October 31, 2006

遠征トピックス

 いろんな経緯でここに飛んでらした方がいらっしゃると思うのですが、こちらには大楽およびサヨナラパレードの報告はございません、ので、ごめんなさい。
 どうぞ悪しからず…。
 ENAKさんが早速レポ上げてくれてますよー。
 さあ行ってらっしゃいな(何キャラ?)
 公式のハチマキ朝海さん(入りの写真)もカワユスです。

 私は入りを見て友達ブロガーさんたちとおしゃべりして、最後の公演が始まるころに宝塚を後にしました。
 なのでここに書くようなネタは別にないんですが
 私にとっては大事な遠征だったので、個人的な思い出メモなど。
 脈絡ないです。


■寝坊して飛行機に乗り遅れそうになり、電車を途中で降りてタクシー乗車。
 自分のアホのおかげで余分なお金がかかっちゃったけど、運転手さんがギュンギュン(らんとむ☆)(違うよ)飛ばしてくれたおかげで無事到着!!
 しかも高速代とか色々サービスしてもらってハッピーでした。
 運転手さんありがとう〜!!

■劇場では、あき姉さんつながりで知り合いになった方々と再会したり、初対面の方とお会いしたり。
 ミズファンの皆さんは明るくて気さくで元気な方が多い!!
 私が存じ上げているミズメイツさんは、皆さま例外なくパワフルです。楽しかった〜☆

■前楽の芝居のとき、前に座っている人の座高がめちゃめちゃ高くてものすごい見づらくて、どうがんばっても一部分盛大に見切れちゃってたのね。
 それで幕間にこっそり文句たれたりしてたんですが、ショーになったら視界がよくなってたの!!!
 どうも休憩のあいだに、隣のご友人と席を替わられた模様。
 何でかわからないけどラッキー☆
 おかげでタランテラとサヨナラショーは気分良く堪能させていただきました。

■サヨナラショーのペンライトは、ピカピカピカピカとめまぐるしく七色に光ってすごくキレイでした。顔の近くで振ってるとちょっと目がチカチカしたけど。
こんな感じ↓

たまたまこんな色に写ったよ

 柄の部分には「Hikaru Asami」の文字と、公演タイトルが印刷されてます。

■ホテルに帰る途中、maさんとごはん食べながらサヨナラショーの答え合わせ。
 でも二人とも忘れまくりでサッパリでした(・∀・)ノ
 アルバトロスの時もこんな感じでしたねー我々(笑)

■ホテルのスカステで『フェット・アンペリアル』を見る。
 やっぱりしいウメ最高。しいちぐ最高。
 しいちゃんの笑顔に、ほっこり幸せ気分をもらいました(´∀`*)

■そのあとの『追憶のバルセロナ』もちょっとだけ見る。
 コムロベルトがツンデレでカッコ可愛い〜〜〜!!!
 いま見てもものすごいときめくわ。

■入り待ちで私の近くにいた人が周りに誤情報を延々流してて、訂正するわけにもいかず困った。
 アミたんを見て「まーちゃんですよ!」とか(笑)
 マコさんを見て「あれが愛さん!!」とか(笑)
 本物のりらたんを見てやっと誤解が解けた様子…よかった…。
 でも、私のいたあたりはわりと雰囲気なごやかだったと思います。それほど押されることもなかったし。

■しいちぐメイツのジュンタさんとやっとお会いできた!!
 挙動不審ですみません!!
 フルールでおしゃべりできて嬉しかったです☆

■緑野さんと会話してて気づいたこと。
 私「あれ、壮くんて次の花組出ますよね?…てことは…オギーショー2連チャン!?」
 緑野さん「あ、そうだ!いや、ミュージックサロン入れたら3連チャンだよ!!」
 私「うわああーーーーーーーーー!!!!!」(激しすぎる反応)
 緑野さん「ひょっとして壮くん…オギー役者…??」
 ………!!!!
 (爆笑する私たち)
 (壮くんごめんなさい)
 (でも毎回ショーの壮くんに泣かされてます)

■宝塚を出たあと、飛行機が出るまで相当時間あったので神戸をフラフラしました。
元町で買ったペンダント↓

タランテラ!

 …うわーきもーい!!(笑)
 でも東宝行くときにつけていきます☆(というか他につける機会がない)

■帰りの飛行機は爆睡。
 離陸する前に寝て、気づいたら着陸してた。
 帰ってきた実感がまったくなし。

■帰宅してから弟と会話してて、何の話だか忘れたけど私が
 「関係ないじゃん!」と言ったら
 「ノー・リレイション!?」と直訳で返された。
 …ハマコせしるオヅキくらまチームの一員ですか?(笑)


 長いような短いような
 重いような軽いような
 時間の流れがあいまいで不確かで、それでいてとても濃くて鮮やかで、忘れられない二日間でした。

 みんなみんなお疲れさま。
posted by 白木蓮 at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 30, 2006

楽屋入り

 結局しっかり入り待ちしてきました。
 せっかくのホテルの朝食も食べずに朝っぱらから(笑)
 以下メモです。

■白い服に身を包んだ退団者の皆さんは、本当にきれいでした。
 ゆっさんがカッコいいよー。
 ゆっさんがファンの人たちに「なおきさん」て呼ばれてたよー。
 (なんか意外だった)

■白ワンピのりらたんが…!!
 激 カ ワ ユ ス !!!
 見てるほうがとろけてしまうようなまばゆい笑顔で、みんなに会釈をしていました。
 ああもうリアルに妖精だ。

■コムロさんのお出迎えのため、ワラワラと出てくる雪組生たち。
 最初にミズ先輩とりらたんが、運動会の緑ハッピで登場!かーわーいーいーー!!!
 ミズさんの手には拡声器。
 に、似合いすぎです先輩。プールサイドで生徒を監視してる先生みたいです(笑)

■下級生はみんな雪組ジャージを着て路上に整列。
 オスカルとかシルバとか、引き伸ばして切り抜いたコムロさんの顔写真を頭にくっつけている子もチラホラ。
 シルバさんカオ怖いっす…(笑)

■ハッピのまま路上に出てきて、指差しながら下級生の人数をカウントするミズ先輩。
 大マジメにみんなの立ち位置とかを微調整するミズ先輩。
 下級生に細かい指示を飛ばすミズ先輩。
 仕切ってる!完全に仕切ってるよ先輩…!!(震)

■ハッピ姿で頭を寄せ合い、真剣に何事かを打ち合わせているミズまー。
 てかりらちゃんは終始ニコニコで、ミズ先輩だけがすげー真剣なの(笑)
 「妹の宿題を手伝ってたらいつの間にか妹よりも真剣になってしまったお兄ちゃん&自分の宿題なのに放置して笑ってる妹」みたいな感じで、しかも顔が超〜近くて、思わずときめきました…。

■楽屋口には『スサノオ』の太鼓も出現。

■かっしーが!
 かっしーが!!
 コムちゃんのお面をデコにくっつけてビデオカメラ持って出てきたー!!(喜)
 笑顔キラッキラ。まぶしい。

■いよいよ本命登場。
 車を降りた朝海さんは、白いシンプルなジャケットに黒のパンツをお召しでした。
 みんなの歓声を受けてややたじろいでいる姫を、ミズ先輩とりらちゃんがガードしつつ誘導。
 ガードしてる幕というか棒?には、銀モールとペガたんのぬいぐるみがついてました☆
 てかミズまー、カメラに写らないように腰かがめすぎ。腰低すぎ(笑)
 キミたちはスタッフか??
 (注:次期トップとトップ退団者です)

■まず路上を通る朝海さん。
 道に並んでお出迎えした下級生たちは、コムさんが通り過ぎると次々ハケて、会の方たちが作っている通路に移動。
 コムロさんは手を振りながらゆっくり歩いてくれました。

■そのまま歩いてゲート側まで。
 よく見えなかったのですが、そこでなんか長いハッピ?長ラン?みたいな白い衣装を着せられてました。
 背中には「ゆ」の文字が(笑)
 白いハチマキも巻いてたかな。

■ゲート側で待っていたゆっさん・マコさんと合流して、同期三人+りらちゃんで会の通路を通って楽屋口まで。
 ミズさんはいつの間にかその場を離れ、また何か下級生を仕切ってらっさいました…。おつ。

■ちなみに楽屋口の中を見てた人によると、表はミズさんが仕切ってたけど裏はハマコさんがバリバリ仕切ってたらしいです。
 ビバ79期!!

