November 26, 2009

ヒロインとヒーロー

 あやねちゃん。

 「どうして」よりは「やっぱり」という思いのほうが強いけれど
 ほぼ同じ公演スケジュールで退団したとなみちゃんがDC楽後の発表だったので、まさかこんなに早く出るとは予想していなくて…
 驚いた。


 いくつもの大役をこなしてきたあやねちゃんですが、いちばん印象的なのはやっぱりクリスティーヌ。
 オサ様に対して見せる、聖母のような包容力がたまらなく好きでした。
 その意味でアンナも好きだし、マリーも好きだし、タキジャズもよかったし、コンビを組む前のオサコンもめちゃくちゃ大好き。何度DVDをリピートしたか分からない…!!

 まとぶんと組んでからは、相手と同じ地平に立ってまっすぐにお互いを見つめ合っているような、リアルな存在感を放つ「等身大の女の子」像がかわいかった。
 もちろんキハの硬質な美しさは忘れがたいし、ショーではカッコいい役もこなせるようになったけれど、好きな役と言われて思い出すのはフェリシア。それからサリー。
 ミーマイで退団を決意したというのを見て、すごく納得しました。ほんとにかわいくてほんとに幸せそうだったから。
 あんなにラブラブバカップルなビルとサリー、はじめて見たなあ(当時の感想はコチラ


 退団を聞いたときのまとぶんのコメントがまたステキすぎてどうしていいか分かりません。

 VIVAマトアヤ…!!!!

 ・°・(ノД`)・°・

 クリスティーヌでデビュー、数々の大役を経て実力も貫禄も身につけ、タイトルロールで退団。
 トップ娘役としてはこれ以上ないほどに美しい道だけれど、やっぱり淋しい。
 マトアヤだいすきです。
 最後まで素敵な夢を見せてください。
posted by 白木蓮 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 24, 2009

霜月

・お声掛けをいただきまして、花組千秋楽を観ることができました。
 本当にありがとうございますm(_ _)m

・Life Exciterの場面、もう天まで突き抜けそうなほどのいい顔で伸び伸びと踊るマメに号泣。
 ダンスの合間に周りの人と抱き合う姿を見てさらに号泣。

・マメが舞台にいる時間はほとんどマメを観ていた…と言っても過言ではないくらい、ひたすらマメを凝視していたのに(だからこそ、かもしれませんが)
 彼がタカラヅカからいなくなってしまうことがどうしても信じられなくて、客席で泣いたり笑ったりしながらもやっぱり信じられなくて、未だになんだか信じられずにいます。
 しみじみと淋しい。
 日向燦という稀有なタカラジェンヌをもう観られないことももちろんだけれど、
 日向燦がタカラジェンヌで居続けられなかった、ということそのものが淋しい。
 トークスペシャルやスカステのインタビューを見るにつけ、今のタカラヅカという場所は日向燦には狭すぎたのだなあ…としみじみ思ってしまったので。
 マメにはもっともっといろんな挑戦をしてほしかったし、できたはずだとも思うけど、でもやっぱりタカラヅカでは限界がありすぎたのかなあ、と。
 そのことが淋しい。
 そして、それでもなお
 他のどこでもないタカラヅカで、もう少し彼の舞台を観たかった…と思わずにはいられないのです。
 往生際悪いなあ。でも淋しい。

・そんな私の勝手な物思いを吹き飛ばすかのごとく
 舞台上のマメは、本当に晴れやかな笑顔でタカラヅカに別れを告げていきました。
 美しかった。
 彼女が今後どういう方面へ進むのかは分かりませんが、新しい場所が彼女にとってより広く、より自由な場所であればいいなと心から願っています。
 卒業おめでとう。

・なんだか本当あっという間に花組公演が終わってしまいました。
 楽しかった…!!
 雪組の直後だったわりにはけっこう回数観たなあ(芝居をスキップした回もかなりあるけど)
 後半戦になるとマメ・しゅん様・よっち・ルナちゃん・アーサー・いまっち・ゆまたん・姫花タソばっかり追いかけていたので、センターで何が行われていたのか実はあまり知りません。。なんてこった。
 トークスペシャルの直後に前方席で観劇して、Wトリオのいまっちをガン見してたらバシバシと目線をもらえたのもいい思い出です(笑顔)

・とりあえず最近よっちが好きすぎて困る。
 Mr.YUの場面の、「『どこから見てもイケイケ』なはずなのに生活感あふれてるサラリーマンぶり」とか!!(笑)
 いや、あの場面のサラリーマンたちはなぜかみんな「仕事に疲れてる感」をかなりリアルに醸し出しているのですが(めぐむとかめぐむとか)
 でもめぐむさんとかしゅん様とかはまだ営業畑っぽいというかリゲイン飲んで24時間がんばりそうというか、ホラだいもんあたりはリゲインなしでも30時間くらいがんばれそうじゃないですか(何の話だ)
 それがよっちは何かこう、
 総務課っぽい…!!
 リゲインじゃなくてキャベジンとか飲んでそう…!!!
 (*´∀`*)
 (失礼すぎますよ)
 そんなよっちが愛おしくて仕方ない今日このごろ。

・花楽観劇のあとに飲み会があったのですが
 2時近くに帰宅して、そのまま明け方まで『オグリ!』を見て、意味がわからないほど大泣きして、寝て、腫れあがった顔で朝を迎えました。
 つい1週間前にも、友人宅で見て泣いたばかりなのに。
 なんでここまで『オグリ!』に涙腺を刺激されるのか自分でも謎。

・WEB拍手から『カサブランカ』はいつご覧になる予定ですか?とのご質問を下さった方、ありがとうございます!
 実は3連休で行くつもりだったのですがポシャりまして、東上待ちになりそうなのです。
 ということは年明けか。遠いなあ。
 ナウオンもしっかり録画済みなのですが、基本的にナウオンは舞台を観てから再生するようにしているので、こちらも少し先になるかもしれません。
 しかしコメント拝見して、やっぱり強烈に行きたくなりました…まゆすみ…!!!(食いつくのはそこか)
 もし年内に観劇していたら笑ってやってください。

・気づけば11月も末。
 街のイルミネーションが刻々と派手になってきて、よーし年末だ!とスパートかけたい気持ちにもなりつつまだちょっと早いかな、みたいな微妙な時期ですね。今から走るとフライングしちゃうかなみたいな。そんなくだらないことを考えているのは私だけかもしれませんが。
 とりあえずそろそろ、毎年恒例のクリスマスCDを解禁しようと思います。
 1曲目のらんとむに赤面するのが楽しみ☆
 …毎年少しずつ、参加者のOG率が上がっていくのが淋しいけれど。
posted by 白木蓮 at 23:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 21, 2009

つれづれ

 しばらくさぼっていた間に、ラインナップが出たり(かなめ姫東上主演おめでとう!!)ウメヅさんの事務所が決まったりあすかちゃんの事務所が決まったりしてました。
 二人ともきれいだなあ。久しぶりに見られてうれしい。
 となみブログにキムくんDSの記事がでたのもうれしい。うふ。


 3連休ですが、用事が入ってしまったのでムラにも名古屋にも行かずボーッとしております。
 名古屋、キタさんと杏奈先輩のご当地なんですよね…行きたかったなあ。
 雪景色も観たかったなあ。らんとむにも会いたかったなあ。
 などと悶々としつつも家でスカステ消化。
 先月放送の星組スカステトーク(れおん・ともみん・ベニーのやつ)を途中までしか見てなかったことに気づいて後半を見たのですが、もう…
 あまりにも全員アホすぎて愛おしすぎた(笑)
 特にともみんとベニーふたりだけのコーナーが大変なことになっていて、笑うというよりもむしろ脱力しました。
 特筆すべきは「かなめ姫の口真似をするベニー」。まだ見てない方はぜひご覧になってみてください。


 遅ればせながら、そしてとても不十分な内容ながら、
 昨日の欄に花組トークスペシャルのレポをアップしてます。
 あした千秋楽か…早すぎる。
posted by 白木蓮 at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 20, 2009

今さらトークスペシャル

 公演の感想もほとんど書いてませんが、花組トークスペシャルin東京の感想を書きかけたまま放置していたので上げてみる。

 今回のトークスペシャル参加者はマメ、いまっち(真瀬はるかくん)、あまちゃき。
 このメンツで楽しくないわけがない!!
 と期待して行ったのですが、期待以上に楽しかった(笑)
 そして、覚悟はしていたけれど覚悟以上にウルウルもさせられました。
 司会のタケシタさんがあんなにしゃべらなかったトークショーというのもなかなかないように思いますが(マメの寸劇が始まると司会いらずになるため)、でもタケシタさんはマメのことがすごくお好きなのか、退団に関しての話をたくさん引き出して下さって。
 「もう…今からでも、やめるのやめませんか?」
 とまでおっしゃり、その瞬間に客席から大拍手が湧くという場面も…!(涙)
 すごくあったかいトークショーでした。
 マメのいまの心境だとか、これまでの舞台へのこだわりなど、貴重な話をいっぱい聞くことができて、本当に行ってよかった。

 と、後半は涙なくして聞けない展開だったのですが
 しかし参加直後に書いたメモが前半の小ネタのみで終わってしまっているので、後半の詳細をお伝えできないのが残念。
 CSで流れたらぜひともご確認ください(丸投げ)

 前半はいわゆる公演話というか楽屋話で、もうひたすら爆笑。
 マメの「過剰なサービス精神」(本人談)もすごいけど、いまっちのネタ拾いっぷりがハンパない!!
 今回のトークでいまっち大好きになりました。
 『太王四神記』新公のヒョンゴがきれいで上手くて、そのあとスカフェに就任したらまたきれいで上手くて、もともと注目してはいたのですが…ここまでデキる奴だとは思っていなかった(笑)
 笑いのセンスがあって、しゃべりがうまくて、頭の回転が速くて空気読める人ですね。
 しかも美形。
 おまけに学生時代ラグビーをやっていたらしい。
 ギャップ萌え。
 パーフェクト。

 いちばん印象に残っているのは、ベルばらの大劇場集合日について振られたときの話。
 おそらくタケシタさんは、マメの退団発表があったことを鑑みてそのネタを振ったと思うのですが、事態は思わぬ方向に(笑)

 「集合日の様子って、ファンの方にはあまり分からないんですかねえ?」
 「そりゃまあ、ファンの方はお稽古場にはいらっしゃいませんからね(笑)」
 「あー、禁断の世界ですねー」
 みたいなやり取りののち、
 マメ「では、その禁断の扉を少しだけ開けることにして…
 (隣のいまっちに)私プロデューサーでいい?」


 え?


