September 30, 2005

迷作のゆくえ

 行ってきました、星全ツさいたま公演。

 ……(絶句)

 えーと、徹夜明けで行ったらちょっとハンパなく疲れ果てたので(笑顔)、とりあえず芝居の感想というか印象をザクザク書き並べておきます。
 詳しいコメントやショーの感想はまたいずれ。
 それでは、ドゾー。

・南浦和の商店街を抜けて会場に入ると、こんなものを発見。
 適当だなー
・↑「○○ピアノ教室 門下生発表会」のノリだな。
・アナウンスで「マリーアントワネット生誕250周年記念」って律儀に言ってます。どんな義理があるんだよ。
・でもワタルくんの声を聴くと癒される。
・うわっと小公子キターー!
・「ごらんなさい」って言ってる…(脱力)
・カーテンに堂々と書かれたタイトルもキターー!!
・悪夢だ。
・呆然としているうちにフェルゼン様登場。
・どうしようどうしよう。衣装がドピンクだよ。しかも人形持ってるよ。
・で、いきなり自分語り。説明台詞。モノローグ長いなオイ。
・フェルゼン様の後ろの緞帳が、いったん上がりかけてまた下りた。上げるタイミング間違えたらしい。
・ちなみに後ろでは仮面舞踏会のスタンバイ中でした。
・それもどうかと思うけど、何よりも音響がひどすぎる。マイクゲージ取ってないだろ!!
・こんなスケジュールだとスタッフの準備が行き届かないのはわかるが。
・基本的にものすごい学芸会チック。
だませてない。だませてないよ歌劇団…(泣)
・ラブシーン(ていうか「愛あればこそ」)長くないか?
・ごめんなさい寝ました。
・目覚めたらメルシー伯とフェルゼンが口論してました。
・お、すずみんオスカルキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
・…なんか遠目だとノルさんに見える…
・…なんか声もノルさんに聞こえる…
・めっちゃ乙女だなぁ。ときめいちゃってるよ。ただの恋するオンナノコだよ。
・なんで宝塚のオスカルってこんなにナヨいんだろう。植田の趣味?
・すずみんのせいでは断じてないけど、私はこのオスカル無理でした。
・くっそー!オスカル様はもっとカッコイイんだよ!!(ちゃぶ台クラッシュ)
・フェルゼン君ちょっと自意識過剰だね。うん。
・しいちゃんアンドレはカコイイのに、いかんせん見せ場がなさすぎる。
・アントワネットちゃんはドレスが似合ってかわいいなあ。
・しかしとなぽんがしゃべると空気が完全に滞るのはどうしたら良いのでしょう。
・なんなんだろうあの台詞廻しは…演出の指示か?
・ますます眠くなってくる。
・それにしても、原作どおりに展開してる部分は全体の1割未満だなぁ(遠い目)
・ああもうオスカルの造形がキモイ…
・え、死んだんですか?
あんなに貴婦人たちを大騒ぎさせてまで衛兵隊に入ったのに、そこでの活躍はナシですか?
・つうか「ざあます、ざあます」って。
・つうか「アン・ドゥ・トロワ」って。
・このへんで脳内ツッコミ機能がキャパオーバー。意識飛んだ。
頼むから、せめて「お姉さま」じゃなくて「姉上」って言ってくれフェルゼン。
・そんなに「お姉さま」連呼されたらマリみてかと思っちゃうよ(違)
・2001年も話題になった「恋の甘酒」は、やっぱり「恋の甘酒」だった。
・「恋の美酒(うまざけ)」だろ普通!ベルサイユで甘酒はないだろマリー!!
・自分で自分のことを「ベルサイユに咲く紅薔薇」って言うのもどうかと。
・そういうのは他人に言われてこそ意味があるんでないかと。
・となぽんの、牢獄に入ってからの演技がちょっと私にはキツかったなー。ビジュアルも芝居も、あんまり身分が高い人に見えなかった。
・どうでもいいけど、アントワネットって女王じゃなくて王妃だよね?
・コトコトもゆかりくんも、しょうもない役なりに頑張ってるのが切ない。
・マリーが背中向けて断頭台に上る姿を見てると、今にもわたるくんが「貴妃ーー!!」と叫び出しそうな気がしました(作品が違います)
・あー、死んじゃったよアントワネット。
・フェルゼンを主役に据える意義がさっぱりわからなかった(根本的問題)
・だからナニその人形。

 完。

 …正直なところ半分以上は夢うつつで見てたんですが、それでもこんなに突っ込みどころがあるってスゴイよな…(感嘆)
posted by 白木蓮 at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 29, 2005

秋のかほり

 香りっていうか、もう思いっきり秋ですねえ。
 気候が快適なのはうれしいけど、9月はタカラヅカで散財しすぎたので、秋物の服とか何も買えてません。
 特に靴がヤバイ。
 未だにサンダルで歩いてます。
 足指が冷えます(切実)(ファッション以前の問題)

 ほんと10月はちょっと休もう…(憔悴)
 体力も財力も限界じゃて。

 ****

 ところで、
 花組新公主演者が発表になりましたね。
 華形ひかるくんが最後の新公で主役ゲット!イエイ!!
 いや、ぶっちゃけ彼のことはよく知らないんですけど(なら盛り上がるなよ)
 舞台姿をちゃんと見たこともほとんどないんですけど。
 でもマラケシュ観たときに美形だなぁと見とれてた人なので、素直にうれしいです。

 ていうか、花組下級生のなかで唯一認識してる存在かもしれない。
 彼らが初舞台だったときに写真を見て、友達と「口元がコムちゃんに似てる!」「かわいい!」とか騒いでて。
 ほどなく口元以外はまったく似てないことが判明したものの、なんか気になる存在でした。
 聞くところによると歌は不得手だそうなのでオサ様の役は大変だろうけど、がんばってほしいなー。がんばれミツルきゅん!!(なれなれしい)
posted by 白木蓮 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 28, 2005

スケジュールぎちぎち

 こう公演が詰まってると、ジェンヌさんたちも相当キツイだろうけどファンも大変だ。
 今週末なんて、雪の東京楽と星全ツ関東公演がかぶってるんですが。
 星組大好きな雪担としてはどうしたらいいですか?(真顔)

 とりあえず30日はさいたまに行きます(劇場どこにあるのか知らないけど)
 2日は雪楽に行きます。
 そこまでは決定。

 で、問題は1日ね。
 雪組貸切と星組市川を両方押さえてあるんですが、時間がかぶるのでダブルヘッダーは無理。
 うおおおおどうしよう…!!
 コム姫は見たい、けど、霧ミラはもう何度も観たからここは星組に行くべきか?
 でも星は超悪席なんだよ!まあ雪もだけど!!(だめじゃん)
 と、悶々。

