April 30, 2012

長い春の果てに初見メモ

 花組全国ツアー初日の所感。

 『長い春の果てに』、友人から初演DVDを借りて見たときにわりと「うーん…」となってしまったので(ラインナップ発表時の感想はコチラ)実際に観て苦手だったらどうしよう><と心配していたのですが、実際客席に座ったらそれほど抵抗なく観られてひとまずホッとしました。
 いやモヤモヤポイントはたくさんあるのですが!随所で「ダーイシorz」ってなるのですが!
 いちいち台詞が下品、とかは見なかったことにするとしても、とにかく登場人物の行動・言動の動機が分からなさすぎてびっくりする(笑)。みんな意味不明ですが特にクロード先生まわり!ステファンとクロードの間には一体何があったの!クロードはいつどこで改心したの!何でいつのまにかふたりはお友達になってるの!教えておじいさん!(きらまさと氏に向けてヨーデル)(あのおじいちゃんイケメンすぎるだろ)
 『復活』が大好きだったから忘れかけてたけど、そういえば石田せんせいって『再会』とか『相棒』とか『青い鳥を探して』とかを書いた人だったなあ…と、ちょっととおい目になりました(笑)

 でも、まあ、
 プロローグの蘭寿さんの大股開きを見た時点でもういろんなものに負けたというか。(早!)
 だってとにかく蘭寿さんがかっこよすぎる…!
 到底フランス人には見えないのですが(あらゆるティテールがアメリカ人)(むしろあらゆるディテールがランジュトム)、本当かっこいい。そしてかわいい。乗馬の場面とかウサギの場面なんて、ずーっと百面相しててもう呼吸困難になりそうなくらいかわいい。どうしよう。
 ああいうニュアンスで舞台にいる蘭寿さん、自体がすごく久しぶりで楽しかったです。金髪久しぶり!地毛のお芝居久しぶり!テンポが速い現代芝居久しぶり!ああいう「普通の男の人」久しぶり!いやステファンの人格が「普通」かどうかはおいといて(笑)、ナチュラルな感じのお芝居がとにかく久しぶりでかっこいいいいい………!!!!
 メガネもたまらんし(銀縁も好きですがラストの黒縁もいいですね)白衣もスーツももちろん似合うけどラフなニット姿とかがすごく新鮮でした。ていうか、Vネックが、深い!舞台で観るリアルなナマ鎖骨…!あと折り返した白衣の袖から見えるナマ腕…!(おちついて)

 ステファンのお芝居については、すごく素敵なんだけどまだ血肉になりきってないというか、ところどころリカさんの面影に引きずられているような印象を受けたので、これからさらに蘭寿さんナイズされていくのを楽しみにしてます。リカさんが唯一無二の強烈な印象を残す方なので、観てるほうも引きずられてる部分があると思うのですが。
 しかしああいうテンポのお芝居になると、蘭寿さんの間(ま)の良さが際立ちますね。好き!(笑)

 そして蘭蘭がとにかくかわいかった。なんていうか、役柄が似合いそうでいて案外似合わないんじゃないかと思ってたけど思ったより似合ってる!みたいな(ややこしい)
 らんちゃんがもっと大人っぽくなったり、もしくは過剰にロリっぽくなったりするかなと思っていたのですが、すごくナチュラルに「少女」でした。大人と子供の、ちょうどはざま。ナタリーやフローレンスよりも背は高いんだけど(笑)あの肉感のないほっそい腕や華奢な首筋に少女らしさがみなぎっていて、思春期の迷走する乙女心、みたいなものがイヤミなく表現されてたと思う。背伸びした外国のティーンエイジャーという感じなので蘭寿さんも心配していたほどロリコンに見えず(笑)、蘭蘭の距離感がすごく好きだなあと思いました。らんちゃんに振り回される蘭寿さんかわいい^^