■おもむろに太鼓班がスサノオ太鼓を打ち始める。かなり本気モード。
 そのビートに合わせ、「我が名はオスカル」の替え歌で
 「あー、我らのー コムさーん(コムさーん!)(←合いの手)」
 と熱唱する雪組生たち…。
 ううう可愛いよー。

■そして、すっかり一般ファン…というかむしろ運動会のお父さんのごとく真剣にビデオ撮影している貴城けい様(・∀・)ノ

■朝海さんが楽屋口に着いたところで、周りから一斉にクラッカーの嵐が!!
 四方八方から降り注ぐ長い紙ヒモに全身からめとられ、しばらく固まる朝海さん。アレ匂いもすごそうだな。

■ミズ先輩から渡された拡声器でしゃべろうとするものの、ボタン押せてなくて拡声できない朝海さん。

■やっとスイッチオン。
 「皆様、朝早くからありがとうございます。きょう一日、盛り上がっていきましょう!」
 みたいなことを、やや引き気味ながらも(笑)力強く言ってくれました。


 そんな感じかな?
 うん。これで悔いはない。

 東京で、待ってます。
posted by 白木蓮 at 14:46 | Comment(7) | TrackBack(0) | 朝海ひかる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 29, 2006

口づけよりも甘い痛み

 観劇後に鏡をみたら、ほっぺたにマスカラの黒い筋がついててびっくりしました。
 泣きすぎだ。
 あ、泣いたのはサヨナラショーじゃなくて本編ですけどね。

 詳細な感想は帰ってから書くとして、とりあえずサヨナラショーの簡単な報告のみ。
 抜けてるところや間違った記憶が多そうなので、気づいた方は指摘してやってください…。


■ショーが終わったあと、緞帳前で組長さんがご挨拶。
 退団者の名前を挙げて
 「新しい道に進む人たちにエールを送らなくてはと思いつつも、千秋楽を迎えるのが日に日に辛くなってきます…」
 と言って声を詰まらせていらっしゃいました。
 ナガさん…(ToT)

■そのあと、コムまーがトップになってからの作品を一言ずつご紹介。
 「淡い恋」とか「切ない恋」とか「悲恋の物語」とかいう説明が大半だったな(笑)
 ハッピーエンドはないのかーーーー!!!(ないんだよ!!!)(号泣)

■緞帳が上がると、聞き慣れた派手な音楽(「愛あればこそ」)とともに、カーテンに文字が!
 もももしやベルばら…?と思いきや、
 朝海ひかるさんのサインでした☆
 コム姫のサインがカーテンに!!
 それも最初からドーンとあるんじゃなくて、シュルシュルシュルッと光で書かれていくのね。
 つうことは、朝海さんのサインの書き順を綿密に研究したってことですね!?!?
 面白いぞスタッフ!!(笑)

■カーテンが開くと、大階段の上に白燕尾の朝海さん。
 曲は「我が名はオスカル」。
 いきなり来ちゃったよコレ(゚_゚;)))
 リーゼントで歌われるとなんか新鮮。
 そして階段いっぱいに白い薔薇の絵が現れたあと、コムカル様の映像が…!!
 大階段全体がスクリーンになって、懐かしいオスカル様が微笑んでいました。
 もちろん、劇場を飛ぶペガたんの映像もあり(笑)
 さすがオギー。
 大階段でこんなことできるなんて知らんかった。

■白薔薇のつぎは紅薔薇、ということで、銀橋渡りながら「ROSSO〜真紅に染まる夢」を。
 大階段スクリーンには、あのROSSO様の映像が。

■スクリーンの絵が切り替わり、『レ・コラージュ』のタイタニックで布がはためく映像に。
 階段の上から白ドレスのりらたん、袖からミズ先輩が登場。
 で、曲もタイタニックなんですが…
 樹里ぴょんの声がインプットされた耳に、ミズ先輩の歌声で
 「ときのぉ〜はざまに〜〜♪」
 って来るとチョトびっくりした…(すまん)

■デュエットダンスはタイタニックではなくて、Joyfulかな?
 パッヘルベルのカノンのやつ。映像もジョイフル。
 二人が真っ白で、近年見たことないほど優しく微笑みあってて、死ぬほど幸せな気持ちになりました。

■この途中でバーンと曲が変わって、ワンダーランドの「青い影」に!!
 うわあカッコいい!!
 コムロさんの豪快な股割り(表現おかしい)も健在。
 しかしニコニコ踊る真っ白なコムまーを見てて、今度こそ「コムまーが手をつないでハケる場面」(←悲願)が観られるかと思ったのに…。
 曲が「青い影」に変わったので、曲の展開どおり舞風さんがハケてそのまま男役群舞へとシフト。
 …最後まで夢は叶わずじまいでした…(;´Д`)

■青い影を踊り終えた朝海さんはハケ、他の男役が銀橋に出て「HeyHeyワンダーランド」を。
 ミズ先輩が「準備はできたか〜?」と歌ってるのもなかなかの違和感でしたが、何よりびっくりしたのは「ゴーアヘッワンダーランド、イッツオーライ!」(英語で書こうよ)を悠アニキがシャウトしていたことです。
 いやーびっくりしたけど超カッコ良かったよ!さすが兄貴!!

■男役陣と入れ替わりに有沙さん、愛さんほか退団者の皆さんが一人ずつ銀橋に出てきて「タカラヅカ・グローリー」を歌い継ぎ。
 ミズさんがハケるとき、袖から出てきたアミちゃんと下手花道でがっちり抱き合ってた…。
 ミズさんの顔が超やさしかった…。
 涙。

■上手花道から朝海さんセリ上がり。
 グレーの、ロレンツォっぽく上着丈が長い衣装でした。キラキラしてたけど。

■銀橋を渡りながら『睡れる月』より一曲。
 うしろの本舞台で、同期生ゆっさんが弓を引いてた。
 スタスタ出てきて、ピンッと弓引いて、ハケてくの(笑)ちょっとうけた。
 いつか、再び巡り合う日のあらんことを。

■銀橋から本舞台に戻って、ナディアりらたんとロマパリ主題歌。
 これ絶対やってほしかったのよ〜!!
 一曲まるまる歌ってくれてものごっつ嬉しかったです。
 途中コム姫が「この世界に♪」の歌いだしのキーを間違えたので驚きました。キーをミスるって珍しくない?
 「たとえ月日が♪」のとこのキーで歌い始めてしまった模様。