 Σ(゜Д゜;)))

 (一瞬あっけにとられる客席)

 てっきり「集合日の様子を話してくれる」のかと思いきや、どうも「集合日の様子を実演してくれる」気でいるらしいマメ。
 で、ふつうの口調でそう言ったマメにやや戸惑いを見せつつも
 「あー、はい、そうですね」
 とふつうに返すいまっち。
 何なんだ。レベルが高すぎる…!!

 そして始まる集合日コント。
 マメ「これより、花組大劇場公演『外伝ベルサイユのばら−アンドレ編』『EXCITER!!』を集合いたします。礼!」
 (マメ注「プロデューサーさんはあまり人の前で話すのに慣れていないので、言い回しは硬い感じ」
 いまっち、あまちゃきは生徒役で、マメの号令に合わせて礼。

 そのあと演目の説明、先生方のご挨拶があるそうなのですが
 先生が紹介されるたびに生徒は起立。
 でも「前にいる上級生の方が立ったら立つ」ので、下級生エリアが立つか立たないかのうちに、挨拶を始めた先生から
 「どうぞお座りください」
 と言われる。
 座る→様子を見てソロソロと立つ→立ったと思った瞬間パッと座る、の繰り返し。
 顔は真剣なのに身体がグラグラしっぱなし(笑)
 これを流れるようなトークで説明しつつ、プロデューサー役から先生役に転じて
 「どうぞお座りください」
 とか言ってるマメと、立ったり座ったりアワアワしまくりな生徒を実演するいまっち&あまちゃきが面白すぎて…!!!
 腹がよじれました。
 ていうか集合日のたびにこんなことをしているのか。
 やっぱ深淵だな劇団(笑)

 で、
 「残念ながらこの公演で退団する生徒が…」という流れに。
 もちろん同期や近い人で事前に知っている場合も多いのでしょうが、内部といえども知らないこともあり、また知っていても知らないフリをしていないといけなかったりして、毎回みんなドキドキしている。
 マメ「いやー、あれはびっくりするよね」
 いまっち「そうですよ!びっくりしましたよマメさん!!!」
 マメ「もうみんなすごくリアクションが大きいので…」
 いまっち「『えーーーーーーーー!!!!』という」
 このいまっちの「えーーーーーー!!!」がすごかった。
 「い」と「え」が混ざったような音というか(笑)
 ちなみにびっくりされる側のマメは、退団者の挨拶がちゃんとしゃべれるかどうか不安すぎてそれどころじゃなかったらしい。
 そしていざしゃべったら緊張して声が裏返ったらしい。

 そのあと休憩を挟んで本読み。
 この休憩が10分くらいしかなく、役も発表されたばかりで自分の台詞も分かってないので、読めない漢字があると大変。
 いまっち「ここをわざわざ漢字に!?っていうところが漢字になってたりするんですよね」
 マメ「うん。たとえば?」
 いまっち「たとえば…『即ち(すなわち)』とか」
 マメ「あと、『うるさい』とかね。ここ漢字!?っていう」
 いまっち「ごがつばえーーー!!みたいな」
 ごがつばえー!をシャウトするいまっち。面白すぎる。
 確かにルサンクとか見ると「五月蝿い」って書いてますよね(笑)

 なので本読みの進行中、隣の同期にコソコソ読み方を確認したり、そっと身体をよじって携帯で読み方を調べたりするそうです。
 これは「後ろのほうにいる下級生しかできない」らしい。そりゃそうだ。
 先生方もすぐには正しい読み方を教えてくれなくて、
 いまっち「あ…」←台詞に詰まった様子
 先生役マメ「(沈黙)(ちょっと咳払い)」
 いまっち「………………」
 マメ「…『うるさい』」
 いまっち「『うるさい』!」
 みたいな感じで生徒が追いつめられるのを待ってるそうな(笑)

 あまちゃきは中日ですでに子アンドレをやっていたので、本読みの時点で「訛る」ことは分かっていたんだけど、どこまで訛っていいのかわからなくて混乱したらしい。
 タケシタさん「あれはどうして博多弁なんですか?」
 マメ「始まる前に方言オーディションがあったんですよ。いろんな方言で」
 いまっち「で、植田先生が『それ、おもしろい!』と言われて…」
 マメ「ん?植田先生が何て言ったの?」
 いまっち「『それ、おもしろいっ!!!』」←渾身のモノマネ
 い ま っ ち … ! ! !
 (゜Д゜;))))))
 1回目に言ったときは「ひっそりこっそりウエダ先生テイスト入れてみました」ぐらいの感じだったのをマメがすかさず拾ってもう1度言わせる、奇跡の連携プレイ(笑)
 いいのか?それはいいのか?と真顔で訊きたくなるほどの捨て身っぷりでした。
 一瞬真剣に彼のタカラヅカ生命を案じてしまった。
 でも「いや、いまっちの実力と賢さとタフさをもってすれば植爺のモノマネなんぞ取るに足らないよな」とか思えてしまうのがまた彼の恐ろしいところだ。ぎゃー。


 あと面白かったのが、マメのすみ花語り。
 『オグリ!』のアドリブの話で、1度違うことをやったら毎回変えないといけない!と思って必死に考え、毎日緊張しながらカラッポの客席に向かってアドリブのお稽古をしていたマメ。
 意外と小心者なのでアドリブもきっちり練習しないと出られないし、出番前もすごく緊張するそうなのですが、一緒に出るすみ花は横でニコニコと
 「大丈夫ですよ〜、なんとかなりますよ〜」
 と言ってたらしい(笑)
 で、いざ出てマメが滑っても、何も助け船を出さないらしい(笑)
 二人してシーーン、みたいな。
 さすがだ!すみ花!!
 「いやあ、あの方も肝の据わった方で…」
 みたいなことをしみじみ言うマメがすごくツボでした。
 「肝の据わった」という表現をしていたかどうか、詳細が定かではないのですが。とにかく大物だと。
 あの日向燦さんにそこまで言わせるすみ花はやっぱりただ者じゃない(笑)
 舞姫に銀ちゃんにオグリ、たまたまかもしれないけどマメとすみ花が一緒に出てた舞台はどれも面白かったなあ…!
 メランコリックの、ティーナと店員のやり取りなんかも。
 いろいろとなつかしく思い出してしまった。


 そんな感じです。
 くだらない部分しかレポってなくてすみません。
 でも本当に本当に楽しかった!!
 幸せな1時間をありがとうございました。
 もうあまり時間がないけれど、マメ、最後の舞台まで楽しんでください!
posted by 白木蓮 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 16, 2009

時代

 大浦みずきさん。


 私がナマで舞台を拝見したのは3回、
 『NEVER GONNA DANCE』
 『RED SHOES, BLACK STOCKINGS』
 『DANCIN' CRAZY』。

 どれも、まるでブロードウェイでキャリアを重ねた女優さんみたいな日本人離れした洒脱さ、動かす空気の大きさ、卓越したショースターぶりに圧倒されました。
 宝塚現役時代は映像でしか見ていないけれど、映像を通して見ただけでも、そして退団後の舞台から想像しただけでも
 ほんとうに粋で優雅で恰好いい人でした。
 『なつめの夜の夢』にも行くつもりでした。

 いなくなってしまった、ということがちっとも実感できない。

 大浦さんという方がいなければ、私の大好きな朝海さんや風花さんや、そのほかたくさんのスターさんたちもいなかったかもしれません。
 あまりにも大きな存在が、あまりにも早く失われてしまった。


 心からご冥福をお祈り致します。
posted by 白木蓮 at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | OG・外部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 15, 2009

全ツdeブラボー

 雪組全国ツアー公演『情熱のバルセロナ』『RIO DE BRAVO!!』観てきました。
 たぶん今回はこれが最初で最後。
 関東圏での公演が少なすぎる…ううう。

 とりあえずショーのキャスティングがいろいろと面白かったので、先にそっちのメモを。
 全体的に、いろんなポジションをいろんな人が分け合っていて見せ場がいっぱいで超たのしかったのですが
 とりあえず



 オヅキさんが三番手。



 そして



 杏奈先輩が萌えキャラ。



 さらに



 あずりんが中詰めの歌手入り。



 …何ということでしょう!!(千秋楽のヘンリー執事)

 オヅキさんの扱いに震えつつ杏奈様に悶えつつ、あずりんを始めとする意外なキャスティングにときめきつつ、の楽しい1時間でした。
 演出やSEも全ツ用に少しずつ変えてあって観やすかった。サイトーくんGJ☆

 役替わりメモばかりになってしまうかもですが、簡単に覚え書き。


・ピンクのキャプテンはせしるん。
 そしてCAがあゆみちゃん!おお。
 華やかでカワユス。歌もがんばってました。

・せしるんのアナウンスでご当地アドリブあり。
 「興奮の乱気流、感動の暑気あたり、落花生の食べ過ぎにはくれぐれもご注意ください」
 とか(笑)
 行き先案内も
 「スペインはバルセロナから、ミズさんのふるさと千葉県を経て、リオデジャネイロへと飛行してまいります」
 という感じに変更。