 他キャラもみんなかわいかったー!あれですね、この作品の枕詞として必ず言われる「ハートウォーミングな物語」だと思おうとすると微妙なキモチになるけど、多種多様なへんてこキャラを愛でるコメディだと思うと楽しいですね(笑)
 とりあえず高翔花野夫妻に夢中です。というか高翔花野蘭寿の家族感が異常です(笑)。この人たちこうやってひとつ屋根の下で生きてきたんだなあ、っていうのが心から理解できる…!高翔さんと蘭寿さんふたりのときはそれほど「親子!」って感じでもないのに(基本的トーンは似てるけど)、ここにじゅりあ様が加わると「ああ家族だなあ」と思う。きっとじゅりあママがお怒りのときはパパもステファンもそっと黙って怒りが鎮まるのを待ってたんだろうなあとか(怒りの原因は「いつものビストロでお気に入りのメニューが切れてた」とかそんなレベル)、ママがステファン叱ってるのをパパが「まあまあ」となだめようとしたら逆にパパまでママに叱られちゃって大惨事だったんだろうなあとか、夫婦喧嘩するとママがいちいちステファンに「絶対帰ってくるんじゃないわよっ!」て書いた手紙を持たせて病院に走らせてたんだろうなあとか、でも結局仲直りしてデートに出かけるふたりを見てステファンは肩をすくめてたんだろうなあとか。
 3人でアッハッハッハッて笑ってるときの、親密さというか同一性というか一種の排他性というか(笑)、「この3人だけが家族」(=ナタリーとエヴァは他人)感がはんぱない。しかも3人揃ってとってもアメリカン。どこのフルハウスかと!誰かが何か言うたびにオーディエンスの笑い声が聞こえてきても違和感ないレベル^^
 高翔さんの、石田脚本でも過剰にセクハラにならない端正さとまっとうさがすごく好きです。そしてじゅりあ様の根本的な明るさとかわいさが好きです。怪演なんだけどちゃんとチャーミング!

 よっちもかーわーいーいーーーー!!!!(定期post)
 なんだあの研修医。とりあえず人工呼吸しようとしてる顔と、花蝶さんとつっつきあって「コイツぅ」「何よぉ」ってやってるところがかわいすぎてオペラを離せなくて蘭寿さんを見逃しそうになって困っています。こう、女の子とジャレてる月央さんっていう図が新鮮で戸惑う…!どうしよう!

 まあ様×イティカの身長差コンビもかわいいし、だいもん×きらりの演技派コンビもかわいいし。ただ、だいもん×きらりの大事な結末が客席降り芝居っていうのはひどいです…。2階席は完全に「音声のみでお楽しみください」状態でした(そして音声のみで聞いてあらためて、だいもんもきらりも芝居うまいなー!と感嘆した)。ソロ歌とかも客席降りで歌うことがほとんどで、ちょっと2階は淋しいなあ。これからの会場では改善されるといいのですが…。
 冒頭の、シモーヌの回想のところでもステファンが客席に降りてるけど、あそこのステファンの表情を見てるか見てないかでそのあとの物語への入り込みが全然ちがうと思うんだけど!むーん。

 まあ様は台車で出てこなかったのが非常に残念だったのですが(笑)、かっこよかった。イティカの背伸びチューは反則!チューされてあっさり手術の手伝いを決意しちゃうまあ様のおばかぶりもかわいい!(笑)
 すごくどうでもいいのですが、まあ様のオレンジのつなぎ姿を見るたびに「この人天下一武道会に出てそう…」と思ってました。すみません。

 他にも見どころいっぱいで、ショーの役替わりや変更も色々面白かったのですが、とりあえず初見メモは以上です!なんか偏っててごめんなさい!
posted by 白木蓮 at 01:43 | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

April 28, 2012

今、あなたを思います

 雪組東宝『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』初日、その翌日に花組全国ツアー『長い春の果てに/カノン』初日を観てきました。

 ドンカルロス、ちょっともう意味わかんないくらいべしょべしょに泣いた…。
 もともと私の泣きツボを刺激する作品ではあるのですが、大劇場で観たときとは感情の重ねかたがまるで違ってしまっていて。
 こんな涙を流したくはなかったなあ。もっとシンプルに、純粋に、「作品」を観て泣きたかった。それが叶わなくなったことがただただ淋しいです。逆にいえば、大劇場のときにそれをできて本当によかった、わざわざ観にいってよかった、とも思うけれど。

 ショーは盛り上がって楽しかったし、ナガさんのご挨拶もキムラさんのご挨拶もごく穏やかで明るかったし、舞台上は笑顔でキラキラしてたけど、客席からの拍手がもう、千秋楽かと思うくらい熱くて熱くて……
 たぶん客席にいたひとりひとりが、いろんな思いをあの拍手に込めて舞台に送っていたと思う。
 なんだか忘れがたい空間でした。