■同じ流れで、ロマパリの最初の場面かな?よくわからん。ハリーっぽくみんなが交錯するところ。
 このへんから愛さんのソロが続き、若干「愛耀子サヨナラショー」の様相を呈していました(真顔)
 さすがだ。アミたん。

■ハリーつながりで銀狼オープニング。(歌はアミたん)
 あの微妙すぎる振りが完全再現されてたよー!
 しかしある程度の大人数で一糸乱れず踊ると、こんな振りでもわりと見栄えがするんだなーと妙に感心。発見でした。
 つうかダンスが揃いすぎだ。すげーよ雪組。

■銀狼の途中からミレイユっぽい衣装で出てきたりらちゃんが、そのまま舞台に残ってジョイフルの一場面を。
 何だっけ、ジョイフルあんまりわかんないんだけど、コムロさんの場面をりらたんがやってたような。

■りらたんと交替で、真っ白い衣装の朝海さん登場。
 そのままコム姫のジョイフルソロ→全員でジョイフル!…かな?
 自信なし。

■みんなでジョイフルしてたら、真っ白な朝海さんがいきなり
 「お〜お〜大和よ〜〜♪」
 と一節シャウトしてセリ下がり。
 周りのみんながそれを引き継いで「大和よ」を合唱してくれました。

■りらちゃんが、『タカラヅカ・グローリー!』のロマンスで着てた水色のお衣装で登場。
 銀橋ソロは、イナダヒメの「泣くのはやめた」でした。
 ソロは絶対これだろうなーと思ってたからちょっと嬉しい!あらためて素敵な歌だ。
 りらたんが凛々しくて優しくて強くて、まぶしいほど美しかった。

■ヴァンサンのコート姿で現れた朝海さん。
 最後の曲はロマパリの「風のように」でした。
 これでペンライト振るようにとのことだったんですが、リズムが不安定で振りにくいの何のって…!!
 でもソフト帽にトレンチコートで去っていくコム姫は、本当に本当にカッコよくて。
 ここでやっと少し涙が出ました。

■で降りてきたカーテンには、やっぱり朝海ひかるさんのサインが。
 面白いよスタッフ(笑)

■コムロさんの挨拶は
 「えー、(ペンライトの光が)きれいですね…見とれてしまいました(笑)
 私は雪組で、宝塚の生徒として、この舞台に立てたことを本当に幸せに思っております。
 そして、皆様にお会いできましたことを、本当に幸せに思っております。
 どうぞ最後までよろしくお願い致します。本日は本当にありがとうございました」
 みたいな感じでした。


 あーーーー。
 幸せだったな。

 大楽は観られないけど、満足です。
 この場にいることができてよかった。
 客席でペンライトを振れてよかった。
 自分の目で朝海さんを観られてよかった。

 ほんとに幸せでした。
posted by 白木蓮 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝海ひかる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 28, 2006

陽だまりのなか のんびり行こうよ

 はてさて、
 明朝出発ですよー。
 まったくもって実感ありません。

 ****

 結局のところ、私にとっての「タカラヅカ」は東宝なんだなー。と思う。
 今さらだけど。
 宝塚の生徒さんたちにとってはまさしく「タカラヅカ我が心の故郷」なのでしょうが、私個人にとって、やっぱりムラはアウェーでしかなくて。
 (や、正確にはムラにおける俺がアウェーなんですが)(そこ間違えないように)
 ムラの大楽を観ない理由も、入り出をすることに抵抗を感じる理由も、要はそこにあるのかなぁと思います。
 だって向こうで入り出なんてしたことないもの。
 楽だからっていきなり慣れないことをするのは性に合わん。

 あー、何なんでしょう。
 全然うまく言えないけど。
 もしかすると祭りの混沌に飛び込むのが怖いだけなのかもしれないけど。

 でもやっぱり、私がきちんと落とし前つけられるとしたら東宝なんだろうな、と。
 そして、いくらまだ東京公演があるとはいえ、ムラを本拠地にされてる方たちにとっては明日あさってがひとつの大きすぎる区切りなんだろうな、と。
 だからその方たちが悔いのない千秋楽を迎えられたらいいな、と。
 とりあえず今の心境はこんな感じです。


 で、
 まあ屁理屈はともかくとして
 今はただ朝海さんに会いたいです。


 そんなとこで。
 おやすみなさーい。
posted by 白木蓮 at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 27, 2006

枯渇

 今週はブログ書けない週間でした。

 ていうか飲みが多すぎた…
 きょうも飲まされた…(;´Д`)
 私の心のスケジュール帳によれば、とっくにふあり茶のレポを上げてそれ以外にも色々企画をしてるはずだったんですが。おかしいなー。
 何事も予定通りいかない。番狂わせが面白い(時期はずれなネタ)

 そんなろくでもない生活をしてるせいか、なんか1日1日をこなすのにいっぱいいっぱいで、他のことをあまり考えられてません。
 たまに時間あると、来月のスケジュールを眺めて「花組いつ行けるかなー」とか考えたりしてます(・∀・)ノ
 (まごうことなき現実逃避)
 電車に乗ってるときも、iPodで「仕事現場の英会話」を聴いてたかと思えばいきなりブチッと切って「我が名はオスカル」を流してみたりとか(笑)
 自分でも自分がよくわからん。

 あああ。
 とりあえず荷造りしとくか。
posted by 白木蓮 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 26, 2006

づがれだ

 ほえーーーーーー。

 星組観たあと友達と会って朝まで飲み、家に帰って風呂に入ってそのまま仕事に行って、仕事のあとまた別の友達と飲んで、帰ってちょっと寝てまた働いてきました☆(意味がわからないよ)
 ちなみに24日のブログは友人宅で、場がダレてきた時にPC借りて書いたものです。酔っ払ってたのでもう何が何だか。

 さて
 ようやっと前楽のチケットを確保しましたよー(遅!!!!)
 仕事は休めそうだけど、飛行機に間に合うよう起きれるかどうかが心配。
 夜行で寝ていきたいなぁ。起きたら大阪☆みたいなね。

 ちなみになぜそこまでして飛行機なのかというと、マトヴさんがイメージキャラクターを務めるANAの貸切公演にエントリーしているからです(もちろん狙いは花組公演)(大劇場なのに)


 そんなわけで実感も何もないままムラ突入な予感。
 楽日の予定は未だに決まってません。
 入り待ちくらいはするんだろうか(他人事っぽい)
posted by 白木蓮 at 23:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 24, 2006

衝動

 星組2回目観てきました。
 昼はオクラホマ突撃予定だったんですが、雨と風と睡魔と金欠に負けて結局ひきこもり…。
 どうもオクラホマは観られないまま終わりそうです。
 いま置かれている状況(雪東宝と花全ツと花青年館がスタンバイ中)を考えると行かなくて正解な気もする。
 でも越リュウの女役は観たかった…越リュウ…!!!!(後悔の嵐)

 で本当に夕方というか暗くなるまで家でボーッとしてて
 どすっぴん&髪ボサボサのまま日比谷へ出動してしまいました。
 電車で眉毛くらい描こうかと思ったんだけど、鏡を持ち歩いてなくて…アヘ☆(女子としてそれはどうなのか)
 きょうはkineさんがいらっしゃるはずだったので、kineさんに見られるだけならまあいいか!と思ったら、こういう日にかぎってkineさんのリアルのご友人とサトリさんにも遭遇…あわわわ。
 穴があったら入りたい_| ̄|○
 というわけで、ひどい恰好ですみませんでした!!(笑顔)(笑ってごまかさないように)