・大きさは変わってたけどキリスト像は健在だった(笑)

・ハマコさんの「リオ!!!!」がまた聞けてうれしい。

・みなこちゃんがキタそらに挟まれて登場。86期シンメうれしすぎる。
 そらちゃん緑パンツおめでとう!(←本公演では下級生と同じく白パンツ+黒ブーツ、だったので)

・プロローグのひろみたんはキムくんポジ。
 歌わずにダンスだけ、しかも銀橋なしというのは相当ハードル高いと思いますががんばってました。
 1ヶ月でもっと存在感が出てくるといいなあ。

・ピラニアは天舞音さらちゃんと、新メンバー杏野このみちゃん。
 カワイイさらちゃんと超美人のあんこちゃん…眼福(´∀`*)

・ゴッドファーザーはオヅキさん。
 白いスーツがカッコよすぎる!ニヒルすぎる!!!
 「あいつ探し出すのだ〜♪」
 が、もう「見つけたら生きては帰さねーぞコラ」ぐらいの勢いでヤクザオーラ全開なのが…
 オチを知っていると面白くて仕方ない(笑)

・久城あすくんはソフトを目深にかぶっていてもアゴの形で誰だか判別できるなあ。

・ここで最強萌えキャラ杏奈さま登場!!!!
 か…かわええ……
 ・:*:・(*´∀`*) ・:*:・
 何だあのドジっ子メガネキャラ。
 しかも杏奈先輩だけに、ボサボサの髪型とかメガネとかディテールへのこだわりがハンパない!本当かわいすぎる!!
 ニワニワ店長との同期コントがまた。やばい。
 杏奈先輩をガン見しすぎたため、イパネマガールズをほぼ確認できておりません。
 かぐやちゃんの衣装をゆりんちゃんが着てたのは見た。
 あと上手のほうにひーこちゃんがいたのも見た。

・そらコマのところがそらみれいに変わってましたが、みれいたんの衣装がやたらオサレな気がするのは気のせいでしょうか。
 コマつんもあんな柄のシャツだったっけ??

・そしてめっちゃ楽しみにしてたコパガールズキター!!
 うわあ!うわあ!!期待を裏切らない仕上がりですよ香音さん!!!(喜びすぎ)
 もうひとりの男役コパガールは朝風氏。
 これには意表を突かれました。朝風くん…!!
 なんていうか
 明らかに女装が似合いそうなタイプ(e.g. みうと、キング、せしる)ではなく、かといってネタになるほど似合わないタイプ(e.g. オヅキ、香音くん)でもなく、こう…
 しみじみと似合わない感じのリアルな気持ち悪さがたまらんかったです(ものすごく失礼ですよ)(いやその、きちんと男役ができてるという意味で!)
 デカイ図体でニカニカ笑いながら迫る香音くんもいいし、ほんとにオカマバーにいそうな朝風くんもイイ!

・本公演のコパガール陣ではゆめみさんのキレキレな動きが大好きだったので、見られなくなってしまったのが残念なのですが
 本公演とはカツラを変えてより可愛くなったリサリサを堪能しました。
 きれいなお姉さんだ〜。

・ちなみにゆめみさんは美穂さんポジ。
 いっぱい美声を聴けてうれしい。

・コパガール見すぎてジュリーな彩吹さんをあまり見られなかった…。
 だがしかし、さゆポジのかおりちゃんがキュート!セクシー!!コケティッシュ!!
 小悪魔系でめちゃ可愛かったです。

・香音くんに怯える彩凪くんが、子犬のようにかわいい。
 最後に香音くんと組んだせしるは、本気でイヤそうだった(笑)

・ゴッドファーザーのオチが素敵すぎる。
 ま、まさかの○○ふたたび!!
 (゜Д゜;)

・ていうかみなこちゃんの年齢設定が謎(笑)

・杏奈先輩最強。
 デヘ。

・きょうの夜公演は総見だったようで、ガロ様がグラサンを外すところ(本公演でイパネマガールたちが「キャー!!」と言っていたところ)で、2階席から「キャーーー!!!」という歓声が(笑)
 ガロ様思わずニヤニヤ。
 そしたら出てきたひろみクララが「今日こそあんたの正体を暴いてやるわ!!」を噛んで
 「今日こそあんたのしょ…っ、捕まえてやるわっ!!」
 とムリヤリ尺に合わせて言い直した(笑)
 ガロ様、「ん?」みたいな感じで耳に手を当ててニヤニヤ。
 楽しそうでした。

・警察署長はニワさん、チギがおりがやってた署員はぐっちょん&みうと。
 この二人、お化粧するとなんか似てる…輪郭とか。

・キムまゆみハマコチームが、オヅキヒメハマコチームに。
 ひいいい!!!濃い!!!!!
 本公演も「THE雪組」って感じで濃かったけど、全ツも負けず劣らず濃い!!!
 オヅキさんはチュムチみたいなモヒカンヘアでした。
 ただでさえ大きいのにさらにデカイ(笑)
 そしてかっこいい!
 ナチュラルに少年ぽかったキムラさんとはまた違い、ちょっと若作りしてるふうなのが好きー。
 ダンスもかっこいいなあ。
 キムラさんは「コイツいつまでがんばっても泥棒業でガロに勝つのは無理だろうな」的なほほえましさがありましたが、オヅキさんは次回ぐらいにはガロを出し抜いて大物つかめそうです。

・署長逮捕のくだりは、なぜか最後で署長が店長に化けるトラップ。
 ニワさん最高。

・ガロクララのカゲソロはさらちゃん。
 本公演のこのみちゃんは中性的な感じのアルトが魅力的だったけど、さらちゃんは娘役さんらしい優しい歌い方で、すごく柔らかい感じの場面になってました。
 カゲソロひとつで雰囲気がずいぶん変わるんだなあと感心。

・中詰めは
 いづるんコマせしる→きゃびいせしるキング
 チギみみあゆ→ハマコあゆみゆりん
 さゆキタハマコ→かおりそらあずりん
 キムくん→オヅキさん
 だったかな?たぶん。
 きゃびいが普通に上手くて立派だった!頼もしい娘役さんになったなー。

・正直、チギパートを歌うハマコ先生が上手すぎてぶったまげた(笑)
 何あの余裕のスタアぶり!!すげー!!
 「セニョリータ、見せてあげるよ♪」のところでバチッとウインクされてました。射抜かれた…。
 しかも両脇にいるのが超カワイコちゃんズ、という。
 お芝居のハマコさんがすごいエロ全開なので、そのイメージもあり、一瞬あゆみ&ゆりんの身を案じてしまった(おい)

・そしてかおりそらあずりん…!!!
 スターさんぽいあずりんにびっくりしすぎてウルウル。
 美貌もオーラも歌もバーンとしてるかおりちゃんと、彼女にかしずく美青年2人、の風情がたいへん美味しゅうございました。
 そらちゃんの「ステキな君♪」の歌い方がかーわーいーいーー。
 あずりんの声はやっぱり好きだなあ。

・お待ちかねサンバデジャネイロはオヅキ氏!
 すごい!濃い!かっこいいかっこいい!!!!
 どうしよう〜。ふつうにメチャかっこいいんですが。
 ああ、私の見たかったスターオーラギラギラな緒月さんだ…(感涙)

・今さら言ったって何の意味もないことは重々承知ですが
 もう…もう、なんでこの人に新公主演させなかったんだろう劇団のバカバカ!!
 立場を与えられればここまでできる人なのに。
 いや、もちろん路線がすべてではないけど。でも1回くらいはチャンスがあってもよかったじゃん劇団のバカバカ!!!

・と拳を握りしめつつキャリオカ。
 ここも美穂さんポジはゆめみさんで。
 バックダンサーはせしるキングの2人のみ。男役ダンスを磨くチャンスですね。がんばれー!!

・ランバダのまゆみさんポジはじんじん。
 キタさん余裕のリード。
 脇はあまり確認できなかったのですが、さとちゃんやみうとくんが一生懸命色っぽい顔をして踊ってたのが印象的で楽しかったです。

・ポンポンタイム、ポンポン率の高さにびびった。東宝より多かったような…?
 動きも揃っててすごかった。市川おそるべし(笑)
 コアファン率低い会場だとどうなるのか、ちょっと気になります。

・ミズさんの背負い羽根が変わって、客席にぶつかっても危険じゃなさそうなやつになってた。

・中詰め後の5人でオラオラするやつは、ミズみなゆみこキタかおり。
 このへんで緒月スキー的に感無量すぎて記憶がとぎれる(だめじゃん!!)

・ヒップホップ、本公演で入ってなかったメンバーが多くて大変そうだったけどみんなすごいがんばってた。青春ぽかった(笑)
 ダンスリーダーは間違いなくひーこちゃんでした。かっこよすぎ!

・イグアスの場面は、『BLUE MOON BLUE』を踏襲した新場面に。
 杏奈ちゃんが蝶として舞い、アーミー水さんが「ENDLESS DREAM」を歌い、そこに赤い花@みなこちゃんと蛇@ゆみちゃんが絡んでいく、みたいな感じ。
 こんなところでエンドレスドリームを再び聴くとは思わなかった…(笑)

・とりあえずミズさんの迷彩が似合いまくりでかっこいい!
 ゆみこちゃんの蛇は、話を聞いて予想してたよりもビジュアル的にイケてて安心(ごめんなさい)(だってリカさんみたいな髭をつけてたらどうしようかと…)
 普段ゆみこちゃんがガッツリ踊るのってあまり見る機会ないけど、動きが滑らかで妖艶できれいでした。
 みなこちゃんはとにかくスタイル良しで赤い花の衣装が似合う!