 しかしいくつかのブログさんで星全ツの感想をチラ見して、思いつきました。

 雪組観てから星組のショーだけ観にいけばいいんだ!(名案)

 いやー、なんかベルばら大変なことになってるらしいのでね。
 私はオスカル編で辟易した人間だけど、オスカル編よりヒドイという評判のフェルゼン編をさらにヒドくしたっていう噂だからね。
 観てみるまではなんとも言えませんが、たぶん1回観れば充分だろうと。
 ネタにしても1回で飽きるだろうなと。

 というわけで、土曜日は日比谷から市川にダッシュします。
 ここでどっちかのチケットを手放せばちょっと懐に余裕ができるのに…つくづくアホだ。
posted by 白木蓮 at 13:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 27, 2005

お疲れモード

 アーネスト行ったり山に行ったり(アーネストと山を一緒にするなよ)で、しばらく離れていた雪組さんに会いにいってきましたー。
 数えてみたら12日ぶり!おおおけっこう久々だ!!
 と、気合い入れて行ったものの。

 ごめん、始まったとたん爆睡してた(最低)

 オープニングと壮くんのトークは起きてたけど、「ミ〜ラノ〜♪」あたりからさっそく沈没。ドーン。
 ううう。寝不足だったんだよ…(言い訳)
 そしてコクリコでもカジノでも目覚めず、なぜかアマンダちゃんのところで突然意識が覚醒したという(遠い目)
 恐るべし音月桂!
 ちなみにこの時点で時計を見たら、すでに開演から40分経過してました。どんだけ寝てんだ。

 そのあとは集中して観たけど、うーん、なんとなくきょうはテンション低かったなぁ。
 ラブシーンも落ち着いてるなぁ。
 コム姫の台詞廻しがやたらコブシきいてて熱くなってるんだけど、内面のテンションが鼻の差でそこについてってない感じがした。
 まあ、この脚本できっちり人物造形して話を盛り上げろっつうのも酷(ry
 冗長な脚本にめげず楽までがんばってほしいと思います。以上!

 あ、ずっと気になってたのに書くの忘れてたことを二点。

・「偶然出会った二人」のイントロはなぜあんなにJ-POPくさいのか。好きな曲だけどやけに浮いてるぞ。『花舞う長安』の河村氏の曲よりはるかにジェイポップ。
 あれは誰の作曲だろう。座付きでこういう曲つくりそうなのは西村耕次氏しか思いつかないけど…(だからプログラム買えよ)

・ロレンツォが帰ってきたときのフランチェスカの手。あれ、演出の指示ですか?
 何度観ても意図がわからない。「よぉ」って感じにしか見えない。しかもそのままポーズが固まってるのでとても気になる。
 誰か説明プリーズ。

 ****

 ショーは、いつもながら朝海さんが元気になるので普通に楽しんできました。
 もう〜かわいいなあ〜コムコムは☆(痛)

 きょうは大砂塵より栄光が楽しかった。
 ハマコ氏の声はいつ聴いてもすごいね!!
 来るぞ来るぞーって予想してるはずなのにいつもその予想を上回る歌声で、いい意味でビックリさせられる(そしてビックリしすぎて毎回笑ってしまう)(失礼)

 トップなのに誰よりもシャキシャキ踊ってるコム姫もおもしろいです(おもしろいって…)
 ほら、普通トップになったら周りよりも振付がシンプルになったり、動きを減らしたりするじゃないですか。
 でもコム姫は逆で、いちばん緻密というか細かいというか、とにかく人一倍キッチリ踊ってて。
 そのクソマジメな感じがかわいくてしょうがない!あーもう!!(バシバシ)(落ち着け)

 しかしこの場面、人数少ないよね。
 コム姫を芯にして大人数でガツガツ踊りまくるみたいなシーンがあればいいのに。このダンシングコムコムの背中を見つつ稽古してたら絶対学ぶことは多いと思うんだけどなぁ。

 あとは、エトワールのりらちゃんの歌声がエトワールらしくなっててびっくり。
 いや、ふだんの歌声もかわいいけど思いっきり「りらちゃん」て感じじゃん?
 それが、声のクセが若干抜けてエトワールっぽくなってたんだよー。おじさんびっくりだよー。えへえへ(黙れ)

 そしてパレードで降りてくるときに、満面の笑みを浮かべつつも額に青筋浮いてるコム姫を見て満足しました(笑顔)(何かが違う)

 ****

 きょうは出張で東京にいらしたmaさんとお会いして、幕間や終演後にいろいろおしゃべりできたので楽しかったです!
 観たばっかりの霧ミラの話はもちろん、全ツとかベルばらとかアーネストとか未来さんとかJAZZYとか宙組とか、多岐にわたるトピックスで盛り上がった俺たち。
 …詳しい内容はあえて秘します(口チャック)

 maさん、本当にありがとうございました&ごちそうさまでした!
 またお会いするのを楽しみにしてます☆
posted by 白木蓮 at 23:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 26, 2005

都会のテンポ

 ただいま〜♪
 帰ってきたら見事な秋晴れに迎えられてゴキゲンな白木蓮です。

 たった数日間だったけど、今回は携帯ネットサーフィンもやらずDVDも見ず完全にタカラヅカから切り離された生活をしていたので、まだイマイチ感覚が戻りません(普段どれだけヅカ浸りかがよくわかるな)

 なんていうか。
 山にいるとその時の仕事のことだけ考えてればよくって、途方もなく生活がシンプルなんだけど、東京に戻ってくると、アレやってコレやって、この日はここに行って、いつまでにこの書類出して、ツタヤにCD返して、ヒマな時にこのお金を振り込みに行って、銀行が閉まるのはいついつで、ここに行くためには何分の電車に乗らなきゃとか、同時進行でありとあらゆることを考えてるんですよね。
 まあ当たり前なんだけど。
 いつも当たり前にこなしてるはずのことが、山から帰ってくると慣れなくて戸惑う。
 タカラヅカの流れも、速すぎて複雑すぎて、追っかけきれなくて戸惑う。

 でもそれでも一生懸命ニュースを追いかけて、スケジュールやりくりして観劇の時間を作って、タカラヅカを観るのが私は好きです。
 どんなにあわただしい思いをしてても、いったんあの劇場に座ってしまえば「あー、これから3時間は何もかも忘れていいんだー」と思える。
 観はじめたら観はじめたで興奮したり萌えたり忙しいけど(それもどうなの)、でもなんか安らげて、元気をもらえる。
 そういう時間があるって幸せなことだ。

 ということで、性懲りもなくまたヅカ生活に突入します!
 今週は観劇予定が詰まっております。
 いよいよ雪組ラストスパート。はりきっていこうぜベイベ!!(誰)
posted by 白木蓮 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 21, 2005

こどものような人が好き

 アーネストMy楽。
 事前に掲示板でチケットを取ってたのについついサバキで良席に手を出してしまい、手持ちのチケットはさばけないという切ないオチに。
 …まあいいや(いいのかよ)
 だって最後だし、いい席で観たかったからさー。
 おかげでしっかりと樹里ぴょんを目に焼き付けてこれたので悔いはないです。あ〜楽しかった!
 緑野さんとドリーさんにもお会いできてラッキーでした。

 感想をがっつり書きたいところですが、ちょっとこれから出かけないといけないので簡潔に。


・樹里ぴょんがどんどん若返ってかわいくなっている。

・反対に、あすかちゃんはどんどん貫禄が増している。

・らんとむいちかはホントかわいい。かわいすぎ。二人まとめて持って帰りたい。

・女同士のガチンコはもはや手加減ナシ。二人ともやりたい放題でスバラシイ!