【本日の感想】

・トウコちゃんが幕開きで歌う歌が本当に良くて良くて、劇中で出てくるたびに泣く。

・プロローグのチエとなが可愛すぎ…(デロデロ)
 でも柚希くんは全体的にややお疲れ気味に見えました。大丈夫かな。がんばれー。

・アンソニーの芝居が前回より更にノリノリでパワーアップ。客席の反応もものすごくいいのでゴキゲンそう(笑)
 なんか、芝居を見てこんなに素直に笑ったのって久々な気がする(ファントムはよく笑ってたけど)(まちがった意味で)
 ワタトウが二人とも口紅ピンクでカワユス☆

・ワタさんの仮装は6種類もあるらしいのに、まだ1種類しか見れてません。前回も今回もピンクのやつでした。
 あの場面はトニャミが最強にかわいいよね!!!トウコちゃんのドラキュラもカッコ良くて似合ってるし。
 「かもね」の曲のラストの「カモンベイベー」「シェケラベイベー」が好きです(笑)

・しいちぐの場面がだんだんフューチャーされてるような…??(主にみきちぐの台詞が)

・みらんクンの「象さん、象さん、キリンさん、おサルさん♪」が本当たまらん。くっそーーだから退めるなっつうの!!(逆ギレ)

・ラスト15分くらい、だーだー涙が出て大変でした。
 なんかもうすべてに泣けるんですが。どうしよう。

・ショーのプロローグのカップリングをやっと5組とも見た(前回チエみなみしか目に入らず)
 ト、トウコ姫がウメ王子(違う)と組んでいらっしゃる…!!!(゜Д゜;)
 ヒヅキさんがとても健気でした。

・惜別の場面はもうどうしたらいいのか。
 涙も出なくて、ただひたすら飲まれた。舞台の空間の大きさに。

・ウメちんのロケットはなんとも贅沢だけど、個人的にはロケットガールはもうちょっとムチムチ系が希望です(知るかYO)


 …そんな感じで(それだけ!?!?)

 笑いつつ泣きつつ、それでも穏やかに観終われるはずでした。
 幸せな気分で帰れるはずでした。


 

 それが、最後の最後に、予定調和を乱された。







 自分でもさっぱり自分の思考回路がわからんのです。
 何がどうつながっていたのやら。

 ただ
 ワタトナの壮大なデュエットダンスを見ているときに突然、
 前触れもなく、


 朝海ひかるさんに会いたい、と思った。


 ワタルさんが優しくてとにゃみが美しくて、ふたりの表情があまりにキレイで、リフトは豪快で。
 その大好きな二人を愛しく見つめていたら、本当にいきなり、
 コム姫に会いたいと思った。


 何なんでしょう。
 全然わかんないの。
 ただ、会いたくなったの。
 舞台で踊る朝海さんに会いたくなったの。


 びっくりした。
 そしてそう思ったとたんに、それこそ滝のような勢いで涙がドバババババーーーーッと出てきて、またびっくりした。
 止まらなかった。
 たぶんタカラヅカの舞台を観ててここまで泣いたのは初めてだと思う。
 泣きすぎて逆に舞台見えないよ、ぐらいな勢いでした(だめじゃん)

 だからデュエットダンスの後半〜パレードはあんまり覚えてないです。
 なんかもうひたすら泣いてたから。


 はーー。
 いま思ってみても、あの衝動が何だったのか本当にわかりません。

 単純にサヨナラの姿を重ねていたのか
 無意識に週末のことを気にしてたのか
 ただ単にコム不足なだけなのか
 それとも。

 最近雪公演を観れなかったぶん花とか星とかで盛り上がってたし、それでとりたてて困ることもなかったし、私はそういうタイプの人間だし、むしろこのままいくとスケジュール以前にお金なさすぎて本気で楽ダメかもな〜諦めようかな〜…とか淡々と思ってたのに(そうだったのか)
 なんかそういうの全部吹っ飛ばされてしまいました。


 とりあえず
 後悔だけはしないようにしよう。

 ハイ。
 わけわかんない記事ですんません。
 そしてコメント返しとメールのお返事も滞っててすみません…。
 明日かあさってかしあさってには必ず!!!(遠いな!)
posted by 白木蓮 at 23:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 22, 2006

雨ですね

 自宅の最寄り駅に着いたときは小降りだったのに「これなら傘買わなくても大丈夫ね!」と歩きだしたとたんにザンザカ降り出してしまい、気がつけば目が開けられないほどの大雨。
 ようやっと帰り着いたときには「間違って着衣水泳をしてしまった人」みたいなことになっていた白木蓮ですコンバンワ☆
 雨女っぷりならミズ先輩に負けません。(そこは自慢するところじゃない)

 最近やらなきゃいけないことから逃避しがちで、ついつい花組アーネストとか星組ソウルオブシバとか、幸せになれる系の作品をぼんやり見てしまいます。
 アーネスト久々に見たなぁ。
 やっぱりらんとむいちかは私の心のオアシス。

 こういう公演DVDを久しぶりに見ると思うんですが、
 それなりに回数観た作品というのは、DVDで観てもスッとその時の気持ちを思いだせるんですよね。
 アーネストの可愛らしいオーヴァーチュアが始まる、その最初の気配とか
 ソウルオブシバで開演アナウンスよりも前に流れるタップの音とか
 長崎しぐれ坂で緞帳が上がる前に聞こえてくる、情緒ある音とか
 そういうのを聞いた瞬間に、実際に観てたときの温度がものすごくよみがえってくるときがある。
 日生のクラシカルな座席の感触とか、星楽の日の焦げつくような暑さとか。
 っていま書いててもハッキリとは思いだせないようなことが、DVDを再生した瞬間にふっと皮膚に戻ってくることがあって、その一瞬がすごく好きです。
 いざ本編が始まると、「えーー私はここでマトヴをピン撮りしてたのに!!マトヴ映そうよ!!」とか色々思うんだけど(笑)
 でもそういう鮮やかで立体的な記憶があるのは幸せなことだな、と。
 たとえば実際の舞台を観てないAcrossやオサコンは、どんなに大好きでも私にとっては二次元の記憶でしかなくて、三次元の記憶を持っている人が本当にうらやましいなーと思うわけです。

 その鮮やかさが怖くて、アルバトロスDVDは未だにビニール包装すら破ってません(笑)

 さて、あと1日がんばればオクラホマと星組が待ってるぜ。
 週末のことはまだ考えないようにして、バンバリー口ずさみつつ踏ん張ります。
 それじゃ!!バ〜ンバリ〜!!!(時々無性に使いたくなる合言葉)
posted by 白木蓮 at 23:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 21, 2006

GRAPH11月号とか

・グラフ買ってきました。

・表紙のワタさんがかっこよすぎ。
 そしてインタビューの隅々にまでワタルさんの人間としての素晴らしさが溢れていて本当にどうしようもなく泣けてしまう。この人がいなくなることが未だに信じられない。

・今月の名言→「わたさんは、すっしぃのわたさん!」

・ゆうこちゃんといい、ワタルさんは76期に愛されまくりだなぁ。やさしい本科生だったんだろうなぁ。

・オサアヤは稽古場でもプリティ☆
 ていうかむしろ、稽古場のほうが可愛い。
 ていうかむしろ、化粧道具一式持って彩音たんの化粧前に乗り込みたい(真顔)
 今の舞台メイクじゃ絶対損してるって!!
 ぜーーったい私が化粧してあげたほうが美人になるって!!(思い込み)

・ファントムに羽交い締めにされるフィリップ様が、稽古場だと暴漢に襲われてる乙女のようです(赤面)(するな)