・しかし単体で見るとそれぞれいいのに、
 そしてミズゆみもミズみなも色っぽくていいのに、
 3人が一緒に絡むとなんか食い合わせが悪い気が…。
 初めて見た「みなこ×ゆみこ」の組み合わせがあんまりしっくり来ないからかなあ。
 単に赤い照明と緑の照明のぶつかり合いが気持ち悪かった、っていうのもありますが(笑)
 なんであんなドギツイ色の照明をぶつけるのー!と思いつつ、そういえばこの悪趣味な感じがサイトーくんぽくて懐かしいなあ、とも思ったり。

・BMBからパピヨンになるくだりは、ちょっとやっぱり唐突。
 杏奈ちゃんの蝶が一応つなぎ役になってはいるんだろうけど…うーん。

・でもパピヨンの場面は好き。
 キムくんの歌はひろみちゃん。
 今回キムくんパートのなかでも難しいパートを割り当てられて、実際の出番バランス以上に割を食っている感がなくもないのですが…
 これを機に歌い方や音域の幅が広げられると思うので、がんばって!

・ロケットが怖かった…いろんな意味で(笑)
 だって香音くんとかみれいたんとか朝風くんとかぐっちょんとか!!
 ひー!男らしすぎる!!
 いや、次の場面がゆみこさんと娘役なので、男役が多くなっちゃうのは仕方ないんだけど…怖い。
 しかも体を塗ってない人が多いためか、みんな上半身は褐色の肌着みたいなのを着ていてそれも微妙に怖かった(笑)
 下級生娘役さんの笑顔に癒されました(真顔)

・黒いオルフェの男役群舞は、ロケットに出てなかった上級生メイン。
 ハマコニワニワひろみキタそらせしるキング、とか。
 そしてなぜか下手端にちょこんと彩凪くんが。
 なんで?と思ったら、キャプテンで出てたからロケット出れなかったんですね。
 うっうっ…彩凪くんのロケットなら見たかったよ…。
 (ロケットが何かのトラウマになったもよう)

・「風になりたい」の退団者パートで踊るのはご当地の人なのかな?
 きょうはミズ先輩がひとりで照れくさそうに踊ってたので。

・「足跡のない道」をまた聴けたのがうれしい。

・パレードのセンター降りは、エトワールヒメちゃん→ゆめみ&そらちん→せしるキング→オヅキかおり→ひろみたん(キムくんの衣装)、の順番。
 そそそそらちゃんがセンター降り!!すごすぎる!!!
 オヅキかおりの並びにもなんか感動。

・シャンシャン代わりに持っていたバトン?が全ツではポンポンに。
 緞帳下りる直前の音楽も、サンバデジャネイロをアレンジしてみんなで「右、左、したうえ!」をやるという。
 これで最後も心おきなくポンポンを振れます。


 あーもう見れないの淋しいなー。
 これから1ヶ月、各地でおいしいもの食べてがんばってください!!
posted by 白木蓮 at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 12, 2009

一等星たち

 マメ・いまっち・あまちゃきのトークSPが面白すぎた!とか
 花組本ツボがいっぱいでどうしようとか
 エキサイターの実況CD買っちゃったよーとか
 全ツリオデブラボーの役替わりが楽しそうなことになってるなぁとか
 香音くんがコパガールやってた気がするのは気のせいだろうか…とか
 カサブランカ稽古場の蘭寿さんが相変わらずカッコイイ!とか

 書きたいことはたくさんあったのですが。

星組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(星組)
百花沙里
琴まりえ
梅園紗千
彩海早矢
天緒圭花

   2010年3月21日(星組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

美春あやか  2009年11月12日付で退団

 なんだか、もう、ほんとに。

 星組の根幹を成していたと言ってもいいくらい、もっとも星組らしいスターさんたちばかりが…。

 うまく言えないけど
 ただただ、ひたすらに淋しいです。
posted by 白木蓮 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 10, 2009

進化するK

 どさくさにまぎれて、音月桂ディナーショー『The K-ing.DOM −進化するK−』を観てきました(どさくさにまぎれすぎ)
 日曜日に行って、月組さん観て、DS行って、夜行バスで帰ってきて、そのまま仕事、みたいな。
 ここ数年は避けて通っていた弾丸ツアーでさすがにぐったり。
 でも、無理をしてでも行ってよかった…!!!
 本当に幸せな、夢のようなひとときでした。

 1曲1曲の細かい演出などはほとんど憶えていないのですが
 とにかく良い意味でサイトーくんらしい(笑)全体的にポップで明るく、生命力に溢れた感じのDSだったなぁというのがいちばんの印象。
 稽古場風景から予測できたように選曲がキャッチーだったことも勿論あるんだけど、それ以上に全体の空気が若さスパークリング!というか。
 (ぜんぜん関係ないんですが、エキサイターでもまあくんが「若さスパークリング♪」って歌ってるのにちっとも赤面しないのはなんでだろう…笑)
 コーラスメンバーも若くて可愛くてハジケてるし、キムくんもすごく溌剌としてて、しっとり系の曲も重くなりすぎずに聴ける感じ。
 何よりキムくんスキーとしては、(当たり前だけど)最初から最後まで歌いまくるキムラさんを堪能できたのが嬉しかった!
 ポップスからスタンダードまで何でもござれ的な。
 キムくんの歌は重くはないけれど「濃い」ので、すごくお腹いっぱいになる(笑)
 個人的にはガツンとビート刻む系のポップスがいちばん好きだなと思いました。クイーンとか。

 ほんと記憶がごちゃごちゃなので、セットリストを見つつ簡単な覚え書き。です。


【Ksメドレー】
 ♪序曲(東風)
 ♪KOIのブンブンダラー
 ♪Karma Camereon〜女の子の気持ちは分からない
 ♪白い霧の中で −K×K presents−
 ♪KONO胸のときめきを


 やばい、すでにどんなだったか憶えてない(笑)
 冒頭はKにまつわるいくつかの所以曲のメドレー、ということで。
 しょっぱなからガンガン飛ばす感じの曲調。
 印象的だったのはやはり「Karma Camereon」かな。ドリキンでここの部分が大好きだったので懐かしかった!!
 「K&Kプレゼンツ」というのは、作詞の公文健先生&作曲の岸一眞先生という、イニシャル「K・K」のお二人が書き下ろして下さった曲だそうです。


【K-nave】
 ♪カリオカ
 ♪朝日が昇る前に


 カリオカは、『Rio de Bravo!!』のカリオカ。
 キムくんが歌うとなんか新鮮。
 本公演とはまた違う、熟しきる前の(笑)色気があってよかったです。
 「朝日が昇る前に」は、ギャツビーの曲?
 同じ日の午前中に月組公演を観て泣いたせいもあると思うけど、1年前、日生劇場の2階席から見ていた風景をやたら鮮明に思い出した。
 すごくストレートに届いて、琴線に触れてくる歌声でした。


【K-iss】
 ♪Kiss of life
 ♪Winding Road
 ♪Kissして


 このへんからサイトーボルテージ全開(笑)
 私としても、友達とドライブ中にヘビロテしてた曲とか友達が結婚式で歌ってた曲とか、そういう思い入れのある曲が多くてすごく楽しかった!
 タカラヅカで平井堅を歌う人といえばオサ様ですが(勝手なイメージ)、キムラさんの「Kiss of life」もめちゃくちゃイイ。
 軽やかで色っぽくて、力の抜き加減が絶妙でした。
 「Winding Road」の弾むようなリズム感も、「Kissして」のハジケっぷりも好きだー。

 ここのコーナーは、男役を含めた下級生4人が膝丈のウエディングドレスを着てたのも可愛かったなあ。
 あゆっちと雛ちゃんのウエディングなんて、それだけで眼福☆
 レオくんとイリヤくんもラブリー。
 そのあとのMCで、衣装の感想を求められたレオくんが
 「最初で最後にならないように…」
 と可愛い声で言ってたのが面白くて爆笑が起きてました。


【K-ing.DOM】
 ♪FLY ME TO THE MOON
 ♪Fiveメドレー


 FLY ME TO THE MOONは軽く洒脱な感じで。
 メンバー5人が大はりきりのFiveメドレーは、もうやりたい放題!(笑)
 フィンガー5(「恋のダイヤル6700」「学園天国」「個人授業」)とかジャクソン5(「ABC」)とかアクア5(「AQUAの地球」)とか。
 ジャクソン5つながりで、マイコーの「スリラー」も。ネタっぽかったけどカッコよかった!
 キムくんの衣装がアクアコンで着てた軍服風ジャケットで、他の4人もアクアっぽい黒のパンツスタイルで、その5人が「AQUAの地球」を振り付きで歌ってるのを見たらなんだかめちゃめちゃ泣けてしまいました。
 どうもアクアコン以降、アクア関連については涙腺が弱い。

 ここでは下級生4人がキムくんを差し置いてセンターを取り合う、という演出があって、センター取られてアワアワしてる振りのキムくんが超かわいかった〜。
 でも決して本気で困ってるふうじゃなく、アワアワしててもどこか余裕が感じられるのがキムラさんクオリティ(親指)