・高翔さんはあいかわらず手堅く、それでいて華やか。2幕1曲目のラストでノリノリになってくるところが超かわいい。

・まりんくんがずいぶん老けキャラになっているような…。以前「H2$の星原さんを20才若くした感じ」って書いたけど、星原さんとの年齢差が7才くらいに縮まっている気がする。


 …こんなところですか(短っ!!)
 樹里ぴょんはやっぱりステキでした。
 フィナーレで踊り終わって、両手広げて去るところがTHE男役!!って感じで好きだなぁ。
 ダメ男も老け役もコメディもこなしつつ、こういうのをしっかりキメられるのがさすがだと思う。
 あと、樹里ぴょんの手が好きです。
 繊細でしなやかで、手に表情があって、ポーズとかぴたっと決まる。今いる男役のなかでいちばん好きかもしれない。

 きょうはすごく客席のノリがよくって、楽でもないのにスタンディングオベーションがありました。
 タカラヅカでこういうのって珍しいよね。お約束じゃないスタオベ。
 精一杯の拍手で樹里ぴょんを見送れたことがホントに幸せです。
 楽までがんばってください!!

 さて、これから東京を出て、月曜までプチ山ごもりに入ります(えええまた!?)
 ということで週末は更新が止まりますがご容赦くださいませ。
 では!!バ〜ンバリ〜〜♪

 コレを書くのにかかった時間:9分。たぶん私史上最短。
posted by 白木蓮 at 16:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 樹里咲穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 20, 2005

GRAPH10月号

 このところ歌劇とかグラフとか買いすぎなので、もう買うのやめよう!立ち読み生活に戻ろう!と決めたのはつい最近のこと。
 しかーし。
 そう決めたそばからGRAPH10月号を購入する俺(根性ナシ)

 だって!買うだろコレは!!
 どこもかしこも素敵なネタ満載。
 こんなにグラフを楽しく眺めたのは先月号以来だ(超最近じゃん)
 ということで、ぽつぽつ感想など書いてみます。

表紙&カバースペシャル
・藤色の服で寝そべってる瀬奈くんがステキすぎる。
・どうしようどうしよう。ファンでもないのに胸キュン。

新生月組特集
・さ…さ…さららんがっ…!!(酸欠)
・すっげーカワイイ(「カッコイイ」じゃないのか)
・しかも肩もみキャラ…!さららんラヴ。
・でもコッソリときりやんのメガネに萌え☆

Another Stage
・コム姫、腕細すぎ…
・でもそこが好き。肩まで腕まくりしたTシャツ姿は大好物(ジュル)
・りらちゃんと組んでるときの表情もステキ。
・コムかしミズの3人ポーズは普通にカッコイイけど、それを後ろで眺めているお三方もなかなかキマってます。

ベストショットセレクション
・檀ちゃん…(号泣)
・れおんくん脚上がりすぎだから。すごすぎだから。

樹里咲穂サヨナラ特集
・こんなに全員のキャラが立ってる座談会ってのも珍しいのでは。さすが76期。
・「やっと純名里沙に追いついた」の一言が衝撃的でした。
・最後のページの樹里ぴょんがあまりにすがすがしい笑顔で、メッセージもステキで、なんか泣きそうになった。

その時スターが動いた!?
・あの身長でスタスタ歩いてたら絶対ニューヨーカーに見える。
・エステで金縛りに遭ったという事実よりも、湖月わたる氏がエステに行くという事実に驚いた(超失礼)

トークDX
・「色んな男役の残り香」って。ノコリガってコムちゃん。なぁ(うろたえ)
・しかも「誰のが一番良かったか言いなさいよ」って。何攻めてんですか(違)
・コムかしカワイイなぁ。突っ込むミズくんは大変そうだなぁ。
・でもいいトリオだと思いますです。

本音でチョイス
・りらちゃん!「イシイのおべんとクンミートボール」って!!(衝撃)(でも妙に納得)
・おまけにこだわりが細かいし。いちいち真剣だし。彼女は本気だ。
・それにしても二人とも写真がカワエエ。カラー希望。

絵ぴそーど劇場
・おそらく今月号でいちばんツボにはまったページ。
・そして私のまとぶんラヴ度をさらに上げまくったページ。
・そうだ!私は声が低くて料理上手で、でも一人でミスってお笑いをやってしまうまとぶんが大好きなんだチクショー!!(夕陽に向かってシャウト)
・幼少時のまとぶんがかわいすぎて面白すぎて抱きしめたくなる(危険)
・ていうか、このエピソードを語っているときのまとぶんを見てみたい。映像化希望。

故郷探訪
・どのガイチくんもイキイキしてて超かわいい。
・「お爺ちゃま」「お婆ちゃま」呼びにズッキュン(絶対お嬢だこのヒト!)(メロメロ)

リレーdeじぇんぬ
・うっわー!ページをめくったらコム姫がキラキラしてる!!(文章変)
・全然予想もしてなかった…さおたんありがとう(泣)
・ここのコム姫の写真はマジでよく撮れてる。飾りたい。
・ダメージデニムもよく似合う(痛)
・高翔さんと朝海さんって体格似てませんか?顔の大きさとか全体の細さとか小柄さとか。
・コム姫と並んで顔が大きく見えない人をはじめて見た、ような気がする。
・で、二人して「森の小人」か〜。かわいいなぁ〜〜(デレデレ)
・「アチョー!」のかけ声よかったよね!うんうん。
・りらたんの話題まで!さおたんありがとう(泣)
・でも結構あっさり受け流すコムコム(やっぱり)
・結論:香港公演とエクスカリバーを見たくなりました