 公演も観て、CSの会見映像も見て、それでもいま、タカラヅカで何が起きているのかさっぱり分かっていませんが
 でもやっぱり今回の2本立てが本当に本当に好きだなあと思いました。芝居もショーもいまの雪組のために作られていて、楽しくて、華やかで、タカラヅカの幸福感を存分に味わえる。こんな公演に出会えたことが幸せ。
 ちゃんと観て、いまの雪組を自分の目に焼きつけようと思います。
 WEB拍手から見どころも教えていただいたりしたので(ありがとうございます!)、そのへんも含めた感想はまたのちほど。
posted by 白木蓮 at 23:21 | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

April 23, 2012

Many Rivers to Cross

2012/04/23
雪組トップスター・音月 桂 退団会見のお知らせ

雪組トップスター・音月 桂が、2012年12月24日の雪組東京宝塚劇場公演『JIN−仁−』『GOLD SPARK!−この一瞬を永遠に−』の千秋楽をもって退団することとなり、2012年4月24日に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。







 いまだに、自分が目で追っている文字の意味がよくわからない。



 …なんで?



 誤解を恐れずに言ってしまえば、たぶん、私がいまいちばん好きな人が退団発表をしたとしてもこんなショックは受けていないだろうと思います。
 いずれ来るそれが、来るぞ来るぞと身構えていたらチクッと刺してあとからじわじわ広がっていくようなものだとすれば(本当の「そのとき」にどうなるかはまだ分からないけど)
 きょうのは、普通にてくてく歩いてたらいきなり後頭部を鈍器で殴られたみたいな。


 いろんな、いろんな、いろんなことがあってようやく雪組を心底幸せな気持ちで観られるようになったいま
 本当にこれからだと思ってたし、この先の雪組が楽しみで仕方なかったし、覚悟なんて1ミリもできてなかった。
 キムラさんにはこれからの雪組を率いていく権利も資格もあるし、同時にそうする義務も責任もある。
 押しつけがましい言い方だけれど、本気でそう思っていました。
 そして何よりキムラさんの舞台が大好きでした。あの歌声、あの笑顔、あの光、あの毒。ちっちゃいときから、「この人は一体どこまで行くんだろう」と観るたびに思わせてくれた、あの狂気。



 もっともっと観ていたいのに。観られると思ってたのに。

 音月桂というスターは、こんなふうに退めていい人ではないはずなのに。



 今ブログを振り返ったら、「音月桂」カテゴリでいちばん最近更新したのがトップスター就任記事
 それとか、そこからリンク張ってたアルバトロス記事とかを読み返したらなんだかもうわけがわからなくなって声をあげて泣いてしまった。




 私にとっての雪組の、ひとつの時代が終わるのだと思います。
posted by 白木蓮 at 23:44 | 音月桂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

April 17, 2012

宙組の歴史が、また1ページ

2012/04/16
宙組 次期トップスター・トップ娘役について

この度、宙組 次期トップスターに宙組の凰稀かなめ、次期トップ娘役に実咲凜音が決定致しました。
実咲凜音は、2012年5月29日付で花組から宙組に組替えとなります。

尚、トップスター、トップ娘役としての公演は、2012年8月31日に初日を迎える宙組宝塚大劇場公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』〈脚本・演出/小池修一郎〉からとなります。

宙組

■主演・・・(宙組)凰稀かなめ、実咲凜音

◆宝塚大劇場:2012年8月31日(金)〜10月8日(月)
一般前売:2012年7月28日(土)
◆東京宝塚劇場:2012年10月19日(金)〜11月18日(日)
一般前売:2012年9月9日(日)

スペース・ファンタジー
『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』 
田中芳樹作「銀河英雄伝説」(東京創元社刊)より
原作/田中芳樹
脚本・演出/小池修一郎

人気作家・田中芳樹氏による原作「銀河英雄伝説」は、1982年11月に第1巻が刊行され、累計1500万部の売上を誇る大ベストセラーSF小説で、今なお多くのファンの心を魅了し、SFファンに語り継がれている作品です。遥かな未来、限りなく広がる銀河を舞台に、彗星のごとく現れた名将を中心に『銀河帝国』対『自由惑星同盟』の戦いと、人間ドラマを壮大なスケールで描いたストーリー。個性的な数々のキャラクターにより繰り広げられる歴史物語が、新しい魅力をたたえ宝塚歌劇の舞台に初登場です。
なお、本公演は宙組トップスター・凰稀かなめ、トップ娘役・実咲凜音のお披露目公演となります。


 かなめ姫de銀英伝きたーーーーーー!!!!