 あゆっちと雛ちゃんは二人とも低音域がしっかり出る人なので、こういう地声で歌えるポップスがはまるなあ。
 のびのびと楽しそうに歌ってたのが印象的でした。


【K-iosk】
 ♪キッチュ
 ♪ミュージカル・リクエスト


 今まであまりDSというものに行ったことはないけれど、このコーナーは今回ならではだったんじゃないかと思う!
 まずはキムくんが「キッチュ」を歌いながら客席から登場。
 キッチュは替え歌になっていて、ちゃんと憶えてないんですが
 「集められたミュージカルナンバーは4曲!
  なぜこんなにミュージカルを集めたのかって?」
 みたいな歌詞が。
 「さあさあ(歌を)買った買った、お買い得だよ!
  …あ、お支払いはもちろんVISAカードで☆」(上着からVISAカードを取り出してニヤリ)
 といった小技も効かせつつ練り歩くキムルキーニ。
 どういうことだろうと思っていたら、なんと、キムくんが4曲の中からお客さんに1曲選んでもらうのでした。
 トランプのようなカードを4枚出して、1枚ずつ説明しながら幸運なお客さんの前へ。
 曲目は「グランドホテル」「ハウ・トゥ・サクシード」「ミー&マイガール」「ウエストサイドストーリー」だったかな?
 1枚ずつ読み上げるたびに客席から「おお〜」という声が(笑)
 お客さんが決めかねて沈黙していると
 「悩みますねぇ〜」
 とか言って余裕の表情で客いじりをするキムくん。
 私が観た回は「ハウ・トゥ・サクシード」を選ばれたのですが、それを聞くやいなや
 「お買い上げありがとうございます。あ、そうそう記念にサインを」
 と、その「ハウ・トゥ・サクシード」のカードにサインをしてお客さんにプレゼントされてました。すげー!!!
 で、バンドに合図してHOW TO〜を熱唱。
 ということは4曲歌えるように準備していて、その日その日で3曲は捨ててしまうということなのですね。なんという贅沢な…!!
 ちなみに、マイナーかなと思いつつ私もHOW TO〜希望だったので、それが叶ってすごく嬉しかったです。

 11/11追記;
 コメントでご指摘いただきました。4曲の選択肢ですが、「グランドホテル」「ハウ・トゥ・サクシード」「ミー&マイガール」、そしてもう1曲は「ガイズ&ドールズ」でしたね。さやさま、ありがとうございますー!!


【K-indness】
 ♪忘れ雪
 ♪Love Me tender


 忘れ雪が(いろんな意味で)思い出深いのはもちろんのこと、ラブミーテンダーもなんとなくシュガノンを思い出させる曲なので、ここでは一転しみじみムード。
 「忘れ雪」、やっぱり曲はすごく好きだなあ。キムくんの音域に合ってるし、切ない曲調も好きです。
 未だにあのチェロの音色が耳の底に残っているような気がする。
 ラブミーテンダーも良かった…!!
 キムくんは英語を「英語っぽく」歌うのが上手いなあ、と、妙なことに感心したりしました。耳がいいんですね、きっと。


【K-een】
 ♪慕情
 ♪Your Song


 …うわあ知らない曲になるとさっぱり記憶が消える…。
 どちらもかなりしっとり歌い上げる系の曲だった、ような、気がする。おぼろげ。
 「慕情」はダンスも挟みつつの大ナンバーだったと思います。

 
【K-night】
 ♪明日へのエナジー
 ♪The K-ing.DOM
 ♪I was born to love you


 ここでもあゆっち&雛ちゃんの低音ヴォイスが大活躍。
 かっこよかった!
 「明日へのエナジー」は、もちろんキムくんの初舞台公演の名場面でもあり、ベルリン公演では出ていた場面でもあり
 私はリアルタイムで観たわけではないけどファンになりたての頃に何度となくビデオで見た場面でもあるので、もう無条件になつかしくて感動しました。
 キムくんのしなやかで骨太な歌声は、こういう曲にも本当に似合う。

 「The K-ing.DOM」はテーマ曲。
 ボレロではないけどちょっとボレロっぽいというか、これもしっかりビートを刻む感じの力強い曲調ですごくキムラさんに合ってたと思います。
 歌詞まではちゃんと聞いていなかったのですが、あとからキムくんが語ったところによると、
 「この宙の下に生まれて」
 とか、宙組で初舞台を踏んで雪組に来て…みたいなキムくんの生い立ち(?)を反映した歌詞になっているらしい。
 TCAミュージックで配信されたらまたじっくり聴きたいと思います。

 そしてラストがクイーン。
 最後を飾るのに相応しい曲でした。
 loveとかlifeとかpowerとかpassionとか、いろんなものが凝縮されて音と一緒にはじけるような。
 まぶしかった。

 明日へのエナジーからこのラスト曲まで、一見曲のイメージにそぐわないような軍服衣装だったのが印象に残りました。
 アクアの場面で着てたような「軍服風ジャケット」じゃなくて、本当に軍服。
 真っ白で、キラキラ光ってきれいで、肩のところからちょっと羽根が生えてるようなやつ。娘役さんも白いドレス。
 最初はそぐわないようにも思えたんだけど、でも不思議なことに、そのノーブルな衣装とパワフルな歌ダンスとのバランスが絶妙で!
 真っ白キラキラな軍服が与えてくれる外側からの陶酔と、キムくんの歌声やみんなの踊りが喚起する内側からのエナジー。
 それが見ている自分のなかでバランスよくせめぎ合って、なんかすごく「タカラヅカだ〜!」というカタルシスを味わえました。うまく言えないんだけど。
 人海戦術が使える本公演ならばあの曲にあの衣装はいらないと思うんだけど、このステージにおいてはとても効果的な演出だったと思います。


【アンコール】
 ♪My Life


 アンコールは『ノン・ノン・シュガー!!』のジョニー。
 あのベージュっぽい革ジャンで登場してくれました。
 記憶のままの少年らしい姿で、でも記憶よりもひとまわり細く引き締まった姿で。
 なんかもうジョニーの衣装を着てきたキムくんを見ただけで泣けて、おまけに曲が感動的だからまた泣けて、客席で号泣。
 幸せでした。

 ****

 以上。
 なんかシーサーのメンテに阻まれたりしてたため(言い訳)微妙なタイミングと微妙なテンションですみません。
 とにかく、舞台からたくさんの笑顔とパワーをもらえて本当に楽しかった!!
 CSで流れるのが今から楽しみ。
 東京で行かれる方、楽しんできてくださいね〜☆

 ****

 ここから下は、単なるホテルへの愚痴。
 超うざいです(予防線)




 お茶会や宿泊で利用したことはあってもDSは初めてだった宝○ホテル(伏せ字にする意味があるのだろうか)、
 宴会サービスはまさしく、聞きしに勝る…という感じでした。
 何が衝撃的だったって、ワインを頼んだら
 最初のスパークリングワインが入っていたグラスにそのまま白ワインを注いでくれた
 ことだ。
 いや、まあ私の味覚と嗅覚ではそこまで味の違いが分からなかったからいいんだけど…。
 ていうかそれ以前にスパークリングワインの炭酸が抜けかけていて、甘めの白ワインみたいだったんだけど…モゴモゴ。

 配膳が始まった時点で「どうしてスパークリングがシャンパングラスじゃなくてワイングラスに入ってるんだろう」とやや疑問に思ってはいたのですが、そしたらこんなオチ。
 いくら何でもちょっと斬新すぎる。
 そもそも今までに行ったことのあるミュージックサロンや巴里祭だと、タンブラー・シャンパングラス・ワイングラス2つがもともとセットしてあって、何も言わずとも魚のときは白ワイン、肉のときは赤ワインが出てきたように思うのですが…
 まあタカラヅカファンの場合はそこまで飲まずに残す方も多いだろうから、グラス全部揃えるのは非効率的なのかもしれないけど。
 でもなー。ワイングラス使い回しはさすがになー。
 ちなみにお肉が来たときに赤ワインを頼み、「もしやこの(スパークリングワイン→白ワインを経た)グラスに赤ワインがそのまま注がれるのか!?」と軽くワクテカしたのですが、さすがにそれは新しいグラスで注いで下さいました。よかったよかった。

 他にもいろいろいろいろ気になる点があったんだけど、グラスでびっくりしすぎて忘れてしまった。
 それなりの事情はあるのだろうとお察ししますが、客側としてはショー、お料理、そしてサービスの対価として決して安くない料金を払っているわけで
 ショーを心地よく楽しむためにも、その前のディナーは是非とも心地よいものであってほしいなと思ったのでした。愚痴おわり。
posted by 白木蓮 at 23:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音月桂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 08, 2009

最近のいろいろ

・もちつきまつりに行ってきました☆
 といっても途中から参加したので、あんまり見れなかったんですが。
 劇場についたらえりたんが
 「AED持ってきましたー!!」
 とか言ってた(笑)

・しかし
 「近寄らないでくださいっ」
 と叫びつつ腰を落としてAEDをガードするえりたんと、隣で真剣に同じ体勢を取る彩音たんを見られたので満足。
 そしてマトヴさんの署長コスプレがかっこよすぎた…!!!

・全体的に3人とも挙動不審で超かわいかったですデレデレ。

・まあ、いちばん印象に残ったのはもちろん
 ハッピの下に白丸首シャツを着用していた壮一帆さん
 ですけどね。
 壮さん的には必然の流れですよね。
 …ナマで見たのが久々だったので超テンション上がった!(笑)

・その流れで(?)みわまつみつるのスカステトーク初回放送を見る。
 みわまつの関西人炸裂トークと、みわさんの失敗談を本人以上によく憶えているまっつと、みつるきゅんの末っ子ぶりがたまらなかったです。かわいい…!!!
 ベルばらカルタがネタ満載でした。半裸アンドレの絵札(まっつが読み上げた字札は「司令官室で 生着替え」)に若干困惑してるふうの3人とか。

・たまっていたニュースを消化して、キムくんDSの稽古場もゲット。
 おお、なんかサイトーくん全開の香り!(笑)
 J-POPとかマイコーとか、キャッチーな曲が多くて楽しそうです。
 たのしみー。
posted by 白木蓮 at 05:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 05, 2009

トキメキエッセンス

 花組休演者、よっちを始めとする5名の復帰はもちろん激しく嬉しいのですがじゅりあーーーーーーー!!!(泣)
 (;´Д`)
 ううう。大丈夫なんだろうか花娘。
 ファッション銀橋のじゅりあの代役が姫花タソだったそうで、なんとまあ代役を出しても出しても可愛い子ばっかり出てくるなあ…と不謹慎ながら改めて花娘のクオリティに感嘆しておるわけですが、だがしかし!
 じゅりあの貴婦人やセクシーダンサーぶりを見られないのはあまりにも淋しいので、1日も早い復帰を祈るばかりです。
 もちろん他の休演者の皆さんも。
 あしたの新公、どうなるんだろうなあ…。