バーボンストリートブルース舞台写真
・ほっくん、黒っ!
・以上。

梅芸ルボ
・きりやんかわいすぎ!
・以上。

トウコ氏&ゆみこ氏の部屋
・まとぶんのディナーショーを観にわざわざ博多まで行ったトウコちゃんに感動(いや問題はソコじゃないから)
・麗しの星メン野郎愛。
・たまに知恵の輪に挑戦するゆみこ氏がツボ(だから注目ポイント間違ってますから)
・で、やっぱ風水を気にしてるのは瀬奈氏の影響だろうか。

フェアリーファッションファイル
・ふつうに舞台衣装の紹介ページだと思いました(真顔)
・私服ですか。そうですか。さすがいづるん。

ステージガイド
・はじめて「JAZZYな妖精たち」のストーリーを読んだ。
・これ…ちょっと…アタマ悪そう(小声)
・そういえば、ラインナップ発表時にシノプシスを読んだときもそう思ったんだった。
・変化ないのかよ!しっかりしろよ谷正純!!
・だいたい「移民した」って日本語がヘン。印刷ミスかと思ったけど、二ヶ所で使われてるのでたぶん本気で間違ってる。
・結論:ガンバレ月組!!

巻末特大シール
・買って、全部読み終わってからコレの存在に気づいた。
・コ、コムコムと檀ちゃんが…!!どうしよう超うれしい(素)
・これだけで600円出した価値アリ。

 
 と、本気で感想書いてしまうほど楽しい10月号でした!(いい顔)

 あしたはアーネストMy楽。
 本当はあさっての前楽を観る予定だったんですが都合で行けなくなってしまったので、急遽あした観ることにしました。
 思い残すことなく樹里ぴょんを見送れるよう、用事を全部ぶっちぎって行ってきます。
 がんばります。
 では。
posted by 白木蓮 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 19, 2005

今さら仙堂さんネタ

 おとといkineさんにいただいた、仙堂花歩嬢の新喜劇オーディション番組を見ました。
 その直後にゴールデンステップスのDVDを見たら、その仙堂さんがバリバリ歌って踊ってました。
 なんかものすごいものを見た気分になりました。

 いやーすごいっすね!吉本新喜劇のオーディションを受けるまいまい嬢。
 さすがですなぁ。格がチガウ。
 歌えて踊れて芝居ができて、スタイル良くて顔もラブリー。マジ最強。
 稽古着も全部かわいかったー。
 し か も!
 まいまいの寝起きすっぴんまで!!
 アレを見られたことは、いちばんの収穫〜だった〜(カールハインツ調)

 しかし仙堂さんといえば成績優秀、首席入団の超生え抜きジェンヌなわけで。
 タカラヅカの中でもものすごい優等生だったわけで。
 世間の人に、タカラヅカの人ってみんなあれくらいスゴイんだ!と思われてしまうとそれはそれで困るよなぁ(ゲフンゲフン)

 何はともあれ、楽しく見せていただきました。
 kineさん、緑野さん、ありがとうございました!

 ****

 久々に拍手レスを。
 ずっと放置してたので、大昔にいただいたメッセージへのレスも混ざってますが見逃してください。ごめんなさい。

>以前、マニッシュをおすすめした者です!ワーイ!お立ち台の黒コムと、ヴァンサン再びコムと、スパニッシュデュエダン赤コムと、キュートなピンクコムが、私のオススメです。ブログ再開万歳!
 ありがとうございます!
 反応遅くてスミマセン…。
 マニッシュ見ましたよ〜。私も黒コムと赤コム(トランプかよ)がスゴイ好きです!
 でもいちばんやられたのは天勢氏のトークです(笑)

>10日の記事を見て、グラフ700号、買おうと心に決めました(今更)あれ、かなり遊べそうですね…
 はっ!また歌劇団の売り上げに貢献してしまった(違)
 その後グラフはお買い上げになりましたか?ジャンジャカ遊んでくださいね!
 とりあえず「花ちゃんを探せ!」のゲームだけでも楽しいですよ(笑顔)

>お誕生日おめでとうございます♪これからもコムちゃんまーちゃんネタ楽しみにしています(^-^)
 ありがとうございます!
 最近コムまーネタが少ない気がせんでもないですが(公演中なのにナゼ…)、引き続きがんばりますのでまた遊びにいらしてくださいね。

>ハッピーバースデー! パクさまの**才が良い年でありますように。
 サンキュウベリーマッチ!(と、つたない英語で返してみる)
 もう毎日脳内ヅカまみれで、こんな**才でいいのか非常に不安です。
 タカラヅカと共に良い年を歩んでまいりたいと思います!(どうなのそれ)

>パクさんお誕生日おめでとうございます☆…というか、もう日付変わっててスミマセン!(汗)そして遅くなってしまいましたが、お帰りなさいませ〜☆ 首を長くしてお待ちしておりました!笑 そのうちブログのほうにコメントしてみたいと思いつつ…シャイなのでいつもこちらからですみません笑
 いやいや私のほうこそレスが激遅ですみません(土下座)
 山ごもりしてるときにいただいたメール、すごくすごく嬉しかったです!
 本当にありがとうございました。
 またがんばりますので遊びにいらしてくださいね〜。コメントもお待ちしております(笑)

>コム姫ストラップを、ストリップと読んでしまった^^”アッハハ・・コムちゃんに会いに行こう
 その思考回路がステキすぎます!!(喜)(喜ぶな)
 コム姫ストリップ…うふ。
 お互い楽しく妄想しつつコムコムを愛でにいきましょう!(危険)

>Happy Birthday to 白木蓮様♪12時過ぎて次の日になってしまってスミマセン
 ありがとうございます!
 いつもお世話になっております。
 いつぞやはメールありがとうございました。檀ちゃんファイナルのレポは楽しんでいただけましたでしょうか…?(ドキドキ)
 今後ともよろしくお願いいたします☆

>出遅れて恥ずかしいから、こちらからメッセージします。お誕生日おめでとうございます!ん。おいしい♪
 うわわーーありがとうございます!
 あ、あの、そちらで開催中の雪祭り、こっそりと脳内で参加してますので!別にアーネストに夢中とかそういうワケじゃないので!!(もみ手)(必死)
 霧ミラもそろそろ大詰めですが、最後まで盛り上がっていきましょう!オー!!