 いやあ、なんか、
 願えば叶うんだなあ…っていう。(笑)
 ユズキさんでノバボサとか、キムミミでフットルースとか、漠然と観てみたかったものがけっこう実現されていてうれしい昨今ですが、これはもう最たるものです。
 って、私となみさんが舞台版『銀河英雄伝説 帝国編』に出ると決まったときに本編10冊大人買いしてバーッと読んだだけのにわかなので、大して詳しくないんですが(笑)。でも読み終えた瞬間から「ラインハルトとキルヒアイスはテルキタで観たい」って言い張ってたよ!どういうことだおい!(c.f. 2010年11月10日、2011年10月4-5日あたりのついろぐ)

 ことほどさように、原作を読んでいるときから私の脳内では「ラインハルト=かなめ姫」のイメージしかなかったわけですが
 しかし外部で舞台化しちゃうし、20年前に原作者から歌劇団に話を持っていったもののポシャったってどこかで読んだし、もうタカラヅカでやるなんてありえないよね…と完全に諦めてました。
 去年から今年にかけての舞台版は結局帝国編しか観てないけど、そして帝国編ラインハルトのとおりくん(とうりくんって書いてたら「ふりがなは“とおり”です!」とご指摘いただいたので訂正。すみません…)はすごく頑張ってたけど、やっぱりとなみアンネローゼの醸し出す空気が好みすぎて「この世界観で他の配役も観たい…!」と心から思ったなあ。

 というわけでまさかの銀英伝@TAKARAZUKA、です!なんという分かりやすいタイトル!
 え、これはもちろん帝国編ですよね?いやかなめ姫のヤン・ウェンリーもものすごく似合うとは思うのですが(素材がイケメンだからこそあの無造作なかっこよさが際立つというか)、タカラヅカのコスプレ力、宙組のビジュアル力、そしてかなめ姫のあやうさと体温低さと一種の傲慢さを秘めた美貌、を活かす役はやっぱりラインハルト様ですよね?
 まだ設定も配役もさっぱり分からないけど、テルラインハルト、みりおんヒルダ、キタさんキルヒアイス、そしてうららさまアンネローゼ…?とか妄想するだけで荒ぶりすぎて大変なことになっています(私が)。オーベルシュタインはすっしーさんがいいな!とか。

 演出は小池せんせいということで「あ、吉正じゃないんだ^^」と素でびっくりしたのですが(笑)、1本物だし、お披露目だし、小池せんせいが派手に盛り上げてくれるのを期待してます。艦隊戦は映像も使ってギュインギュイン飛ばしまくるのよね!その真ん中で、金髪の孺子(こぞう)=かなめ姫がえらそうに「ファイエル!」って言ってるのよねwktk!


 …はい。

 銀英伝に興奮しすぎて順番が前後してしまいましたが、
 かなめ姫、みりおんちゃん、宙組トップコンビ決定ほんとうにおめでとうございます。
 かなめ姫はここまで来たら勿論、だし、みりおんももうあとはトップになるのを待つばかりという状態だったので、旬のふたりが新鮮にコンビを組むことがすごくうれしいし楽しみです。みりおん幸せになるんだぞーー!(お父さんのきもち)

 ****

 しかしスターさんと役の適性とかはさておき、作品的に銀英伝ならトップ役替わりがあっても全然問題ないのにね…むしろラインハルトとヤンの役替わりとか観てみたいよね…(負担ハンパなさそうだけど)(毛髪の)(えっ)
 なんでロミジュリで役替わりなんだろうなあ、と、あらためて考えてしまったりしました。うーん。
posted by 白木蓮 at 19:12 | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

April 15, 2012

シャイニングリズム初見メモ

 雪組『Shining Rhythm!』初見の感想。

 えっと、めちゃくちゃ楽しかったです!楽しいとは聞いてたけど、こんなにいろんな意味で面白いショーだとは知らなかった(笑)
 とりあえず2階てっぺんから観てて、こんなにも「誰か出てくる→ポジション的にこの人かな?とアタリをつける→オペラで確認→外れる→(゚Д゚)」という行動パターンを繰り返したのははじめてです。それぐらいいろんな人がいろんなところで活躍してたし、香盤順配役で有名な中村Bにしては(失礼)かなりの適材適所ぶりだったと思う!ジェンヌさんへの愛も感じた!退団&組替えメンバーのための演出もすごくよかった…(涙)(カノンのトラウマ深い)
 コンビを組んでもうすぐ1年、ようやく!ようやく!キムミミの王道デュエットダンスを観られたのもうれしかったなー。王道といいつつもかなり肉食系なデュエットでしたが(笑)キムラさんにぴったりだから良し!