・星組ベストショットセレクションは、わたとなが二枚もあって嬉しい☆

・びびりながらも楽しみにしていたコムまーポート。
 ドレッシーで、TAKARAZUKA REVUE 2006みたいな感じね。
 うん。いいんじゃない?
 別にガックリくるわけでもなく、かといって舞い上がるでもなく、自分でも驚くほど平静に見られました。
 なんかもうね、私はね、この二人が一緒にいてくれたらそれでいいんだと思う。
 ひとりで淡々と輝いてる朝海さんの横に、それでもりらちゃんがいてくれたら、それでいいんだと思う(痛)

・とか言いつつ、左ページの右上のショットでコム姫がりらたんを見つめているのが死ぬほど嬉しかったりします(解脱しきれてない)

・ファンタジスタのまとぶんがキラキラしてるーーー!!!(´∀`*)
 微妙にかよまと話が出てきたのもツボでした。

月組の殿ったら、いつのまに他組の姫にまで手出しを…(大誤解)

・学生時代のあすか嬢のバイタリティがすごすぎる。
 一度でいいから「勉強にはまる」という感覚を味わってみたいものです。
 彼女のようにしっかり勉強してれば、私の人生違ってたかなぁ…と思わず真剣に考えてしまった。


 そんな感じで。
 あーーーそういや東京国際映画祭が開幕しましたねー!!
 (いきなりグラフと関係ない話)
 我らが檀れい姫、プレミアにはやはりお着物で出席されたようで。
 写真とニュースがヤフーに出てました→コレ

 あの。
 ダンレイのダンは「檀」ですよヤフーさん!!!
 「壇」じゃないっすよ!!!
 (どうしても言わずにいられなかったらしい)
posted by 白木蓮 at 23:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | タカラヅカ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 20, 2006

ハロー!ダンシング

 ワークショップ情報出ましたねー。
 やるのは勿論いいんですが…ワークショップで75分で4500円て高くないか?
 「ワークショップ」と銘打つ意味がどこにあるのかさっぱりわかりません(・∀・)ノ
 若手の勉強の場だというなら、もうちょっと謙虚なお値段にしてもいいんじゃないのかしら。ぐちぐち。

 そしてタイトルが…
 だ、ださすぎる…_| ̄|○
 『ハロー!ダンシング』ですよ皆さん。
 はろー!だんしんぐ。
 口にすればするほど全身が脱力していくようなこの語感。
 ヤングブラッズのほうがなんぼかマシだったと思わせるこのレベル。
 ヤングブラッズはいつのまにか「ヤンブラ」とか言われてましたが、こっちは回数重ねるうちに「ハロダン」とか略されていくのでしょうか。
 考えただけでちょっと鬱。
 あーでも元気ハツラツなメンバーがいっぱいで楽しそうだなー!
 たぶん観にいけないですが、ご覧になる方の報告を楽しみにしてます☆
posted by 白木蓮 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 19, 2006

ライバルはホットペッパー

 仕事場の事情で週末のムラ行きが実行不可能になり、かなーり落ち込んでいる白木蓮ですコンバンワ☆
 ううう。久々にでかい打撃でした。
 なんかね、ちょうどほかにも色々とへこんでる時だったから余計に。
 代わりにもらった休みは水曜だし_| ̄|○
 と、とにかく気持ちを切り替えよう!と思って映画観にいったら、それがまためちゃくちゃつまんなくてさらにテンション落ちたという…(笑)

 でも夜に某お笑い番組で大事MANブラザーズバンドの「それが大事」を耳にして、ちょっと浮上しました。

  負けない事
  投げ出さない事
  逃げ出さない事
  信じ抜く事
  ダメになりそうな時 それが一番大事

 …うわあ懐かしくて泣けてくるよ!いい曲!!(またしても年齢詐称説発覚のヨカーン)

 負けないで投げ出さないで逃げ出さないで信じ抜いて、もうちょっと頑張れオレ。
 と、しみじみ思った夜でした。


 せっかく銀座にいたのに(←映画観たから)日比谷に行きたいと思わなかったのも久しぶりで。
 普段なら用もなくキャトル行ったりするのにねー。
 きょうはラーメンすら食べたいと思わなかった(珍)
 まあそんな日もある。
 あしたは久しぶりに食べに行こうかな!!


 なんか私が思った以上にパク=シャンテのラーメン、のイメージが強いらしく、ヅカメイツとごはん食べるときに「パクちゃんラーメンじゃなくて大丈夫?」と気遣っていただくことが結構あるのですが、あの、大丈夫ですよ?(笑)
 食べたいときは観劇がなくても仕事帰りにフラッと行ったりしてるんで!!(ある意味大丈夫じゃない)
 ついに店の人に顔覚えられちゃったので、こうなったらもっと仲良くなってディスカウントキャンペーンを張れないものか…などとくだらぬ事を考えている今日このごろです。
 「『甘い生活。』を見た」と言えばトッピング1個サービス!!
 とかね!!(・∀・)ノ
 (真性アホ)

 そんな影響力のあるブログを目指して、これからも頑張りたいと思います☆(目指す方向が明らかにおかしい)
posted by 白木蓮 at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 18, 2006

本日のヅカネタ

 ENAKのまとぶんかわいーいーーー!!!!
明朗快活、飾ることのないお茶目な性格の人だが、ショーの舞台では一転、オールバックリーゼントが抜群に似合い、まさに上品でクラシカルな宝塚の正統派男役の魅力を見事に体現している。
 オールバックリーゼントが…
 抜群に似合…い…??
 (・∀・)?
 (・∀・)???
 (疑問符つけすぎ)
 いや、確かにかっこいいけど。昔より断然似合うようになったと思うけど。
 抜群かどうかと言われると…モゴモゴモゴ。
 あくまでも個人的には、ですが、前髪バサバサしてるほうが好きです(直球)

 そういやマインドトラベラーの公演ポスター、いつのまにか青年館バージョンがDCバージョンと同じデザインになってました。
 評判悪かったのかな青年館版…(笑)
 いやいや、きっと私と同じ嗜好の人が多かったってことですね!!(ポジティヴ)
 追いつめられる真飛聖マンセー!!!

 ****

 今日ちょっとだけキャトルに行ったので、スターカレンダーとか見てきました。→こんなやつ
 表紙のとなみあやねがもう、可愛くて可愛くて可愛くて…!!!(溶)
 真っ白!
 ホワホワ!!
 妖精がふたり!!!
 あの何ですか、コレは私のための人選ですか?(真顔)
 もうホント可愛い。ホントなごむ。
 まあ欲を言えば、彩音ちゃんもカーディガンとか羽織ってないでとなぽんみたいに素肌出したほうがいいと思うけどね!(いっぺん逮捕されろ)

 全体的にも、今回は皆さん写真がキレイだと思います。
 唯一の失敗といえば瀬奈さんのシャツのボタンがいちばん上まで止まってることぐらいで。
 あとこういう写真になるとなぜかトウコ姫は妙にドレッシーなのが気になる。なんで?姫だから??(笑)

 とりあえず
 桜乃家のカレンダーは1年じゅうオサ様のページ、に2000従者。(だから単位にすんな)

 そしてミズ家のカレンダーは…と勢いで書きそうになって、
 このカレンダーに朝海さんがいないことをあらためて思い知りました。
 (注:思い知るタイミングを間違っています)
 今年はいるのにね。来年はいないんだよね。
 ふとした時にこうやって気づくのがいちばん辛い。

 あー、雪組のブロマイドも見てきましたよ。
 全部欲しくなっちゃって選べなかったから、結局買わなかったけど。
 りらちゃんのもコムまーのもいいなぁ。
 パンツで大階段下りてくるりらたんカコヨス!!!(´∀`*)
posted by 白木蓮 at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 17, 2006

星組チーム分けとか

 うおおー更新できてない!!