 ****

 コメントとメールもすぐお返事します。
 それではっ!
posted by 白木蓮 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | OG・外部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 18, 2005

日比谷徘徊

 連休2日目。
 本日も観劇かなわず。
 しかし日比谷には出現(もういいから)

 きょうは、コムまーブロガー乃々さんが東京にいらっしゃる日でした。
 昼はアーネストをご覧になるとのことで、私も一緒に観ようと思って1週間以上前からチケットを探してたんですが、なぜかこの公演だけやけにチケットがなく。
 一応サバキ狙いで行ってみたものの、あえなく敗退。
 ていうか日生劇場、劇場前が狭くてスタッフもうるさいのでサバキ待ちすらしにくいです。
 おまけに、東宝スタッフがわざわざ出向いて日生スタッフに取り締まり強化を要請している場面を私は見たぞ。チッキショー。他にすることないのか君ら。

 ということでアーネスト観劇はあきらめ、霧ミラでも観ようかと思ったんですが(プライオリティ間違ってますよ)サバキがカス席ばっかりでしかも値下げしてくれなさそうな雰囲気だったのでこっちもパス。
 結局そのへんをフラフラして、休日で人だらけの銀座を満喫しました。

 アーネスト終演後に乃々さんと会い、軽くごはんを食べつつおしゃべり。
 例によってあんまり時間がなかったけど、楽しかった〜〜!!
 ちなみにいちばん盛り上がった話題は、全ツのワンダーランドでコム姫の登場はどうなるのか?というお話でした。
 あんなセリの機構がある劇場はそうそうないだろうから、他にインパクトのある登場を考えないといけない。
 「やっぱ客席から登場、かなぁ」
 「客席のあいだからポーン!とか」
 「呼ばれて飛び出て、みたいな…?」
 と想像を重ねたあげく、二人で

 「似合わないっ!!!!」

 …ごめんコムコム。
 でもゼヒやってほしいです(真顔)

 乃々ちゃん、どうもありがとうございました。残りの東京滞在も楽しんでくださいねー!
 って、たぶんコレ見るの帰ってからだよなぁ。
posted by 白木蓮 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 17, 2005

連休万歳

 誕生祝いのメッセージをくれた皆さま、ありがとうございます!!(感涙)
 コメントのみならずメールフォームやWEB拍手がいつになく賑やかで、ひとりPCの前で大喜びしてました(いやコワイから)
 いただいたメールやメッセージには必ずお返事しますので!もうちょっとお待ちくださいませ。

 ****

 さて、きょうから三連休。
 アーネスト終盤戦ということもあって関西のブロガーさんたちが続々とコチラにいらっしゃり、日比谷周辺は大変盛り上がっております(マイク片手に実況)
 私も、観劇しなかったにもかかわらず本日2回ほど日比谷に出没(いらん)

 1回目は14時ごろ。
 昼公演をご覧になったkineさんドリーさんとお会いして、仙堂花歩嬢の新喜劇オーディション番組の録画をいただく。
 お二人とも、私より年上なのに威圧感を感じさせない…というか、緊張しいの私でも肩の力を抜いてお話しできるような雰囲気をお持ちの、とても素敵な方です。
 本当はゆっくりおしゃべりしたかったんですが、私はそのあとに用事があったため即退散。悲しい。
 また機会があったらよろしくお願いします!
 あ、緑野さん、DVDに焼いてくださったそうでありがとうございました☆今度お会いしたときにメディア代請求してください(私信)

 2回目は19時半すぎ。
 マイラバーもずえさんと再会。
 午前中私が寝ぼけてるときにいきなり「今から東京行く!」というメールをくれた驚異の行動力の持ち主もずえさんは、無事アーネスト夜公演を観劇したあと私の用事が終わるのを待っていてくれて、帰りのバスが出る時間までごはんを食べておしゃべりしました。
 あんまり時間がなくて残念だったけど、お会いできてうれしかった〜!うふ。

 ちなみにもずえさんとkineさんは、あした宙組公演(注:宝塚大劇場公演in兵庫)で会われるそうです。
 恐るべしファンパワー。

 あしたも某ブロガーさんとお会いする予定なので楽しみだなー☆へっへっへ(逃げて!逃げて○々ちゃん!!)
 ということで、またあした。オヤスミナサイ!!
posted by 白木蓮 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 16, 2005

こっそりアピール

 ハッピバースデイトゥミ〜♪(黒パックした顔にケーキのクリームを塗りつつ)

 ……

 無謀にもとなみブレンダの真似をしようとして見事にスベった白木蓮ですコンニチワ☆(笑顔)
 ダメだ。あれはとなみちゃんじゃないとダメだ(今さら悟ったらしい)(遅)

 はいっ!(仕切り直し)
 そんなわけで、当ブログの管理人は本日**才の誕生日を迎えました!
 この年になると年とってもうれしくもなんともないのに、なぜか誕生日が近づくとワクワクしてしまうのは何故なんでしょう。幼少時の刷り込みでしょうか。
 ともあれ、雪組東京公演をこの時期にやってくれているのは私のためだと思うととってもうれしいです(盛大な勘違い)
 ありがとうコム姫!!愛してるぜ!!

 で、祖母からもらった誕生日祝いのお金はどこに消えたのかというと、コレです(もう使ったのかよ)
 画像悪いけど!撮り方もヘタだけど!見て!!

あっさりゲット


 買っちゃったよゴールデンステップス…。
 あんど、コム姫ストラップ。
 今まで携帯に何もつけてなかったんですが、私はしょっちゅう手を滑らせて携帯落っことすので(老人か)ストラップつけたほうがいいな〜と思って探してて。
 きのうキャトルに入ったらなぜかこの天使と目が合ったため、思わず連れ帰ってしまいました(not万引き)
 なんかこういうグッズを身につけるのって初めてで、慣れなくてソワソワ。
 恥ずかしい、けど。
 なんだかちょっとうれしくなった!(byいちかセシリイ)(だからさっきからカワイコちゃんの真似をするのはやめてください)

 えー。
 人生**年目のしょっぱなから、イタい1年を予感させまくる日記ですみません。
 見ないふりでスルーしてあげてください。
 あ、でもお祝いされたら普通に喜びます(素)
 じゃっ!!
posted by 白木蓮 at 16:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 15, 2005

視覚メイン

 コンニチワ。
 いかに慣れた場所とはいえ、東宝ロビーで充実野菜を飲むのはあまりにも夢がないなぁと反省した白木蓮です(最近健康志向)(オッサン化ともいう)

 さて、きょうは1週間ぶりの雪組でした。
 席は2階2列の上手。
 なにげに二階席で観るのははじめてだったんだけど、楽しかった〜〜!
 霧ミラは二階から観たほうがいいのかも。全体の絵面がすごくきれい。
 特にオープニングとかカジノの場面は二階からのほうが見応えがある。
 なんかもう、何も考えずビジュアルの美しさを堪能できたのでよかったです☆(いいのか)

 あ、でもコム姫の憂い顔はやっぱり1階から観たいと思いました。
 こう、なんていうの?
 見上げたいというか見下ろされたいというか(変態)

