがタイをほどくのとおなじ速度で、劇場の空気も柔らかく溶けていくような。

 イントロダクションもひたすらかっこよかったし、中詰めはひたすら楽しかったし、リズムの場面の集中力もすごかったし、とにかく全員の熱気とパワーを随所で感じられて、とても幸せな初日でした。カーテンコールでの蘭寿さんのパフォーマンス(大羽根しょったままクルッと一回転して花組ポーズを決めたり、「愛してる!」という客席からの掛け声に「みんな愛してるよ!」と叫んだり)にいちいちキャーキャーしてる組子のみんなもかわいかった(笑)

 2日目にちょっと落ち着いて観たら、あらためて、お芝居はわりと細かい変更が入っていることを理解。個人的に、和海ボーイ(子役)の設定年齢がグッと下がったのがツボです(笑)。白ちゃん黒ちゃんの振付もちょっと変わってますね。
 あと、変更とは別に、みーちゃんの芝居がなんだかすごいなあ…と。大劇場でもすごかったんだけど、東京ではさらになりふり構わないというか、声が割れても裏返っても叫ばずにはいられないような強烈なエネルギーを感じる。
 裁判の場面とか、モランさんのワナワナ度がとてつもなく上がっているのでシェニエさんのでくのぼう感がさらに際立つ結果にはなっているのですが(笑)、もうそれはそれでいい!楽しいから!
 巧くてエロくてかっこいい男役・春風さんを、千秋楽まで堪能しつくしたいと思います。

 細かいツボはまた追って!
 これから1ヶ月、楽しむぞー。


 …という記事を書きっぱなしで放置してたら、初日から早くも1週間が経過していますが…お気になさらず。(おまえは気にしろ)
posted by 白木蓮 at 11:11 | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 08, 2013

ゆくべき道を 見つめつづけよう

2013/10/07
花組トップスター・蘭寿 とむ 退団会見のお知らせ

花組トップスター・蘭寿 とむが、2014年5月11日の東京宝塚劇場公演『ラスト・タイクーン−ハリウッドの帝王、不滅の愛−』『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』の千秋楽をもって退団することとなり、2013年10月8日(火)に記者会見を行います。
なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。


 うまく言えないのですが
 ほっとした、というのが最初の正直な気持ちです。

 蘭寿さんのトップスター就任が発表された日からきょうまで3年弱、ラインナップやカレンダーや年間スケジュールが発表されるたびにいつだって心のどこかで覚悟は決めていて
 特にこの公演の大劇場楽が終わってからは毎日毎日、公式をアホみたいにリロードしては一喜一憂していたわけで
 その落ち着かない日々からようやく解放されるんだなあ、と。

 …まだ本当に実感がない。
 たぶん喪失感や淋しさは、これからじわじわと、イヤというほど味わうことになるのだと思います。
 でも今は、本当に幸せな気持ちと「ありがとう」しか出てこないです。
 正直100周年までトップスター・蘭寿とむを観られるとは思ってなかった。
 蘭寿さんが、そして大好きな花組の皆さんが、私なんかが想像していたよりも遥かに、遥かに素晴らしい世界を私に見せてくれました。
 そして5月11日まで、さらにその世界は進化しつづけるのだと思います。
 蘭寿さんが大好きで、いまの花組が大好きで、幸せです。
 あと7ヶ月、楽しむぞーーーー!!!!

 これからいっぱい泣いたりいっぱい騒いだりいっぱいバカなことを書いたりすると思いますが(それはいつもだった)、
 引き続きお付き合いいただけましたらうれしいです。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


 発表当日は社内イベントがぎゅう詰めで、ゆっくり感慨にふける余裕もなかったのですが
 帰り道はずっと「一筋の光」を聴いていました。好きなんだよね、あの曲。
posted by 白木蓮 at 01:14 | 蘭寿とむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。