 14日に真白ふありちゃんのお茶飲み会に行ったのでレポを上げたくて仕方ないのですが、書き出すと夜中までかかりそうでなかなか取りかかれません。
 そうこうしてるうちに忘れちゃうよーどうしようー(すでに忘れかけてる人)
 とりあえず、ふありタンは犯罪的な可愛さでした!!!(要約)

 次の星チーム分けも出ましたね。

 ドラマシティ↓
(星組)万里柚美、にしき愛、安蘭けい、紫蘭ますみ、立樹 遥、彩愛ひかる、涼 紫央、星風エレナ、琴まりえ、祐穂さとる、遠野あすか、美城れん、南海まり、銀河亜未、華美ゆうか、一輝 慎、麻尋しゅん、水輝 涼、妃咲せあら、紅ゆずる、成花まりん、美弥るりか、羽桜しずく、遥奈 瞳、南風里名、直樹じゅん、天寿光希、優香りこ
(専科)一樹千尋、磯野千尋

 れおんバウ↓
(星組)英真なおき、朝峰ひかり、美稀千種、百花沙里、綺華れい、柚希礼音、天霧真世、梅園紗千、和 涼華、陽月 華、花愛瑞穂、初瀬有花、純花まりい、七風宇海、如月 蓮、白妙なつ、蒼乃夕妃、大輝真琴、音波みのり
(専科)千雅てる子
 おお、なんかDCは脇を固める芸達者が多くて見ごたえありそうだなー!!なんか濃いなーー!!
 …と思ったら、バウも普通に組長とかきんさんとかモモカ姐さんとかみきちぐがいた(笑)
 こないだkineさんとも話してたんですが、星組は渋い脇役者がいっぱいなんですよねえ。いまどき貴重な組だ。若手もみんな色濃いし。
 こんなに両方キャラ強い感じなのに、まだアカシとかコロちゃんとか鶴美くんとか夢乃くんが残ってるんですか!?
 底知れない集団だな星組って…(゜Д゜;)

 とにかくDCは、各人のキャラを炸裂させてくれたらそれだけで面白そうだな、と。
 そして大野くんはリアルにせあらちゃんが好きなんだろうな、と(怖)
 というよりまあ、フェットアンペリアルメンバーが好きなんでしょうね。メンツかぶりまくりだもん。みんなにいい役書いてあげてください。

 バウは…も、もしかしてチエウメ……?
 (こっそりと確認してみる)
 今さらこのコンビはないだろうと思ってたからちょっと嬉しいなー!
 てか、チエウメで『フットルース』をやってほしいほしいと言い続けてた自分の夢が8割くらい叶った気がする!!(真顔)
 ただ、もうちょっと早くやれよっていう気もすんですけど。本公演3番手格のスターがやる作品じゃないような。
 まあなんだかんだ言って彼らのダンスは大好きなので、すごい楽しみです。
 とか言って蒼乃夕妃ちゃんヒロインだったりしてね(笑)

 本日のまとめ:稲葉くんは千雅てる子さんが大好きらしい。
 (せあらスキーよりは健全)(そうか?)
posted by 白木蓮 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 15, 2006

愛するには短すぎる

 本日、星組初見でした。
 いやー楽しかった。
 楽しくて楽しくて、それなのに涙が止まらなくて困った。
 幸せな3時間でした。

 詳しい感想もそのうち書きたいのですが、とりあえず大ざっぱな印象メモです。


【愛するには短すぎる】
・幕開きのトウコさん素敵〜〜〜〜!!!歌もさすが。
・とにゃみのセーラーが可愛すぎる…!!!ウエストほっそいな!!
・れおんくんとのペアが新鮮でまた良し。
・すずみんがセレブすぎて一目でわかる(笑)こういうの似合うよねー。
・ふありちゃんのメイドコスは犯罪だ。
・しいちゃん船長が面白カコヨス☆見てるだけで笑顔になります。
・れおんくんが爽やかキャラかと思いきや黒い役でびっくり。
しかも髪チリチリでびっくり。
・最初は戸惑ったけど(笑)、慣れたらカッコよかったです。
・ワタさんかっこいいーーーーーーー!!!
・マヤさんかわいいーーーーーーー!!!(・∀・)ノ
・正塚芝居のマヤさん本当に好きだ。
・消防訓練があんなに面白いのは、船長が立樹さんだからこそだと思う。
ワタトウのラブラブ場面が長すぎて、このままワタトウオンリー芝居だったらどうしようかと思った(真顔)
・いやーいいですねワタトウも!!!
・トウコ姫が楽しそうで超可愛い。
・ワタとなトウコの会話のテンポもなんだか超可愛い。
・カズくんの出番が多くてびっくり。
・しいちぐキターー!!!!(・∀・)ノ
・陽月さんスタイルよすぎ…。
・すずみんのセレブっぷりにワクテカ。
・みなみちゃんのキャラが立っててよいよい。
・老人たちの体操インストラクターをやってるみらんクンが素敵すぎる。
・前半はワタトウばっかでしたが後半はワタトナがっつり。
わ た と な ……!!!!!!!!(涙)
・正塚ヒロインのとにゃみも好きです。
・ワタさんと顔を合わせないために走りながらしゃべるとにゃみが好きです。
・ていうか、白羽さんならどんな役でも大好きです(告白)
・ワタルさんのあばら折り抱きしめ技が繰り出されたところで涙の堰がブチッと切れました。
・「一生分、一緒にいよう」「できるかな…」の台詞でさらに号泣。
・そのあとの有無を言わさぬ愛情表現に惨敗。
・何の台詞もなく、ただ手を握って見つめ合うだけで数分間の場をもたせるワタトナ(´∀`*)
・ほんとにね、あの一角だけ空気がちがうの。
・そのラブラブ場面が眩しすぎて、だからこそ別れが死ぬほど切ない。
・銀橋で手にキッスとかもう無理。
・デュエットのとなぽんがボロボロ泣いてて…(;´Д`)
・去って行くワタさんと、別の場所で新しい何かを始めるトナミ…という図があまりにもリアルで、それを見守るトウコさんが優しくて、ほんとうに涙が止まりませんでした。
・あの別れの場面は、正塚芝居の真骨頂だと思う。
・正直あそこで終わってくれたほうがよかった。
・最後のワタさんの台詞はサヨナラ色が強すぎて、かえって涙が引きました(すまん)
・でも、コートを引っかけて歩いていくワタルさんの姿は、本当に本当にかっこよかった。