 ****

 さて。
 ぜんぜんタカラヅカと関係ないのですが
 『風が強く吹いている』という映画を観てきました。→公式サイト
 特に萌えなどは期待せず行ったにもかかわらず、
 清瀬灰二役の小出恵介くんにメロメロになるという予想外すぎるトラップ(笑)
 原作読んでも灰二というキャラにはそれほど魅力を感じなかったし、小出くんも特に好きなタイプだと思ったことはないのですが
 小出くんの演じる清瀬灰二はなんだかやたらと好みだ!!
 なんだろうなあ。適度な肉体美とか無防備な笑顔とか、すべてを委ねられそうな包容力とか。
 あと、あの妙に達観したようなオッサンくささが非常に好き(笑)
 そういえば、総じて若い芸能人男子はオッサンくさい人が好みかも。嵐なら相葉くんが好きで、はんにゃなら川島のほうが好きです(超どうでもいい情報)

 映画の感動をかみしめつつシアターを出たところに小出くんの写真集が売られていて、勢いでうっかり購入するところだったのですが「いやそれはさすがに血迷いすぎじゃね?」ともうひとりの自分が囁いてくれて踏みとどまりました(気づいてよかった)
 でもあれが映画のメイキング写真集みたいなやつだったら買っていたかもしれない!
 それぐらい彼の灰二役が好みだったという話。

 映画自体は、うーん…
 やはりボリュームがある原作を2時間強の映画にまとめるのは難しいなーという印象。ちょっと散漫というか、良いモチーフの数々を生かしきれずに終わってしまった感じがしました。
 ドラマとかで時間をかけてじっくり見てみたかったなあ、と思うけれども、駅伝シーンの華やかさやスケールの大きさは映画ならではなんだろうな。
 なんだかんだ突っ込みながらも号泣しました。まっすぐに走る若者たちの姿は美しい。
 たまにはヅカ以外のイケメンもいいですね☆(笑顔)
 これを機に原作もまた読み返してみようかと思います。
 では!
posted by 白木蓮 at 01:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 04, 2009

one for all, all for one

 花組の様子が気になり、当日券でショーだけ観劇してきました。

 まだあまり回数を観ていなくて視野も偏っているため、群舞の変更などは全然わからず。
 わかったのは、れみれみの輪っかドレスをあまちゃきがやってたことぐらいかなあ(そこがわからなかったらむしろ問題)
 いきなりあんな大きな輪っかで銀橋を渡るなんて、衣装の扱いひとつ取っても大変だったと思うのですがバッチリこなしていました。可愛かった〜。
 みわさんのリードがすごくすごく丁寧で優しかったです。さすがだ…!

 フィナーレ大階段でのまとぶん+男役8人のダンスは、よっちと瀬戸くんが抜けたところへルナちゃん1人だけが入って、下手4人、上手3人のフォーメーション。
 その左右非対称なフォーメーションを見て、なんだかアクアコンを思い出して切なくなったり。
 ルナちゃんも、もちろん踊り込みは浅いながらも本当にがんばってました。もともと好みの顔ということもあり(笑)オペラで凝視しつつ拳を握って応援してしまった。

 でもプロローグの大階段とか中詰めとかは、フォーメーションが本当にきれいで完璧で!
 あんなにたくさんの休演者が出ているなんて、知らなければ絶対にわからなかったと思う。
 パレードはそのままだったので(センター降りも、れみれみが抜けたところはめお様&みつるきゅんの2人だけ)
 下手側で4人降りてきているのに上手側には2人しかいない…といった事態が随所で発生していて、それを見たときにあらためて、抜けた人数の多さと、他の場面の稽古の大変さを思わずにいられませんでした。
 短い時間で立ち位置やパートナーを変えてお稽古して、ここまでに仕上げてきたんだなあと。
 タカラジェンヌって本当にすごい。

 これからしばらくは大変だと思いますが
 どうかこれ以上広がりませんように。
 そしてお休み中の人たちも、元気に復活できますように。
 みんなが笑顔で公演できますように。
posted by 白木蓮 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 03, 2009

花組休演者

 花組本のメイキング番組を見て、
 マトアヤ相変わらずカワエエ!!とか
 ちょ、花メンかっこよすぎ!!!とか
 あやねたんの男役カコヨス!!とか
 あやねたんにポーズの指示をしつつ「かっこいいかっこいい!」と声をかける壮みわが大好き!とか

 ああ…花123、アフロを付けてなお余裕の美女っぷり…とか

 (とおい目)(いや別に1年前の雪組本を思い出したとかじゃないよ!)(みんなキレイだったよ!!)(←墓穴)
 超デレデレしまくっていたのですが。

 しかしこれは。

花組 東京宝塚劇場公演 休演者のお知らせ

花組 東京宝塚劇場公演『外伝 ベルサイユのばら −アンドレ編−』 『EXCITER!!』 の休演者をお知らせいたします。

花組  月央和沙
     白華れみ
     瀬戸かずや
     夏城らんか
     白姫あかり
     輝良まさと
     花峰千春
     鞠花ゆめ
     菜那くらら
     羽立光来

※以上10名は、A型インフルエンザ感染の疑いの為、11月3日(火)11時公演より休演致します。
なお、復帰時期につきましては、現在のところ未定となっております。

※また、休演中の朝陽みらいは、11月3日(火)11時公演より復帰いたします。

 うわあ……

 これは多すぎる。ダメージが大きすぎる。

 れみれみのいない酒場なんて!!(泣)

 よっちのいないエキサイターなんて…!!!!(号泣)


 ・°・(ノД`)・°・


 新公ももうすぐなのですよね。
 本当にもう、「お大事に」としか言いようがありませんが…。
 これ以上広がることなく、みんなが無事に公演できますようにと心からお祈りしています。
posted by 白木蓮 at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

November 02, 2009

トーク天国

 ミーハー心全開な感じで、壮一帆さんのお茶会に初参加させていただきました。

 …いやはや。
 めちゃくちゃ面白かった!!!
 あんなにトークが面白いお茶会というのもなかなかないと思う。
 もうほんとに楽しくて、ひたすら爆笑させていただきました。ありがとう壮さん!!

 ナウオンなどのトーク番組からも常々感じてはいたのですが、壮さんはとにかく頭の良い人だなあと。
 聡明で、頭の回転が速くて、語彙が豊富で話上手。
 あと、きわめて「普通」の感覚を持った人だなとも思いました。
 ジェンヌさん、それもあれだけファンのいる路線スターさんなら多かれ少なかれ必ずある、「みんな当然私のこと大好きだよね」意識がものすごく希薄(笑)
 ファンの人に対しても、「対ファン」というより「対人」として接してくれるというか。単にファンサービスが良い、優しい、というだけではない、すごく「ファンと同じ目線で物事を見ている」人だなあという印象を受けました。自分がスターだということをあまり認識してない感じ。うまく言えないけど。

 例によって録音とかしてないので正確ではないですが、いろいろと楽しいネタ満載だったのでいくつか覚え書き。
 細かいニュアンスや言い回しなど、事実と異なる点はご容赦ください。


【ご挨拶】

 開催日がハロウィンということで、テーブルのお花とかプログラムとかが可愛いハロウィン仕様になっていたのですが
 「意外と皆さん黒ずくめですねー。一人ぐらいはカボチャの被り物とかして来る方がいるかなと思ったんですけど(笑)
 ま、ぶっちゃけハロウィンって言ってもあんまり関係ないんですけどね、日本人ですし
(ばっさり)
 でもせっかくなので、ハロウィンにかこつけて楽しく盛り上がりましょう!!」
 という感じのご挨拶でした。
 のっけから壮さんらしさ全開。


【アランの話】

 役作りの話などはすごく真面目にされてました。
 全ツのアンドレと混乱したりすることはあんまりなくて、ゆうさんがすごくアンドレとしてしっかり舞台にいて下さるので、その呼吸を感じながら日々やってます…みたいな。

 が
 アランを演るに当たって参考にされた資料などはありますか?と訊かれ、なぜかいきなりププッと吹き出す壮さん。
 司会「どうされたんですか?」
 壮さん「いや、もちろん改めて原作の漫画を読み返したりもしたんですけど、それ以外に…
 学生の頃ハマリにハマっていた『BANANA FISH』という漫画を久々に手に取りまして」

 バナナフィッシュ!!
 私が高校生ぐらいの頃もめちゃくちゃ流行ってたなー。私は読んだことないのですが。
 「ニューヨークのストリートキッズのボスが主人公で、彼がすごいIQの持ち主で…っていう話なんですけど。
 私はもう、これを読んでニューヨークに行きたいって思ったんですよ!私の人生のバイブルですね。
 で、何がどうというわけでもないんだけどいつのまにかストリートキッズのボスとして慕われていくところとか、アランと通じる部分があるなあと思って…。
 まあアランはボスじゃなくて班長なんですけどね(笑)
 何人かの衛兵隊の下級生に『これ読んでみて』って貸したら、『壮さん、あれやばいですね!ハマります!!』とか言われました(笑)」

 司会「じゃあ皆さんも帰りにぜひ本屋さんで…」
 壮さん「いや、もう本屋さんにはないんじゃないかなー?古本屋さんとかでセット売りされてると思う(笑)
 あの、いろんな意味ですごくハードな話なので、ご年配の方とかはあんまり…かもですね。
 あと小学生にはちょっと早いですね(笑)」