 まだ観られてないところや憶えてないところもいっぱいありますが、とりあえず初見メモ。たぶん暴走しがちですすみません。


・オープニング、キムラさんの両脇で微妙〜にゆる〜い感じでビート刻んでるチギまつが面白くて、その時点でものすごくツボに入りました(早!)

・チギまつビートにツボり、そのあと男役の群舞にザーーーッと娘役ちゃんが混ざったと思ったらあっという間にまた娘役ちゃんだけがハケていったので「えっ娘役ちゃんたち何しにきたの!」と思ってツボり、さらにそのあとチギタさんが歌ってまっつさんが踊るという構図が展開されたので「中村Bゆるぎない…!」と思ってツボった。そのあと逆になってたけど。
 いま振り返ると、私ハイテンションのあまり笑いのハードルが下がりすぎててひどい。それもこれも芝居のパパがかわいすぎたせいです(責任転嫁)

・華やかなオープニングが終わり、でっかい題字を背にキムラさんがひとり歌い、そのあと何やらビートの効いたかっこいい音楽が流れてくる…という流れがラブシンフォニーすぎて「おおお壮さんのカジノが始まりそうだわ!」と思っていたら、壮さんとまったくおなじように壁がクルッと回ってチギタさんが登場したのでちょっと吹きました。さすが中村B。
 しかしこの場面かっこよかったー!振付!振付がかっこよすぎる!
 久城くんが良い位置でガンガン踊っていたのでどうしてもそこを中心に観ちゃっていたのですが、みんなかっこよかった。特に咲奈さまがかっこよかった(笑)。「さきさんは私のもの☆」と言っていたさらちゃんには怒られそうですが、咲あんりのコンビが超かわいくて…!!ビバ身長差!!
 オヅキさんの、崩してるんだけど背中のラインが絶対崩れない踊り方も男前だったわー。さすがです。
 あとほたっさんの顔芸&激しいダンスがすごく目に入ってくるのを誰かなんとかしてください(笑)

・センターにいる歌手メンツはあゆ・このみ・さらさのはずなんだけど、どこからかゆめみさんの声が聞こえてくる……と思ったらセリの上にいらっしゃった。おお!ここのゆめみさんとナガさん大好きです。ナガさんかっこいいなあ。

・この場面の娘役はゆめみさん・あゆっち・このみちゃん・さらさちゃん・あんりちゃん、あと久城くんと組んでるすずちゃんぐらいしか確認する余裕がなかったので「意外と歌手がいっぱい出てる場面なんだな」ぐらいしか思わなかったのですが、次の場面が始まったらあゆみ先輩・ひーこちゃん・るりちゃんが板付きで踊っててびっくりしました。もしやさっきの場面てこのメンバー不在だったのか!それであの充実感はすごいな!
 サムライ&インフィニティでも書いた気がするけど、最近の雪娘の層の厚さは本当にすばらしいと思います。みんなかわいいし(重要)

・その頂点にいるのが美海ちゃんでうれしいなあ、とあらためて思う。
 というわけで次の場面は、まつミミとキムミミを拝めてとても幸せでした!まつミミは妙な背徳感があっていいですよね。なんていうの、そもそもの場面設定がそうだからかもしれないけど「大人の男がかわいこちゃんを手ごめにしてる」感が(笑)。そして、それでいて男のほうがかわいこちゃんに翻弄されてる部分もちゃんとあるのがいい!かわいこちゃんがキゲンを損ねたら動揺してオロオロしちゃいそうなのがいい!次(フットルース)の父娘も大変楽しみです^^

・個人的に、男1×娘2はそれほど萌えないのですが(ちょっとならいいけど、ふたりだけで銀橋渡るのとかはあんまり…)(そこに関しては吉正とものすごく気が合わないと思う)トップ娘役がほかの男役と絡むのは大好物なので、今回はまつミミも見られたし、中詰めではチギミミもたくさん見られてすごくうれしかったです。もちろん、最終的にはちゃんとトップコンビが組むという前提ありきですが!