 でも今日いちばん気になったのは、

 「祭りの開催を許可したのは誰だっ!」とキムに怒鳴られて、「へっ…へっ…」と、クシャミが出そうなのに出ない時のような息をもらす緒月遠麻氏。

 でした。
 君おもしろすぎ。

 りらたんは、前回ほどゲッソリじゃなくなってひと安心。
 コム姫は…たぶん公演中はもう戻らないんだろうなー(涙)
 あのクルクルした前髪がよけいに顔のやつれを強調してるように見えるのは気のせいだろうか。
 ふつうのリーゼントでもいい、ていうかそのほうが嬉しいんだけど…でも本人のこだわりなのかなぁアレ…(ボソボソ)

 そういやいろんなブログさんで、かっしーの「シャツの胸元はだけて軍服に乾杯」シチュエーションが素敵!という感想を目にしたので、今回はじめて注目してみました(遅)
 うん。確かにカッコイイ。
 でもシャンパンを一口飲んだあとに「うん、おいしい!」と言いだしそうな気がしたのは私だけでしょうか(注:それはデニスです)
 そして彼の、長すぎるモミアゲのような髪の毛がとても気になる。

 ****

 ショーは、大砂塵と栄光と青い影を全力で観てあとはボンヤリ、というペース配分ができてきたので(何様だよ)楽しくなってきました。
 中詰めと栄光は上から見るとすごいキレイ!人の動きが。
 でもコム姫の憂い顔はやっぱり1階から(以下略)
 私はコムコムの眉間のシワが大好物なんですが、きょうは大砂塵のときもあんまり眉間じゃなくて残念。もっと悩ましい顔が好きです(ほっといてください)

 あとは、あのカラフルな幕とロケットの赤い衣装、というあまりに悪趣味な組み合わせにクラクラ。
 せめて衣装が白ならよかったのに…
 ていうか、なんであんなに個性が強い(←婉曲)幕にしたんだろう。出演者を殺しまくりだぞ?(青スジ)

 以上、きょうは簡潔にお送りしました(単にエネルギーがないだけらしい)
 それでは、また!!
posted by 白木蓮 at 22:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 14, 2005

禁断症状

 …ネタがありません(直球)

 ここ数日、グラフとか着メロとかアゴとか、苦しまぎれの話題でお茶を濁してきたけどもう限界(苦しまぎれだったのかよ)(つうかバレバレだよ)
 観劇してないと途端にネタがなくなるなぁ。
 今月はかなりの頻度で観てるはずなんだが…おかしいなー(遠い目)

 前回の雪観劇(※ショーのみ)から約1週間。
 そろそろコムコム不足です。週1は観ないといかんらしい。
 どうも自分で思ってる以上に脳内侵食されてるようで、きょうは駅にあった某予備校の広告
 「現役人生でいこう。」
 を、
 「男役人生でいこう。」
 と思わず読み間違えました。
 男役人生ってどんな人生だよ。いや、カッコいいけど。

 そういやこないだも電車でうたたねしてるとき、
 「次は〜代々木公園〜」
 というアナウンスを
 「次は〜清荒神〜」
 って錯覚したなぁ(間違えすぎですよ)
 そんな駅名、関東じゃ誰も知らんて!

 いかんいかん。
 軽く病気なので、あしたは雪組観て栄養補給してきます。そんじゃ!
posted by 白木蓮 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 13, 2005

クールなアゴのヴィーナスたち

月組 休演者のお知らせ

 フジコちゃん休演か…さみしい。
 ああいうキャラクターダンサーでなおかつ美人、というのはなかなか得がたい個性だと思うので残念です。早く良くなるといいなー。

 実を言うと私はかなり最近までいわゆる「しゃくれアゴ」の人が苦手で、フジコちゃんも、美貌の呼び声が高い綺華れい氏も、ずっとそのアゴゆえに苦手意識を持っていたんですが。
 いちかちゃんも、ゆうこちゃん(風花舞)ソックリのエラは大好きなのにどうしてゆうこちゃんほど好きな顔じゃないんだろう…とずっと考えてて、ある日突然アゴか!アゴが好みじゃないのか!!と気づいたりしてたんですが。
 それが、最近あんまり苦手でもなくなってきました。なぜか。
 檀ちゃんやコム姫のみたいに、大好き!とか萌えポインツ☆とまではいかないけど、あのアゴも味があっていいなぁと思うようになったというか。
 その味わいを楽しめるようになったというか(なんの極意だ)

 ので、今ではフジコちゃんもユカリ氏もいちかちゃんも、けっこう好きな顔です。
 アゴが長い人ももちろん大好きです。誰とは言いませんが。うふ。

 でもやっぱり、顔を見るときにいちばん重視してしまうパーツは鼻だなぁと思う今日このごろ。
 (ちなみに「鼻」については旧ブログで語ったことがあるので、もし興味があればそちらへどうぞ☆)
posted by 白木蓮 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 12, 2005

待望のライブショー

 出ました、和央ようかライブショー。
 うおお観たい!これ行きたい!!
 私は別に和央ファンじゃないけど、タカコさんこういうの似合いそうだし。
 演出ヨッシーだし。
 絶対ムダにカッコイイって!!
 たーのーしーみー。

 しかしすごいなこの宣伝文。
 
『W−WING−』は、宝塚歌劇が誇るダイナミックスター和央ようかの魅力を余すところなくご覧頂くスペシャルタイム!
しなやかな肉体から生まれるスケール感溢れるダンスシーンから、ときめきの歌声で綴られるシンギングナンバーまで、一瞬たりとも目が離せない魅惑のステージ!
宙組精鋭メンバーと共に送る新感覚なライブショー!

 って。
 「しなやかな肉体」までは許容範囲としても、「ときめきの歌声」ですよ。ときめき。
 うーん…(考え込まないでください)

 これ、ハナフサ様は出るのかなぁ。
 出るとしたら、昔ヒッパレで披露してくれた「年下の男の子」が見たい。斎藤くんならやってくれそうだ。あ、別に耳はいらんぞ?
 ザ・花ちゃんオンステージ。
 ふつうの公演みたいにタカコさんに寄り添うのではなく、対等なスターとしてここぞとばかりにタカコさんと渡り合う花總サマが見てみたいです(和央さんの舞台じゃなくなるじゃん)

 つうかヨッシー、和央→WINGって、花總→HANACHANGと同じ思考回路なんじゃ…(遠い目)
posted by 白木蓮 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 11, 2005

エリザより王家?