 だそうです。
 今まで何度も読む機会を逸していたのですが、これを機に読んでみようかなあ。

 大劇場よりもアランの髪が短くなりましたよね?と振られて
 「皆さんよく見てますねー!!」
 と感心しつつ、髪型というかカツラの話をしてくれてました。
 かなり専門的な話だったので私も理解しきれてないんですが、ムラの時の長さだと髪の先?がちょうど衣装に当たって「もけもけ」してしまうらしい。
 で、ムラだと定期的にカツラ屋さんに行って直してもらえたんだけど東京ではそれができないので、メンテの要らない長さに変えたそうです。
 「って、こんなマニアックな話どうでもいいですよねー(笑)」
 と自虐的に語るえりたんがなんだかステキ。
 「ちなみに同じカツラをもう1個持ってきてます。もうひとりのアランが倉庫に眠ってます(笑)」

 革命の話も少し。
 元祖ベルばらのバスティーユも、外伝の革命も、それぞれ大好きな場面だそう。
 特に今回の革命は、フランス国歌のアレンジなども凝ってるし、とにかく感動的でやりがいがある…みたいなことを言ってました。
 「革命は三色旗をうわ〜っと振って、バスティーユはあの白い旗がチョロッと立つじゃないですか(笑)
 どっちも、こう、『獲ったどー!!』みたいな…(笑)
 役者としてほんとにグッとくる場面ですね」

 客席でも握り拳でテンション上げて観てくださいね、と。
 …あの、言いたいことはすごく分かるんですが「獲ったどー!!」は面白すぎます壮さん(笑)


【エキサイターの話】

 プロローグの話とかは至ってふつうに、きちんと話されていたのですが何をしゃべっていたか忘れた…。
 ソロ歌はいい意味で慣れてきたのでもっと自由にのびのび歌いたい、みたいなことを言っていた。かも。

 盛り上がったのはやはりMr.SOの話!(笑)
 「Mr.YUの好きなものはパンダですが、Mr.SOの好きなものは何ですか?」
 という質問を受けて
 「チェリーちゃん!!!」
 と即答した壮さんにちょっと萌えました。
 司会「それ以外では…」
 壮さん「えー?チェリーちゃん…と、あとパパ(笑)」
 このチェリーちゃん大好きっぷり。たまらん。
 オフィスからハケる場面ではものすごいバカップルな感じで、
 「今日もかわいいよぉ〜〜ん」「いやん、あなたもス・テ・キ(はぁと)」
 とか言い合ってるそうです。
 「でも着替えの関係でハケるのが反対側なんですけどね、『ばいばぁ〜い♪』とか言って(笑)」
 ここの会話はマイクが入ってないんですよね、と司会の人に言われて
 「ねー、マイク入れてくれればいいのに!」
 と熱く語る壮さん。
 バカップルそのものより、バカップルぶりを超うれしそうに披露するえりたんが可愛すぎた!!!
 最近ナウオンなどであらためてマトアヤに開眼しつつあるのですが、今後はエリアヤも強化していこうと心に誓いました。

 Mr.SOの前髪は、だいもん開発のブルブルマシーンでけっこう乱れてしまうので最近はスプレーでガッチガチに固めていて、びくともしなくなったとか。
 「あれはもう、貴金属の類です(笑)」

 バランスボールのアドリブは、最初は動きが決まってたんだけどすぐに飽きてしまい(笑)、みちるタンを相手にいろいろ遊んでるらしい。
 セットの後ろのほうにバランスボールが飛んでっちゃったときもあって、でも
 「『できた、パパ!!』を言わないといけないからそのまま他の子に任せて無視した」
 そうな。
 そのフリーダムっぷりが大好きです!壮さん!!
 ちなみに「できた!」のチェンジボックスは、Mr.SOではなく執事作とのこと。
 「バカ息子があんなの作れるわけないじゃないですか!!(笑)」


【組本の話】

 いよいよ発売される組本。
 司会「撮影などで、話せるエピソードがあれば是非…」
 壮さん「えー、もういっぱいしゃべりたいことありますよー!!!」(ノリノリ)
 テンション上がりまくりの壮さん。
 もうとにかく素晴らしい出来映え、自信を持ってお届けできる組本に仕上がったそうです。
 「自分に似てるものに扮装する」(?)みたいなコーナーがあるんだけど、それのクオリティが高すぎて、当初の予定では半ページだったのが1ページ丸々に拡大されたらしい。
 「私も『ミーアキャットで』という話があったんですけど、今までに何度もやっているので(笑)やめました」

 見どころはやはり、娘役さんの衣装を借りた扮装写真。
 ムラのお茶会のときには「じゅりあのマイフェアレディのドレスを着たい」と言ってたそうなんですが、結局それではなく、違うドレスを着たそうです。
 「あのねー、かなりイイと思う!!!
 ゆうさんたちと、
 『これはもう袋とじにするべきだよね!!』
 って言ってるんですよ。立ち読みで済ますなんてとんでもない!!
 絶対絶対買ってください(笑)」


 袋とじ…。
 衝撃的すぎて身悶えました。
 ブラボーえりたん!!


【YES/NOクイズ】

 ゲームコーナーは、あらかじめ用意された20問のYES/NOクエスチョンについて各テーブルで壮さんの答えを予想しておき、壮さんに回答してもらうというもの。
 これが…というか、各設問についての壮さんのトークがめちゃくちゃ面白かったです。
 スタッフが各テーブルの答え合わせをしないといけないので、とりあえずYESかNOかをひととおり答えてもらい、そのあとでトークをしてください、と言われていたのですが
 司会「1問目、衛兵隊の中でいちばん開襟しているのは自分である」
 壮さん「NO!もっと開けてる下級生がいるんですよ。あのねー、」(以下エンドレスでしゃべり出しそうな気配)
 司会「すみません壮さん、トークは後にしてまずは全部の答えを…」
 壮さん「あ…!!(爆笑)」
 しょっぱな面白すぎる展開。
 なんてステキキャラなんだ壮さん。

 で、そのあとYESかNOかを答えていくとき、しゃべってはいけないと思うあまりに口を閉じて
 「ん」「んー…ん」
 と完全無言で回答ウチワ(ハロウィン模様で「YES」「NO」と書いてある可愛いウチワが用意されていた)を挙げているのがまた…!!
 司会「壮さん、YESかNOかは言っていただいても大丈夫です」
 壮さん「あ、そっか!!」
 みたいな。
 何なんだこの人。かわいすぎる(笑)

 以下、とても全部は憶えてないのですが印象に残った質問のいくつかをご紹介。


【衛兵隊の中でいちばん開襟しているのは自分→NO】

 えりたんは首が長いので、あまり開襟すると、顔と首のバランスがおかしなことになってしまうらしい。
 なので開襟の衣装でも人より少し詰めるようにしているそうです。

 「ちなみに開襟するのが大好きなのは真野すがたです。」

 ・:*:・(*´∀`*) ・:*:・

 め お 様 ! !
 LOVE!!!!

 といってもめお様は衛兵隊士じゃないので(笑)、衛兵隊でいちばん開けてるのはマメちゃんじゃないかなー?とのこと。
 今後要注目ですよ。


【オスカルよりもマリーアントワネットをやってみたい→NO】

 「オスカルはいつも感情をバーッて出していて、まあ言ってみれば『わがままなお嬢様』じゃないですか。
 だからやってて感情を発散できて楽しそうだなーって。『ゆこー!』とかも気持ちよさそうだし(笑)」

 アントワネットはどちらかというと苦悩してることが多いから自分には合わない気がする、らしい。
 なるほど。
 ていうかオスカルを「わがままなお嬢様」と言い切るあたり、えりたんのセンスを感じます。面白い人だなあ!
 えりたんオスカル、怖い物みたさでちょっと観てみたい…かも(笑)


【アランは理想の男性だ→YES】

 「ちょうど今日ね、楽屋でそういう話をしてたんですよ。男役連中で(笑)
 で、アンドレはもちろんいい男なんだけど、アンドレほど想われると…ちょっと私には重いかなーと思って(笑)
 私、ずーっと誰かとひっついてるのがダメで、ひとりっ子だからかもしれないけど、絶対ひとりになる時間がないと嫌なんです。
 だからアンドレみたいにずっと側にいられたら『ちょっとどっか行ってて!ひとりにして!!』ってなると思う」

 うーむ。なんかリアル。
 しかしすごく分かる気がする。
 その点アランは、見ていないようでちゃんと気にかけてくれていて、一見そっけないけど愛情あふれてて、理想の男性だと思う!と言ってました。


【自分が荒くれていると思うときがある→YES】

 お稽古で振付とか台詞とかおぼえることがたくさんあってせっぱ詰まっているときは、家に帰っても
 「あー散らかってるけどもういいやー」(←荒くれた口調で)
 となるらしい。
 で、あるとき急に覚醒して片づけを始めるらしい(笑)


【Mr.SOは肉食系男子である→YES】

 「えー、だってステーキとか大好きだし」
 というコメントに若干ざわつく会場。
 「ちがうちがう!!
 いま『肉食系』の意味を取り違えてるーとか思ったでしょぉ〜」

 とお客さんたちを指さしてニヤニヤする壮さん。
 そしてなぜか超小声
 「分かってるって☆」
 とかます壮さん。
 ひー何なのこの人!!やばい惚れそう!!(笑)

 「Mr.SOはステーキも好きだけど女子に関しては肉食系だし、ドSだと思うんですよね。
 『え、どうせキミ俺のこと好きなんでしょ?』みたいな。
 『ついてきたいんなら別にいいよ、一緒にくればー?』みたいな」

 ここの二重カギカッコでくくった台詞の言い方があまりにもMr.SOで、しかも超ドSで、もうどうしようかと(困惑)
 狙ってるんだか狙ってないんだか分からないあたりがステキすぎる…!