・てなわけで中詰め。
 オオオオオオヅキさんが一号セリで上がってきた!とか、せしるが娘役ちゃん引き連れて銀橋渡っとる!とか、びっくりすることがいっぱいで興奮しすぎて目が足りなくて、そうかと思えばまっつさんが熱唱する横でキムチギが飛び跳ねてたりとか、なんかもうカオス…!詳細さっぱり憶えてない!(笑)

・とりあえずキムチギ場面がおもしろすぎました。たぶん演出的には「男1×男2=萌え」みたいな目論見があったんだと思うけど、潔いほどに色気がゼロ。キムラさんもチギタさんも単体では色気を出せる人なのになぜ…!
 しかもその横でまっつさんはすごい発散系(本人比120%ぐらい)でガンガン歌ってるし。めっちゃくちゃ熱く歌ってるんだけどキムチギにはあんまり興味なさそうだし(笑)
 なんていうか、犬1「おとうさーん見て見てー!ボクつよいよ!(ゴロンゴロン)」犬2「おとうさーん!ボクのほうがつよいよーー!(ゴロンゴロン)」飼い主「………(心ここにあらず)………」っていう図にしか見えなくて悶絶しました。楽しすぎる雪組。

・あと、せしる→コマつん→まっつさん、の歌い継ぎが、せしる「カワイコちゃんたちとウハウハ!Yeah!」→コマつん「お姉さまたちに囲まれてgkbr」(極上美女揃いなんだけど最下があゆみ先輩というスゴツヨメンバー)→まっつ「俺なんて周りみんな男だよorz」っていう流れに見えて、それも面白かったです。各方面に謝れ。
 まっつさんがキングとか咲ちゃんとかそうそうたるメンバーを率いて平澤先生のヘンな振り(ついったーで教えていただいたのですが、マッツマハラジャに引き続いてやっているあの振り、平澤先生は「マッツステップ」と呼んでいるらしい…笑)を踊ってたのも楽しかった!というか今プログラムを見たらナガさんやニワさんもここのメンバーに入ってる…!

・チギミミはほんとにかわいいなー。カルネヴァーレのチギミミが好きすぎたので、久々にふたりの並びを見られてうれしかったです。
 銀橋でふたりがデュエットしてる後ろで娘役ちゃんたちが踊ってるんだけど、センターのあゆっちがすごい勢いでポンポン飛び跳ねてたのもかわいすぎた(笑)

・で、チギミミセンターで中詰めクライマックスかと思いきや、ちゃんと客席からキムラさんが出てくるという。いいですね!王道ですね!
 たぶんここのあたりだったと思うのですが、上手花道にいる久城くんが曲の合間で両隣の娘役ちゃん(さらさ&ひーこ)の腰に手を回したりしつつやたらと戯れていて、そういう振りなのかと思ったら他の男役さんはみんな「隣の娘役と背中を合わせてノリノリ」程度でべつに戯れてなかった(笑)。久城くん、安定の上級生娘役キラー(笑)

・中村B恒例、明るい中詰めのあとのねっとりソロタイム。
 今回はなんと、「蓮城まこと&愛加あゆが送る『ふたりの歌謡ショー』」でした。曲が始まった瞬間ちょっと吹いた。デュ、デュエット!新しいな!
 ふたりとも全力で昭和テイストを出しつつネットリ歌っていてすごく楽しかったのですが、シュガノンのころから雪担的には定番だったキングあゆのコンビが、ついに本公演で銀橋デュエットするようにまでなって…と思うと何やら込み上げるものが。大きくなったねえええええ(遠縁のおばちゃんか)

・BOY先生の「光と影」の場面、「影」のまっつがカッコいい…!みんなのダンスカッコいい…!と惚れぼれしてたら、「光」の人たちが出てきたあたりからどんどんカオス化してきて大変なことに(笑)
 あ、後ろから誰か出てきたーと思って、チギタさんとみみちゃんがいるからじゃあセンターはキムラさんかーと思って、オペラを向けたら「ちょ、金髪ストレートヅラ!」とびっくりして、しかしこういう面白ヅラ(失礼)をかぶってるときのキムラさんの邪悪さたるやハンパないなーと見とれて、そうこうしてるうちに何だか色々あって(おぼえてない)、我に返ったら光も影もみんな一緒にインドのミュージカル映画みたいな感じになってました(呆然)
 たしかプログラムにはエジプトがどうのこうのって書いてあったんだけど、雰囲気があまりに「ムトゥ 踊るマハラジャ」だったので、そうかこれはキムラマハラジャか…!と思ったら一気に腹オチした(笑)。キムラさんのインド風(違)のこぶしを効かせた歌が妙にうますぎて面白さを増している!なんだかもうわけがわからない!しかし超楽しい!