【ネオ・ダンディズム!】
・うおおおおいきなり「疵」ですか!!
・岡田氏この曲好きだなー。何度聞いたことか。
・しかし星メンにこれほど似合う曲もそうそうない。
・トウコさんがダンディズムを語るというのはチラッと聞いてましたが、まさかあんなにしっかりレクチャーして下さるとは思いませんでした(素)
・「ダンディズムとは…」ってオイ!!
・娘役さんの群舞がすごいきれい。
ミラユカのおヒゲが、ショーの一場面にしては気合い入りすぎ。これから芝居一本くらいやりそうだ(笑)
・そしてマヒロくんのヒゲが微妙…。
・随所で出てくる柚希−湖月−安蘭、の並びを見て、なんだか不思議な気分になりました。
・ウメちんはどんなダンスもかっこいいね。
・キャリオカはベルリン公演の印象が強すぎていまいち感動できず。まあ、しょぼい新作よりは出来のいい旧作を使ってくれたほうがいいけど…。
・でもベルリン公演でりらたんが踊っていた「キャリオカの女S」を、ベルリン公演でりらたんと知り合いになったというトニャミがやっているのは感慨深い。
・なんだかんだ縁のある二人だなぁと。
・キューティーエイトがみんなかーわーいーいーーーー!!!
・それにしても岡田氏は自己模倣が多いな!と少々テンション下がりかけたところでポラリスの場面が。
・ここは…やばいね。もう何も言えません。
・チエウメのダンスがかっこよくて、トウとなの歌声が切なくて。
・みんな本当に輝いてて、そしてそのすべてを照らす光がワタルさんなんだな、と。
・またしても涙止まらず。
・ポラリスの印象が強すぎて、そのあとあんまり憶えてない…。
・とりあえずロケットガールのウメちゃんが素敵だった。
・ワタルさんに抱きつくとなぽんの図がたまらんかった。
・みらんくんとエンディに見せ場を作る演出がニクイ。
・コロちゃん大活躍☆
・みなみちゃんとコトコトとウメちんがみんな大階段センター下り!!
・しかし主題歌がいまいち盛り上がりに欠ける。
結論:星組はダンディでした。


 あああ本当になぐり書きですね。
 書き落としたこともいっぱいあると思うけど、詳細はまたのちほど。

 ****

 そういえばサイドバーにタグ検索を追加してみました。
 が、ブログの記事自体にまだほとんどタグをつけてないので、現時点ではまったく機能してません…ごめんなさい。
 そのうちガツガツ作業します。
 では!!!
posted by 白木蓮 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 13, 2006

元祖ときめきカポー

 何日か前ですが、風花ユウコ姫が星組公演をご覧になったという話をご自身のブログで書いてらっしゃいました。→コチラ
 それ見て唐突に思いだしたんですけど
 私のタカラヅカ人生の中で湖月わたる氏に関していちばんときめいたGRAPH記事って、ユウコ姫との対談なんですよねーーー!!
 もうね、写真からしてすんごい可愛かったの!!
 二人とも浴衣で!リアルに花火大会カップルな感じで!!
 ゆうこちゃんがピンクの浴衣でウチワか何か持ってて超かわいくって!!!(力説)

 それで話の内容がまた、まあ何年も前なんでほぼ忘れましたが
 「ユウコは昔から可愛かったよ。前歯がキュッと出ててさ(笑)」
 「そういうワタルさんは私の王子様なんですよね♥」
 みたいなベタベタデレデレの会話でねー(´∀`*)
 いちばんときめいたのは、音楽学校時代に二人で遊園地に行った話。
 「予科生と本科生が一緒に出かけるのはあんまり良くないから、隠れて待ち合わせてコッソリ行ったんですよね」とか言ってて。

 (゜Д゜;))))))
 オイオイオイ何だ何だそのお忍びデートは!!!

 と、ひとりで無駄にうろたえた記憶があります。

 大きくてあったかくて包容力満開の男役と、ちっちゃくて気が強くて可愛いダンサー娘役。
 見つめ合うとラブラブ。
 ホワホワ。
 デレデレ。
 甘々。

 要はアレです。
 いまで言うところの蘭とむいちかです(いや唐突すぎてわからん)
 (・∀・)ノ
 ワタルゆうこは別に舞台で組んだりしてたわけではないので(一緒に海外公演に行ったらしいけど当然見てない)比べにくいんですが、なんだか持ち味がかぶるんですよ。私のなかで。
 ゆうこ姫とイティカはもともと顔も似てるしね。エラとか(笑)
 そっかー、とむいちかに落ちる素地はもともとあったのかオレ…!!と
 ふと気づいた出来事だったので書いてみました。

 あーあのGRAPH記事どうしたかなー。
 あまりに好きだったので、切り抜いてスクラップしてたんですけどね。ヅカ離れしてた時期に捨てちゃった模様。
 ワタさんメモブにはたぶん載ってるよね!!
 今度チェックしてきまーす☆
posted by 白木蓮 at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | OG・外部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 12, 2006

檀姫情報

 檀れい様の雑誌掲載情報がドカンと出ました。
 コレです。
 あまりに多いのでリンク貼るだけにしようかと思ったんですが、
 あまりに多いので嬉しすぎてコピペします(・∀・)ノ

「美人百花」(株式会社角川春樹事務所)11月号
 特別インタビュー
 (10/12発売)

「パピルス」(幻冬社)
 巻頭グラビア「Birth Place」インタビュー
 (10/28発売)

「non-no」(集英社)
 連載コラム「ハッピーのキーワード」インタビュー
 (11/5発売)

「歴史街道」(PHP研究所)
 巻頭グラビア「この人に聞く」インタビュー
 (11/6発売)

「いきいき」(ユーリーグ)12月号
 原作・藤沢周平&映画「武士の一分」特集インタビュー
 (11/10発売)

「キネマ旬報」(キネマ旬報社)
 巻頭グラビア「Face」インタビュー
 (11/20発売)

「婦人公論」(中央公論新社)
 特別インタビュー
 (11/22発売)

「body+」(実業之日本社)1月号
 「カルチャーナビ・ピープル」インタビュー
 (11/23発売)

「時代劇マガジン」(辰巳出版株式会社)Vol.15
 映画「武士の一分」特集インタビュー
 (11/25発売)

「Grazia」(講談社)シネマインタビュー
 (12/1発売)

 ハイ!
 その数なんと10件!!
 す、すげーな山田洋次&キムタク…。
 今さらながらに実感する今日このごろです。

 せっかくキムタク様なんだから、監督と一緒にビストロとかも出ちゃえばいいよね!!(無責任発言)
posted by 白木蓮 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 檀れい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 11, 2006

オサあやね祭り3

 メールフォームから教えていただいたのですが、私ひとりでときめくにはもったいないネタなのでご紹介。

 オサファンの皆さまはすでにチェック済みかと思いますが
 VISAサイトの「春野寿美礼メッセージコーナー」で、今月のオサ様が彩音語りをしてらっしゃるそうですよ!!!→コチラ

突然ですが、相手役の桜乃彩音に対して感じていることをお話しようと思います。
 ってこの一行だけですでにときめくんですけど(笑)
 「突然ですが」!!
 いきなり彩音たんについて語りたくなっちゃったんですねオサ様!!(喜)

 本当はこの行以下を全部コピペしたいのですが、さすがにそれはまずいと思うので
 メールくださった方もときめいていた、後半部分だけ載せときます。

彼女は、毎朝化粧前に、お花を飾ってくれるんです。野花のようなかわいらしいお花を毎朝、生けてくれています。私が劇場に到着すると、もう差してあって、毎日違うお花! 大変だから、気持ちだけで十分だよと言ったら、お花が大好きだから飾りたいんですと言っていて……。なかなかできることではないですし、そういう思いをもってくれているということはすごくうれしいですね。

 ・:*:・(*´∀`*) ・:*:・

 ・:*:・(*´∀`*) ・:*:・


 ・:*:・(*´∀`*) ・:*:・


 あやね…
 かかか可愛すぎる…(´∀`*)


 私も大学のとき部室に花を活けていたことがありますが(と可憐なイメージを強調)(無駄な努力)、たとえ週に1度でも、やっぱり花を選んだり活けたりって大変ですよね。
 それを毎日毎日つづけるのは、生半可な気持ちではできないと思う。本当に。
 1日2日なら誰でもできるけど、1ヶ月半はできない。
 しかも自分自身も舞台のことで大変なのにねー。
 その根気と、本気のオサ様LOVEっぷりに感動します。


 彩音語りの前にファントムの話&うたかたの話をちょっとしてるんですが、そこにもひっそりと萌えどころが。
 うたかたの話で
主題歌も皆さんご存知のデュエットで、あの曲を私とあやねが歌ったらどんな感じになるのかな、といまからとても楽しみにしています。
 と…。



 私とあやねが。


 私とあやねが。


 私とあやねg(もうわかった)(反応しすぎ)


 
 わざわざ「あやね」って言わなくても文脈通るのにさー。
 もうーーほんっと可愛いですねオサ様!!!