 山ごもりをきっかけに、モバイルタカラヅカというやつに加入したワタクシ。
 ヒマにまかせて着メロなんぞもダウンロードして楽しんでおりました。
 さっき、あらためて自分がダウンロードした着メロのリストを見てみました。
  ・海への憧憬
  ・世界に求む
  ・私が踊る時
  ・ファラオの娘だから
  ・ソウル・オブ・シバ!
  ・アイーダの信念
  ・エジプトは領地を広げている
  ・Blues Requiem

 …星率高いなオイ。

 むしろほとんど星組?ていうか王家?
 8曲中4曲が王家ですねー!ハッハッハ。
 エリザがさりげなく1曲だけ。
 そんなに王家の音楽が好きだったのか俺…。

 で、ソウルオブシバと荻田作品2発。
 「海への憧憬」は『聖者の横顔』、「Blues Requiem」は『凍てついた明日』のテーマです。どっちも大好き。
 しかし『聖者の横顔』もこれまた星組なのであった。
 星じゃないのは「私が踊る時」と「Blues Requiem」だけらしい。
 いかん!もっと雪組のも増やしてかないと…!!

 しかし歌が好きっていうのと曲が好きっていうのは別問題だからなぁ。
 着うたなら喜んで入れちゃうけどさ!
 …とりあえずドリキンでも入れてみるか(ボソッ)(けっこう好きだったらしい)
posted by 白木蓮 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 10, 2005

娘役視点でみるGRAPHカバーコレクション

 皆さまご存じのように、今回創刊700号を迎えた「宝塚GRAPH」。(広報担当かよ)
 記念すべき第700号では、過去100号の表紙をズラリと見ることができます。
 うおー懐かしいなーと思いつつボンヤリ眺めていたところ、私はふとあることに気づきました。
 さあ皆さん、もう一度お手元のグラフを開いて100枚の表紙に目を通してみましょう。
 お気づきになりまして?


 1997年から今まで、「宝塚GRAPH」の表紙をピンで飾った娘役は花總まり様しかいないことに…!!


 娘役の場合、トップじゃないと表紙に載らない。
 これはまあ仕方のない事実。
 が、ここにもうひとつの法則があったのですね。
 娘役の場合、マリー様じゃないとピン撮りはない。

 …すごい世界だなぁ(遠い目)

 ちなみにハナフサ様は601号、628号、692号と過去3回、ひとりで表紙を飾っておられます。
 すばらしい。
 回を重ねるたびに美しくなっていらっしゃるのもすばらしい。
 ていうかまず、100号前からとっくにトップだったという事実に驚愕するべきなのかもしれませんが(真顔)

 いやでも皮肉とかではなく、こういう立場にずーっと居続けて、その立場にふさわしい実力と美貌を保ち、そして評価を落とさないというのはものすごいことだなぁと素直に思う。
 まあ、確かに長いけど…でもまあ、もはや宙組はタカハナ組って感じなので好きなだけいてもらえればいいんじゃないかと…
 女帝が幸せなら我々はそれで満足なんです。はい。


 ほかの娘役さんは、みんな二人以上での撮影。
 最近は二番手クラスの男役と一緒に写ってるのをよく見かけるけど、Wれい(笑)とかグンユリとかの娘役コンビっていうのもいま見ると新鮮だなー。
 あと、2000年ごろは各組トップコンビで写しててそれもステキング。マミダンのフォトジェニックな美しさはもちろんだけど、ドアップのトドグンから醸しだされる雰囲気は何とも味わい深いです。トップコンビならでは!て感じ。
 是非ともコムまーでコレやってほしいなぁ。
 ワタダンも見たかった…
 あ、ちなみにタカハナコンビは644号で経験済みだから大丈夫!(何がだ)


 何だかんだ注文つけてますが、それでも娘役が表紙に載ってるだけいいほうで。
 649号から682号までの約3年、娘役の表紙登板はありません(涙)
 よって渚あき嬢は表紙になっていない…なんともはや。

 ****

 娘役の皆さんがもっともっとGRAPHの表紙で活躍してくれたらいいなぁとコッソリ思う今日このごろ。
 ちなみに檀れい姫が去った今、キシン撮影でいちばん見てみたいのは陽月華嬢です(照)
posted by 白木蓮 at 23:44 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 09, 2005

予期せぬリピート

 何が何だかわかりませんが、気づいたらこの9日間でアーネストを3回観てました。
 3日に1回です。
 明らかに通いすぎです。
 隣でダーリンが痩せつつがんばってるのに…何してるんでしょうか自分。

 きょうは全然観る予定じゃなかったんですが、7月に星組公演に連れていったイギリス育ちの女の子(7月15日の記事参照)が急遽帰国することになりまして。
 なら帰る前にもう1回行く?ということになり、やっぱ馴染みやすいのは霧ミラよりアーネストだよな!と思い(イギリスの話だし)、昨日あわててチケットを都合したのでした。
 どうでもいいけど、直前に連番で押さえるのってけっこう大変だね。手に入らないかと思ってハラハラしたよ…。

 とりあえずどうにかチケットを手にして、無事観劇。
 なんせ『長崎』も難なく乗り越えた彼女(それって…)、今回もすっごい楽しんでくれたようで良かったです。以前おなじ原作を基にした映画を観たらしいんだけど、こっちの舞台のほうが全然よかった!と。
 タカラヅカってすごい!ハマる!と興奮ぎみに語ってくれました。
 いやあホスト冥利に尽きますね。私も楽しかった〜!

 で、
 回を重ねるごとにアルジー&セシリイのカポーに夢中なんですがどうしたらいいですか?(真顔)

 やべーやべー!
 もう好きすぎて困るんですけどこのバカップル。
 「見せてよ〜」「いや〜ん♥」のところも
 「口述筆記よ。チュッ(投げキッス)」のところも
 「もっちろんよ!おバカさんね♥(デコ突き)」のところも
 たまらなくカワイイです。セシリイにメロメロしてるアルジーにメロメロです(わかりにくい)

 そんならんとむアルジーの台詞でいちばん好きなのは
 「一人で改心しちゃうよ?」
 かな。
 言い方が妙にセクシーでドキッとする(笑)。そしてそんな色仕掛けにさっぱり頓着しないセシリイがまたツボ。
 あ、でも!
 「僕は待てるよ、セシリイ」
 も大好きです!!ハイッ!!(挙手)
 うおー!なんなんだあの甘え口調は!!クソかわいいじゃねえか!!(壊)
 字面だけ見るととてもカッコイイ台詞ですが実際はプリティ指数100なので、まだ観てない方は是非とも劇場で確認してみてください。ヨロシク。

 ****

 他のキャストの皆さんもどんどんテンションが上がって良くなってる気がする。
 高翔氏のレインとか、初日に比べるとものすごく余裕が出てきていいなぁと。
 フィナーレで彼が踊ってくれないのはかえすがえすも残念。牧師とプリズムのリフトが月組ほど盛り上がらないので…モゴモゴ。
 役の比重や華やかさが役者によってこんなに変わるものなんだ!というのをいちばん感じさせられたのが、レインとチャジブル牧師かもしれない。
 越リュウとさおたんは、センタータイプの人ではないかもしれないけど確実にスターの色気がある。その色気が、役を実際以上にどんどん大きく見せるんだなーと。さすがだね!