・渾然一体となって踊る影組のまっつさんをふと見たら、私の脳にぽっかりと「涅槃」という言葉が浮かびました。

・フィナーレは正統派で楽しくて華やかでよかったなー。コマつんの銀橋ソロもうれしかったし、翔くんのロケットボーイは爽やかだったし(めっちゃ脚上げてましたね)、がおりんと咲ちゃんが銀橋で歌ってたのも耳に心地よかった!歌える人がちゃんと歌で目立たせてもらえるのは喜ばしい。
 さらに退団者&組替えメンバーもちゃんとフィーチャーされていて…単純に幸せでした。みんなの衣装も黒燕尾とドレスで、すごく正しく「タカラヅカ」な場面だったのがまたうれしかったです。

・中詰めでもフィナーレでも思ったけど、とにかくいっぱいスターがいるって楽しいことだなあ。ここにさらに夢乃クン&大ちゃんが加わるのかと思うと!なんというお祭り感!
 …しかしそこにオヅキさんがいないのがやっぱり淋しい。

・大階段の黒燕尾は、もうとにかく曲が好き(笑)。「パダン・パダン」の歌い回しがキムラさんに似合いすぎてる!そしてあの振付!今回マネしたい振りNo.1はもちろんあの「パダン!パダン!」です。組んだ両手を身体の前からぐるっと持っていって首にひっかけるやつ(伝わらない)

・デュエットダンスはシックで大人っぽく、かつ肉食系で(笑)これもキムミミに合っていてよかった!みみちゃんが一人で先にハケるのかと思いきや、最後までふたり一緒なのもよかった!
 個人的に『シェルブールの雨傘』はとなみさんのイメージが強くて大好きなので、その曲でキムラさんが踊っているというのも勝手にほほえましかったです。


 …というわけで、私の文章では楽しさがまったく伝わらないと思うのですが、東京も通ってさらにツボを見つけたいと思っております。以上!
posted by 白木蓮 at 23:28 | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

April 09, 2012

ドンカルロス初見メモ

 雪組大劇場公演『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』を観てきました。

 楽しかったーーーーーーー!!!

 いやー、華やかでオーソドックスな2本立てって実にいいですね!お芝居はハッピーエンドだし。大劇場作品としては久々に「タカラヅカ観た!」という幸福な満腹感を味わいました。

 『ドン・カルロス』は、ひたすらパパ(まっつ)がドタバタを巻き起こすホームドラマというか、もう本当にパパが頑固一徹かつ超小心者なばっかりに周りみんな大迷惑だよねっていうか、でもそんなパパがかわいくてかわいくて仕方ないよねっていうか、まあ一言でいえば「夫婦の会話は家でやれ!」という話なのですが(笑)
 しかし「ちょwwパパwwwしっかりwwwww」と盛大に腹筋を震わせつつ、同時に盛大に涙が止まらないという不思議な作品でした。
 初見だからなのかと思いきや、2回目に観たら笑いも涙もまさかの大増量(笑)
 初見のときはイサベルとカルロスの霊廟での会話あたりからジワジワ来て(「パパは素直じゃないんだから分かってあげなよ、ママ^^」「そうね、ほんとにあの人はしょうがないわね^^」っていう会話にしか聞こえない)そしたら嫉妬に燃えたパパ本人が来ちゃったから「パパきたーーーー!!!www」ってなって、そのあとの異端審問とかも笑いでヒクヒクしちゃって大変なことになっていたのですが、2回目にみると、最初のカルロスとの会話のところから面白い(笑)。もうすべてがツボに入ってしまい、王座がわりと地味にこぢんまり置かれてるのすら面白い。パパの衣装がモフモフしてるのに、モフモフに包まれた中身(?)の部分がやけに華奢で動きが機敏なのも面白い。幻覚に翻弄されてるのも面白いし任免表をワサワサめくりながら独り言をまくしたててるのも面白い。というか、か わ い い !何もかもがかわいいです、パパ!
 異端審問も、焦って立ち上がって「申し立てる者はいないのか!」とか言うのに誰もいないとおとなしく座っちゃうし。見かねて助けてくれたママに対してはちょっとエラそうだし。ポーザ伯爵とカルロスの仲直りに対しても、一言ぐらい「私が彼に頼んだのだ」とかってフォローしてあげても良さそうなもんなのにエラそうに見守ってるし。基本ぜんぶ他人任せwwwどこのおぼっちゃまwwwww(王家ですよ)
 ニワさんの怖すぎる判決にガーンってなって「なぜだぁぁッ!!」とアワアワしてるとことか、いきなり最後に「今度ミミちゃんが石垣よじのぼったりしたらお仕置きだぞ★」ってドヤ顔で言い出すとことか、ちょっともうかわいすぎるだろ!何なんだパパ!!!