 (・∀・)ノ
 (・∀・)ノ


 そのほか
 宝塚でのオサアヤトークショー
 東京でのオサアヤトークショー
 の様子も、それぞれちょっとずつレポがあります。


 ……………


 先生!!(挙手)

 意味のわからないラブラブっぷりなんですがどうしたらいいですかこれ!!


 _| ̄|○



 えーっと
 オサアヤメイツは窒息しないようにちょっとずつ読むのをお奨めします☆
 あ、オサ様のそのか語りも読めます(笑)

 こんなにいろいろ載せてくれたVISAグッジョブ!!
 むしろ春野さんをイメージキャラクターに選んだVISAグッジョブ!!(遡りすぎ)

 VIVA!!VISA!!
 (それが言いたかっただけらしい)


 教えてくださったSさま、本当に本当にありがとうございました。
 これと今月の歌劇だけでしばらく生きていけます…。
posted by 白木蓮 at 23:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 10, 2006

DDD

 超いまさらな話。

 DDD(ダンスダンスダンス)という雑誌に朝海ひかるさんが出ているそうなので立ち読みしてきました。→こんな雑誌

 このDDD、創刊当時は個性的なダンス雑誌が出てきたかなーと期待したんですが
 いつのまにか普通の舞台エンタメ雑誌になっちゃいましたね…。
 残念(;´Д`)
 でもほかの同系統雑誌に比べればオサレで好きです。

 コム姫は、ニナガワミカ先生が好きそうなリボンタイ付きの黒いお洋服(説明が粗すぎてすんまそん)で登場。
 見開き2ページにわたっていろんな美しいポーズをとってらっさいますが、肩のデザインがしっかりガッチリした服なのでポーズのラインがきれいに出ないのがもったいない!!
 もうちょっとすんなりしたラインの服着ればよかったのに〜〜〜。いや、似合ってるけど。
 きれいな骨格をいかした、ナチュラルかつ中性的なメイクがなかなかいい感じです。憂いを秘めた表情もステキング☆
 これで下まつげと下アイラインをもっと強調してくれれば完璧(朝海さんの下まつげ強調メイクが大好物な人)

 インタビューは、さすがに普通のメディアよりもダンス寄りの話題が多くて新鮮でした。
 バレエの発表会で「瀕死の白鳥」を踊った、とかね。
 うおおそれ見てえーーーーー!!!!
 (・∀・)ノ
 好きなダンサーはジョルジュ・ドンにギエム…意外と普通だ(笑)

 買うほどでもないような気がするけど、本屋さんに行く機会があればゼヒ!!一見の価値ありです。
posted by 白木蓮 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝海ひかる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 09, 2006

花組配役

花組『うたかたの恋』その他の配役決定
花組『MIND TRAVELLER』配役決定
花組 退団者のお知らせ

 出ました。

 桜一花のミリーキタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!!

 うおっしゃああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!(雄叫び)(怖いよ)

 ココでも書いたように多分ミリーだろうと期待してたんですが、もしかするとミリーはきらりたんでイティカはステファニーかな…という予想もなくはなかったので。
 うわあどうしよう超うれしい。 
 ラブリーいちかが楽しみでしょうがないです。
 ゆみちんとの並びも楽しみでしょうがないです。
 あーーーどこまで行けばいいんだろ全ツ…(日本地図を広げる)(どこまで行く気だ)

 ブラッドフィッシュは愛音さんだとばっかり思ってたから意外だけど、華形くんのブラッドフィッシュとか超可愛いんだろうなーー!!
 みわっちは意外とブラッドフィッシュみたいな少年系よりもオッサン系がはまるしね。うん。ゼップス楽しみ(オッサン系て!!)(いやほらサムとか)


 マインドトラベラーは、話がわからないので配役見てもさっぱりですが
 まあ順当にキホーヌがヒロインのようですね。
 最近フラレっぱなしのマトヴ王子を是が非でも幸せにしてあげてください。
 なんせ、ここ2年ぐらいで彼と心が通い合ったパートナーといえばアパルトマンの千雅てる子様ただひとりですから!!(たぶん違う)

 ベラドーヴァできれいな歌声を聴かせてくれた花咲りりかちゃんの退団が残念です。
 初日付近から楽にかけて、どんどん高音が良くなってったのに〜!!
 最後の公演でしっかり見せ場がありますように。
posted by 白木蓮 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

October 08, 2006

always日比谷

 最近なぜか日曜休みが多い。

 今日はとある目的があって日比谷へ行き、ついでにサバキ待ちとかしてみたのですが
 待ち始めた瞬間からなんかコレは無理くさいなーというを感じて(どんな能力だよ)、適当に切り上げて帰ろうかなぁと思いつつボーッと立ってたら星担kineさんに遭遇☆
 いるかも、とは思ってたけど本当に会えるとは…!!!
 さすがkineさん。素敵です。

 聞けばきょうのソワレは交通社貸切だったそうで。そりゃあサバキの気配がないわけだ。
 ということで早々にサバキ撤退し、kineさんもチケットないとのことだったので二人でお茶しました。
 例によって何話したか憶えてませんが楽しかったーーー!!!
 kineさんのお話を聞いてたら、まだ観てない星公演がますます楽しみになりました。
 とりあえず、ふありたんのメイドコスとみなみちゃんのセンター階段下りが楽しみでしょうがない(そんな視点)
 
 ****

 帰りに旧友と銀座で遊び、ソニプラに寄ったらハロウィーンフェア真っ盛りでした。
 すんげー気持ち悪い真っ黒フカフカの蜘蛛のぬいぐるみがあってねーー!!!(喜)
 いまネットで画像探してみたけど見つからなかった…。残念。
 1000円だったので思わず買いそうになりましたが、危ういところで思いとどまりました。いくらなんでも蜘蛛のぬいぐるみ買ってどうすんだオレ。
 まあネタ的に、雪組の生徒さんにプレゼントしてみるのとかいいかもしれません。
 蜘蛛嫌いの朝海さんが速攻でゴミ箱に投げてくれること間違いなし!!
 (・∀・)ノ
 Mの皆さんにおすすめです(ウインク)

 あといかにもアメリカ直輸入!みたいな、室内ディスプレイ用の蜘蛛の巣が袋詰めで売ってたり。
 パッケージに「今なら15%増量中☆」みたいな表示があってウケました。そんなにいらねーーー!!!

 そうそう、丸ノ内線銀座駅の東宝寄り出口に、新しく小龍包のお店ができてたのも超気になる。
 今度行ってみようかなー。リアル友の皆さん一緒にどうですか?
posted by 白木蓮 at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。