【ため息ソングは正直ちょっと恥ずかしい→YES】

 やっぱり恥ずかしい気持ちはあるらしい。
 恥ずかしいよね、と言い合ってたりもするらしい。…壮さんとマトヴさんは。

 「あのね、こういうキザリがいちばん得意なのは、愛音羽麗なんですよ」(←やはり)(花組のお約束)
 「CSの番組でも言ってたと思うんですけど、あの人は中詰めでいきなり上着を脱ぎ出したりとかして、しかもそれを指摘されたら『そうだっけ〜?』とか言ってて…無意識なんですよ!!
 もう、末恐ろしい子!!!と思って(笑)」

 そんなアイネさんに負けないように、マトヴさんと壮さんも日々がんばってキザっているそうです。
 「まあ、やっぱ稽古場がいちばん恥ずかしいですよね。
 蛍光灯とか外の陽射しが当たってるところで、あはんうふん言うのも…ねえ?
 舞台に行ったらけっこう照明とかお客様とかに乗せられてますけど」

 なんていうか…
 袋とじとかドSとか「あはんうふん」とか、他のジェンヌさんが言うとキャー!!って感じなのに
 壮さんが言うと「だよねー」みたいな感じで、どんどん普通ワードに聞こえてくるのは何故なんだろう(笑)


【大きな羽根を背負って大階段を降りるのは怖い→NO】

 ナイアガラが付くとまた違うんだけど、二番手の人が背負う羽根は、重さが安定して肩にかかるので全然怖くないそうです。
 ただ銀橋から本舞台に戻るときとか、方向転換は空気の抵抗があるのでちょっと苦労するとのこと。
 「特に今回は銀橋から本舞台に戻るとき、ちょっと急いでるので…。
 この急いでるのは理由があって、ちょうど私がマメちゃんの前を通るぐらいのタイミングでお辞儀があるんですよ。
 で、マメは今回で最後だから、ちゃんとマメのお辞儀がお客様に見えるように…と思って急いで通り抜けてます」

 この話はすごく感動しました。
 いい人だなあ壮さん。愛されてるなあマメ。


【GOGO5の収録は緊張した→NO】

 オサ様と一緒に出たときは緊張したけど、こないだのは2回目ということもあり、ぜんぜん緊張しなかった。
 「樹里さんと、ずーっとくだらない話してたんですけど…いただいたDVDを見たら、ほとんどカットされてました(笑)」


【パーソナルカレンダーの最大の見どころは表紙だ→YES】

 これはちょっと迷ってYES。
 「うーん、まあ、売り上げ的に(笑)」
 壮さんのこういうところが大好き☆

 「表紙は、ビシャビシャです(笑)
 水が滴ってる感じ。
 なんか撮ってるうちに編集さんがどんどん興奮してきちゃって、
 『壮さん、コレすごくいいですよ!!コレを表紙にしましょう!!』
 みたいな感じでビシャビシャが表紙になりました(笑)」

 その編集さんは、撮影中も付きっきりでミスト?を壮さんに噴射し、壮さんが乾かないようにしていたそうです。どんだけだよ!(笑)

 「あとはレディース風…レディースとか言ってもわかんないですよねー(笑)、髪をリーゼントにして革ジャンで口紅真っ赤にして、みたいなやつとか」
 フリフリのブラウスを着てツタが絡まっている、お人形っぽいショットもあるそうな。
 パソカレ楽しみですねー。


【服を選ぶときは直感→YES】

 「服は出会いです!靴も!!」
 と力説する壮さん。
 あの白丸首シャツも出会いなんだろうか…。
 特に靴は、なかなか合うのがないのでいいのを見つけたら即買いするらしい。
 24.5〜25センチで幅広甲高なんだそうです。
 「って、これまたどうでもいい個人情報なんですけど〜(笑)」
 その寸法、私もまったく同じ!!なので苦労は本当に分かる!!
 東京のほうがサイズが豊富で探しやすいので、東京に来ると靴をまとめ買いすることが多いとか。


【読書の秋、おすすめしたい本がある→YES】

 「最近よく本を読んでるんですけど、いま読んでるのは

 『夫婦で行くイスラム国』。」


 (゜Д゜;)))

 ちょ…!!!!
 どうせ組本とか「項羽と劉邦」とかだよーと言っていた我々、目が点(笑)
 予想の斜め上すぎる。
 むしろ直角ぐらいの軌道。
 「今さらイスラム国かよ!って思われるかもしれないんですけどー(いや突っ込むべきはそこじゃないだろ、と思ったに違いない会場)
 これを書いてる方はご夫婦でいろんな国を回られてるんですけど、私も実際にイスラムのお芝居をしたりしたので、すごく興味深いですね」
 いまググってみたら、コレかな?
 おお、この著者の本なら数冊読んだことがあるわ。
 なかなか面白そうです。

 あと、お母様から万葉集の本を薦められて、毎晩寝る前に読んでいるそう。
 全部ではないけど万葉集の歌と、それぞれの訳と解説が付いているもので、歌を声に出して読むと日本語のリズムとか美しさを体感できる…と言ってました。
 「4首ぐらい読むと、いい感じに眠くなります」
 だそうです。
 「あ、もちろんマンガとか雑誌とかも読んでますよー!!」
 とフォローするように言ってましたが、しかし知的な方ですね。
 語彙が豊富なのも納得。


【最近料理をした→YES】

 得意料理はホットケーキ。
 アメリカにホームステイしていたときホストマザーがよく作ってくれたのが好きで、自分でも作って食べるらしい。
 ちょっと粉をゆるめに溶いて薄くしたのを何枚も焼いて、それにメープルシロップをドボドボかけて、カリカリに焼いたベーコンを添えるそうな。おいしそう…!!

 先日MXの収録でも、視聴者からの質問で「壮さんってお料理されるんですか!?意外です!!」みたいなのがあったそうで
 「そんなに料理しなさそうですかねー?」 
 とボヤキ気味でした。
 …まあ、しなさそうだよね。(笑)


【プレゼントコーナー】

 ふつうの抽選だったけど、これも楽しかったです。
 プレゼントのGRAPHの表紙がゆうひさんなのを見て、
 「あ、ゆうひさんだ。ゆうひさん元気ですかねー?
 大劇場公演と舞踊会のお稽古で気が狂いそうだと言っていました(笑)」

 とプチ情報をくれたりとか。

 多めの枚数を抽選するとき、壮さんが抽選してるあいだ会場がシーンとなってしまったので、半券を選びながらおもむろにトークを始めたりとか。
 「あーそうだ(視線は手元に落としつつ)衛兵隊が登場するまでの時間、何をやってるのかってよく訊かれるんですけどー
 こないだはトランプをしました(笑)ていうかまだ1回しかやってないんですけど。
 でも実際の衛兵隊も、兵舎でカードゲームとかをしてたらしいので。
 まあトランプやってた相手は衛兵隊じゃなくてベルナールなんですけどね(笑)」

 まっつと二人で「スピード」してたそうです。
 「あ、あと衛兵隊でウノはやりましたね。最下の子が勝った人に何かをおごるというルールで……あ、(抽選)終わった!!」
 …なんかもう楽しすぎる。

 各テーブル1名様に壮さんの写真が当たるという抽選があり、当たった人たちが「わぁ〜」と喜んでるのを見て
 「こんな写真で喜んでいただけるのなら…」
 と半笑いな感じで言っていたのも壮さんらしくてウケました。

 お客さんに対してもすごく気さくで優しくて、
 「どうぞどうぞー」
 と壇上に来るように促したり、
 「上下チェックで素敵ですね」
 とファッションを褒めたり(笑)
 ほんとステキな方です。壮一帆さん。

 プレゼントの最後に「壮さんからのプレゼント」というのがあり、これが、100均にありそうなクリアケースに壮さんが可愛いシールをいっぱい貼ったというもの。
 「何でもいいって言われたのでこんなの持って来ちゃったんですけど…」
 と若干申し訳なさそうな壮さん。
 当選した方にクリアケースを手渡しつつ、
 「ヴィトンのバッグじゃなくてすみません〜」
 と謝る壮さん。
 司会の方が「素敵なプレゼントをありがとうございます」と言ったとたん、
 「(スタッフ陣は)これがプレゼントだって分かってなかったくせに〜!!『壮さん、アレ何ですか?』って訊いてたじゃん!!(笑)」
 と突っ込む壮さん。
 かわいい…。
 なんだかほのぼのしました。


【今後の予定】

 事務的になりがちな「今後の予定」も、やたらいっぱいしゃべってくれてて楽しかったー!
 私的に面白かったのは、もちつきまつりの話。
 「私、ふつうの消防訓練だと思ってたんですけど、参考資料として去年の雪組さんの映像をもらって見たら、すごい面白くて…!!
 あれって毎年あんなに面白いんですか!?
 ゆみこさんは真顔で『火事だぁーーー!!』って叫んでるし、となみは人形に向かって『ミズさん、大丈夫ですかー!?』とか言ってるし(笑)」

 まさかのゆみこ&となみネタktkr!!!
 一緒に行ったゆみこ担Eちゃん共々、めちゃくちゃテンション上がりました(笑)
 そうなのよーもちつきまつりは楽しかったのよー。
 でもいちばん面白かったのは司会の消防署員さんだけどね!(笑)
 今あらためて見たらもちつきまつりのレポ、アップしてないですね。
 テキストはちょっと残ってるので、1年ごしにこっそり上げる…かもしれません。

 ****

 以上!!

 ああ、壮さんの面白さを私の文章ではまったく伝えられていないのが無念でなりません。
 とにかくお茶会に行って壮一帆さんがますます大好きになりました。
 ほんとに楽しかった〜☆
 次回もぜひ参加したいなあと目論んでいる私であります。

 公演レポもまだ上げられてませんが、こちらもそのうち書きたいと思います。
 相変わらずの長文でお見苦しくてすみません。
 ではまた!
posted by 白木蓮 at 02:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。