 と、すっかりまっつパパのアホかわいさに骨抜きの私ですが(衝動のままに書き殴ってるので何が何やらですよね…すみません……)
 しかし、泣けるのです。
 あんなに単純な話なのに、泣ける。涙が止まらない。
 『オグリ!』とか『虞美人』もそうなのですが、キムシン×長谷川先生の作品ってときどきワケがわからないほど私の涙腺を刺激してくるときがあって、どうやら『ドン・カルロス』もそうみたい。拭っても拭ってもどんどん涙が流れてきて、幕間は大変なことになってました。
 今回、音楽がすごく好きだったなあ。『バラの国の王子』のときは長谷川先生のゆるやかな音楽の流れがすごく冗長に感じてしまって入り込めない部分があったのですが、今回はそれほどでもなかった。歌で会話するところが意外と少なくて、台詞は台詞、ナンバーはナンバーできちんと区切られてたせいかな。
 メロディラインは安定の美しさだし、あと、キムラさんの甘く抒情的な声があのメロディにすごくすごく合っていた気がします。最初の自己紹介ソングもよかったけど(あそこの歌詞が音月桂という男役像にハマりすぎていてキムシンの宛て書き力こわい)、やっぱり「レオノール、レオノール、レオノール♪」と呼びかける歌声が…!名前を呼ぶだけであんなにも人をうっとりさせることができる声とメロディ。舞台ってすごい。まあ、アップテンポにするととたんに「私には羽根がある♪」になるんだけどね!安心の長谷川先生クオリティ!(笑)
 みんながコーラスする歌もすごくきれいで好きでした。カルロスが投獄されているところも、異端審問のところも、あのコーラスに泣けて泣けて仕方なかった…。

 そしてカルロスという人のキャラクターがとても好きです。ちょっと思慮分別がなくておばかさんなところもあるし、レオノールが訪ねてきたのを勘違いしてヒャッハー!!ってなってるとことか、女心への理解がなさすぎてレオノールへの愛情表現が雑になってるとことか、パパに似てアホかわいいんだけど(笑)
 彼の、人に対する向き合い方が好きです。
 いちばん好きなのは、「なぜその人がそんなことをするのか考えた」と言うところ。父に邪険にされたときも、ポーザ伯爵に密告されたときも、そこで相手を切り捨てるのではなく「なぜ父が、親友が、それをしなくてはならなかったのか」を考える。考えて、答えを出し、受け入れ、赦す。
 なんていうか、ふつうに人として見習いたいと思いました(真顔)。なかなかできることではないですよね。
 その理性的な包容力に加え、キムラさんならではの愛嬌もあって「人に愛される王子」というのがすんなり納得できるキャラクターでした。カルロスが人気者すぎて友人一同のノリもちょっとおかしいもんね。本人がその場にいないのに「\ドンカルロス!/\ドンカルロス!/」とか謎のコールをかけてたりするし(笑)

 そして何より、宛て書きというかジェンヌさんへの愛情が感じられる脚本だったのが本当にうれしかったです。
 カルロスとレオノールを愛して支えて助けてくれるのがリサリサで、最終的にカルロスを窮地から救い出してくれるのはナガさんで、オヅキさんが銀橋センターから「立場が変わっても、おまえはいつもありのままの俺を受け入れてくれた」(大意)とキムラさんに呼びかけていて…
 そんなのもう泣くしかない。
 オヅキさん率いるコーラスに泣き、花道でまっつに訴えかけるリサリサに泣き、そして異端審問でナガさんが「私ならいかがだろう」と名乗りをあげた瞬間、こう来るのか…!と思ってだーだー泣きました。組長さんとしての最後の役に、そしてナガさんのあたたかいキャラクターに、これほどふさわしい役割はなかったと思う。ありがとうキムシン。

 みみちゃんの素晴らしさとかあゆみ先輩の成長ぶりとか娘役ちゃんたちの可愛さとかコマキングがおり(=ヒゲ部)の奮闘ぶりとかチギあゆの面白さ(笑)とか、語りたいことはもりもりなのですが、それはまた東京公演を観つつ。
 ひとまず初見の雑感はこんな感じです!東京いっぱい観たいー!(花全ツとどっかぶりだけど!)
posted by 白木蓮 at 19:43 | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。