 あ、そういや今日は牧師さんとミス・プリズムが台詞をまちがえてトンチンカンな会話をしてました。
 「しかし結婚したからといって男性としての魅力が失われるわけではありません」
 「だからこそ原始キリスト教はすたれてしまったのです!」
 ……??
 何事もなかったかのように会話をつづける二人。
 そして数秒後、
 「しかし原始キリスト教はハッキリと結婚を禁じているのです」
 「いいえ先生、結婚した男性はナントカカントカ(ごめん台詞おぼえてない)」
 と、完全にまりんくんの台詞が逆になってました。
 でもまったく反応せず静かに聞き流す客席。なんで…?

 印象に残った点は以上。あーきょうも楽しかった!
 でも、3回目にしてやっと、じゅりぽんのサヨナラという実感が湧いてきて。
 ときどき突然、昔のじゅりぴょんの舞台が走馬灯のように頭を駆けめぐって。
 なんかものすごく切ない気持ちに襲われたりしてました。
 どうしよう。退団しちゃうんだよ樹里ちゃんが。
 まだ理解できてない自分がいる。理解してないままお別れになってしまいそうでコワイ。

 ここまで来ると後半戦も見届けたい気持ちになってきた…ひょえー。
posted by 白木蓮 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 08, 2005

魅惑の国

 なんだかんだで結構日比谷に出没しております。
 きょうは『ワンダーランド』夜公演を観劇。
 芝居も観たかったんだけど、チョト間に合わなかった…(汗)
 イヤ、ほんとは行こうと思えば後半40分くらいは観れたんですけど。
 今から行けばラブシーンには間に合うなーどうしようかなーと思ってチケットの座席を確認したところ、見事にブロックのど真ん中だったので潔くあきらめました(笑顔)
 皆さまご存じのように、大劇場が左右5ブロックあるのに対して東宝は3ブロック。各ブロックの幅が長い。おまけに前後の幅はメチャメチャ狭い。
 あのながーい道のりを、観劇中の他人様にウザがられながら通り抜ける自信は私にはありませんでした。ホントいたたまれないよアレ…(経験者)
 すまんロレンツォ。君よりも自分の体面を選んでしまった俺を許せ!(嫌)

 そんなこんなでショーのみの観劇となりましたが、なんかすごく楽しかったです。
 こないだみたいに客席が冷えきってることもなかったし。コムコムの登場もステキだったし。アラビアのオチでもそれなりに笑いが起きてたし(ホッ)

 個人的には、
 つれない仕草でいづるんを翻弄する朝海さんとか
 上着を脱がされつつ自分でこっそりボタンを外している朝海さんとか
 眉間にシワを寄せてやたら色っぽい顔をしている朝海さんとか
 りらたんの腰を引き寄せて顔を近づけるときの鬼畜な朝海さんとか
 ハレルヤの場面で目をかっぴらいて満面の笑顔を振りまく朝海さんとか
 最後の男役群舞でウインクを飛ばしまくる朝海さんとか

 に、思う存分ハアハアしてきました(いい顔)
 あーやっぱり大砂塵がいちばん好きだ!!悩ましい顔で鬼畜なコム姫が好きだー!!(フランチェスカッ!!)(と、つい付け足したくなる)
 …ふう。叫んだのでスッキリ。

 以下雑感。適当にスルーしてやってください。


・開演アナウンスの声がやたらカワイコちゃんでびびった。こんなんだったっけ…?

・コム姫はセリ上がりをどんどん極めていらっさるような気がする。微塵のブレもない。

・美穂姐さんの歌声を聴くと癒される(含)

・吊り物の電飾が「WONDER LAND」ってなってるけど、本来は「WONDERLAND」って一語にするのが正しいんじゃないのか…?

・ミズ船長は黒髪ストレートでした。

・白鯨のまちか&ハマココンビって、実はめちゃめちゃ踊ってるね!スゴイ!!

・騎兵隊がみんなオトコマエすぎて、どこを見ていいのかわからない。
 とりあえずコム姫を見ておく(普通だな)

・中詰めはどうしても穂月はるな嬢を見てしまう。あの口元がカワイイよなぁ〜(溶)

・ハマコ氏のソロのうしろでやってるリフトは難易度が高そうだ。

・アラビアのラスト(オチの前)、かっしーとせしるくんがポーズを決めるところで、何故アミ嬢もポーズに参戦するのかがよくわからない。
 ここは二人でいいのでは…(って、突っ込んじゃいけないのか?やっぱ)

・栄光で、人一倍シャキシャキと手足を動かしてる朝海さんが好きです。

・りら壮キムの登場のとき、りらたんが「カモ〜ン♪」と言ってキムくんが「オウ!」とも「ウィ!」ともつかない音声で応えているのが気に入った。かーわいーい!

・コム姫的には大砂塵が好きだけど、場面としてはやっぱり最後の男役の群舞(コレ何ていう場面なんですか?)(プログラム買えよ)が好きです。
 きょうの姫はいつもに増してウインク乱発だった気が。
 オペラなしでもウインクが見えました。見事にヤラレました。はい。


 こんなところで。あ〜楽しかった!
 タカラヅカって楽しいなぁと素直に思いました。
 なんだかんだ文句つけるより、楽しんだ者勝ちだよね。ってことで明日はアーネストだぜ!!(えええまた!?)
posted by 白木蓮 at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

September 07, 2005

プレゼント

 夏の1ヶ月半を山で過ごしたワタクシですが、そのあいだ別に遊んでいたわけではなく、一応お仕事をしておりまして。
 それなりに頑張ったぜ俺!という判断を勝手に下し(甘)、自分にご褒美を買っちゃいました。
 ジャーン!!

この瞳に胸キュン


 (あえてデカイ写真でアピール)

 はい。
 コム姫のディナーショービデオでございます。
 ま、帰って早々散財しまくってるので(主にチケット代)、今さらご褒美も何もないんですけど。いいかげん節約しろよってカンジなんですけど。
 何か「物」が欲しいなぁと思って、ビデオを買ってしまいました。へっへっへ。

 あー、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、マニッシュの前にアンナカレーニナのビデオ買う!とか公言してたんですよね。前。
 でもアンナはスカステで放送されたやつをmaさんが録画してくださったので(ありがとうございます!!)、こっちにしました。
 ちなみにアンナ鑑賞を予定していた前日にDVDプレイヤーが昇天してしまったので、せっかくのアンナをまだ見てないんですけどね。ええ(ムリヤリ笑顔)
 とりあえずしばらくはこのビデオで楽しもうと思います。
 では!
posted by 白木蓮 at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。